ヤマオニグモ(メス)

画像
自宅の近所の田圃を散歩してみた。ヨシの葉の先にオニグモのようなクモが隠れているのが見えた。体長は2センチくらいで普通のオニグモと比較すると少し小さいし,腹部の中央に白く明瞭な斑点のようなものがある。調べてみたら,ヤマオニグモだと分かった。

ヤマオニグモ(Araneus uyemurai Yagimuma)は,コガネグモ科オニグモ属に属し,本州,四国,九州の山地に住むクモということだ。

私がこのクモを観た場所は山地ではないが,すぐそばが斜面になっていて台地との間には雑木林が茂っているので,山地に近い環境であるということかもしれない。

普通のオニグモと比較すると,ヤマオニグモは少し小振りではあるが,白い斑点のような模様がくっきりと出ているし,腹部にある茶褐色の葉状の模様も面白く,良いデザインをしているのではないかと思う。


 ヤマオニグモ
 http://www.cyberoz.net/city/sekine/zukan210.htm

 

この記事へのコメント

海のはなし
2005年10月15日 00:11
こんばんは
脚の感じからだと、糸を出してぶら下がっているようにも見えるのですが、一体何をやっているのでしょうか?
でも、彼を食べる捕食者の立場で見ると…随分不味そうなクモですね~笑

2005年10月15日 00:18
海のはなしさん こんばんは。
私が見た時点では,1本の渡り糸を張り渡し終えたところのようです。これから順次巣を張るところなのではないでしょうか・・・?
何枚か写真を撮ったのですが,風が強かったために,一応ピントが合ったのはこの1枚だけでした。そのためにお尻から後ろのほうが分かり難い写真になっていますね。ごめんなさい。^^;

この記事へのトラックバック