アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「エッセイ」のブログ記事

みんなの「エッセイ」ブログ

タイトル 日 時
自宅のラン:雲南産小型種として入手したデンドロビウム・アフィルム(Den. aphyllum)
自宅のラン:雲南産小型種として入手したデンドロビウム・アフィルム(Den. aphyllum) 雲南産小型種として入手したデンドロビウム・アフィルム(Dendrobium aphyllum)が開花した。普通のアフィルムと同じ環境で一緒に育ててみたところ,同じようなサイズになったので小型種ではない。花色だけは白っぽく,何年育ててもその特徴は変わらない。実生選抜品なのではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2017/02/19 15:31
自宅のラン:プテロスティリス・ヒルダエ(Pterostylis hildae)
自宅のラン:プテロスティリス・ヒルダエ(Pterostylis hildae) プテロスティリス・ヒルダエ(Pterostylis hildae)が開花している。我が家にやってきて随分長くなる。増えたのでだいぶ分譲したのだけれども,残りを育てていたら更に増えた。すご繁殖力だと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2017/02/19 15:25
自宅のラン:オキナワチドリ(無点花)が開花
自宅のラン:オキナワチドリ(無点花)が開花 無点花タイプのオキナワチドリ(Amitostigma lepidum)が開花した。O氏からイモの分譲を受け,増えたので欲しい人に分譲した残りから更に増えてきた。色んなタイプのものや交配品もあるが,結局,関東地方で安定して栽培可能なのはこの無点花タイプのものだけのようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/18 13:18
自宅のラン:デンドロビウム・ストゥリオラツム(Dendrobium striolatum)
自宅のラン:デンドロビウム・ストゥリオラツム(Dendrobium striolatum) デンドロビウム・ストゥリオラツム(Dendrobium striolatum)の小さな苗を購入して育て始めてから何年にもなる。昨年まで1度も開花しなかった。リン分の不足かと考え,ちょっとだけ肥料を足して栽培してみたところ,今年になって1つだけ蕾がつき,数日前に開花した。小さいけれど,それらしい雰囲気は出ていると思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2017/02/16 15:46
自宅のラン:マキシラリア・ポルフィロステレ(Maxillaria porphyrostele)
自宅のラン:マキシラリア・ポルフィロステレ(Maxillaria porphyrostele) マキシラリア・ポルフィロステレ(Maxillaria porphyrostele)が開花し始めた。昨年,O氏から株分け分譲を受けて育ててきたもの。夏の間は日蔭に鉢を吊るし,寒くなってからは加温した室内にとりいれ,出窓で栽培していた。しばらくの間は花を楽しめそう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2017/01/31 17:43
新春に咲く菊
新春に咲く菊 ごく普通の園芸交配種(オレンジ色花)のこぼれ種から先祖帰りして白花を咲かせる個体が出てきてから,かれこれ数年になる。寒さにとても強い。環境に適応した遺伝子構成をもつ個体だけが生き残ったのだろう。簡単な風よけだけ施した超簡易フレームの中で花を咲かせている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/24 13:50
自宅のラン:メディアカルカ・デコラツム‘ハッピーフィールド’
自宅のラン:メディアカルカ・デコラツム‘ハッピーフィールド’ メディアカルカ・デコラツム‘ハッピーフィールド’(Mediocalcar decoratum Happy Field)が開花している。このランは,らん古さんから頂戴して大事に育てているもの。数日前に写真を撮った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/22 14:35
自宅のラン:マキシラリア・カウツキイ(Maxillaria kautskyi)
自宅のラン:マキシラリア・カウツキイ(Maxillaria kautskyi) マキシラリア・カウツキイ(Maxillaria kautskyi)が開花した。松本洋蘭園から苗を購入して育ててきたものだ。1月中に仕上げなければならない仕事が山場を越えたので,昨日の午後,息抜きにその写真を撮った。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/15 12:32
筑波山神社のさざれ石
筑波山神社のさざれ石 昨日は,家族と筑波山神社にお参りしてきた。数年前,本殿に向かい合うようにしてさざれ石が置かれた。これまでちゃんと拝見していなかったのだが,妙に気になって写真を撮影してきた。某氏の見解によれば,鏡の製造と関係があるのではないかとのこと。私もそうだろうと思うようになった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/04 17:45
謹賀新年
謹賀新年 あけましておめでとうございます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2017/01/01 09:44
クロアシナガバチの巣を襲う小型のスズメバチの仲間
クロアシナガバチの巣を襲う小型のスズメバチの仲間 何だかんだと忙しく、ブログの更新ができないでいる。夕方になって,妻が「ハチがいっぱいいる」というので庭に出てみると,ドウダンツツジの陰に2種類のハチがいることがわかった。どうやら,クロアシナガバチの巣を小型のスズメバチの仲間が襲い,片端から幼虫を捕獲しているところのようだ。自然界は厳しい・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/08/08 18:33
ハエを捕食するムシヒキアブの仲間
ハエを捕食するムシヒキアブの仲間 ちょっとだけ庭の草取りをしていたら,シオヤアブのような昆虫がハエを捕食しているのを見つけた。普通のシオヤアブよりもやや小型で全体に細く,脚が黒い。たぶん,サキグロムシヒキ (Machimus scutellaris) ではないかと思うのだが,はっきりしない。それにしてもすごいハンターだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/31 21:36
自宅のラン:デンドロビウム・アフィルム(雲南産・小型種)がまた開花
自宅のラン:デンドロビウム・アフィルム(雲南産・小型種)がまた開花 デンドロビウム・アフィルム(雲南産・小型種)としてらん古さんから頂戴して育てているランがまた開花した。1個だけなのだが,可愛らしい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2016/07/27 09:16
ヒヨドリバナの花にとまるアゲハチョウ(ナミアゲハ)
ヒヨドリバナの花にとまるアゲハチョウ(ナミアゲハ) サワヒヨドリとして購入した植物はヒヨドリバナだった。その花がどんどん開花している。この仲間の植物にはアサギマダラが寄ってくるということで有名なのだが,私の住んでいるあたりではアサギマダラを見かけることはない。その代わり,アゲハ(ナミアゲハ)が来ていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/25 19:18
自宅のラン:富貴蘭「春及殿」(セルフ実生品)の花(その後)
自宅のラン:富貴蘭「春及殿」(セルフ実生品)の花(その後) 富貴蘭「春及殿」(セルフ実生品)の花が成熟してきた,というか更に奇花になってきた。面白い品種だと思う。マンデルブロ曲線みたいというべきか,マトリョーシカのようだとでもいうべきか・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/22 09:11
自宅のラン:鉄皮石斛(別株)の花(その後)
自宅のラン:鉄皮石斛(別株)の花(その後) 鉄皮石斛(別株)の花がだいぶ黄色くなってきた。これなら「黄花」と言えるだろうと思う。それにしても長く花が咲いている。園芸品としては,これくらいの期間開花してくれれば上出来と評価できる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/18 18:09
自宅のラン:石斛「緑雲」
自宅のラン:石斛「緑雲」 石斛「緑雲」は,自分の予想よりも出来が悪い。今年は水苔の巻き方を少し変更し,従来よりも水苔の層をやや薄くしてみた。2年くらい様子を見ようと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/17 18:19
自宅のラン:デンドビウム・パリシイ・セルレアが満開
自宅のラン:デンドビウム・パリシイ・セルレアが満開 デンドビウム・パリシイ・セルレア(Dendrobium parishii forma coerulea)として購入したランの花が満開となった。とてもにぎやかだ。ただ,花の大きさが普通のデンドビウム・パリシイ(Dendrobium parishii)よりも小さい。来年もこうなるかどうかは不明。しばらく様子を見ようかと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/07/17 18:13
自宅のラン:石斛「京北の華」が開花
自宅のラン:石斛「京北の華」が開花 石斛「京北の華」が開花した。去年もこの時期に開花した。この時期に開花するデンドロビウムとしてはパリシイ(Dendrobium parishii)があるので,その白花品とカシオープの白花品のようなものを交配した上で,素心品の石斛品種で戻し交配した品種なのではないかとも考えられる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/07/14 12:04
自宅のラン:長生蘭「真金剛曙」の新葉
自宅のラン:長生蘭「真金剛曙」の新葉 長生蘭「真金剛曙」の新葉が展開している。一応,曙斑になっているけれども,イマイチ冴えない。今年から栽培方法を少し変更することにした。2〜3年くらい様子をみてみようと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/14 11:59
グラジオラス
グラジオラス 何だかはっきりしない天気で,ときどき小雨がぱらついている。庭ではグラジオラスが咲いている。とても綺麗な花を咲かせる品種なのだが,花の部分が重すぎて途中で折れたり全体に倒れてしまったりすることが多い。人間が支えてやらないと生きることのできず,野生環境では絶えてしまう可哀想な品種ということになるのだろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/13 10:11
自宅のラン:石斛「伊豆錦」
自宅のラン:石斛「伊豆錦」 石斛「伊豆錦」は,冬の間に葉をちょっとかじられたりしてしまったが,どうにかこうにか維持。今年は矢(茎)の数が少し増えた。新葉が展開してきている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/12 12:31
自宅のラン:長生蘭「墨獅子」
自宅のラン:長生蘭「墨獅子」 長生蘭「墨獅子」から新木が出て新葉を展開している。今年は少し大きくなったような気がする。更に栽培方法を工夫して改善しようと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/12 12:27
自宅のラン:デンドビウム・パリシイ・セルレア(その後)
自宅のラン:デンドビウム・パリシイ・セルレア(その後) デンドビウム・パリシイ・セルレア(Dendrobium parishii forma coerulea)の茎を支柱から外し,垂れさがるようにした。花がどんどん開花している。基本的には緑花種との交配に間違いない。石斛の緑花品種と同じく,緑色から次第に白色に変化するので,結果的に青紫色花のように見える状態になる。花からは化学薬品のような特殊な香りがする。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2016/07/12 11:59
自宅のラン:富貴蘭「桂月」が開花
自宅のラン:富貴蘭「桂月」が開花 富貴蘭「桂月」が開花した。昨年の夏にやや多めにマグアンプを与えた結果かどうか,昨年よりも多数の蕾をつけてくれた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/11 18:04
自宅のラン:石斛「帝錦」の新葉
自宅のラン:石斛「帝錦」の新葉 石斛「帝錦」の新葉が展開してきている。様々な斑模様が出ている。やや期待しながら観察継続。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/10 08:28
自宅のラン:ムカゴソウ(Herminium lanceum)が開花
自宅のラン:ムカゴソウ(Herminium lanceum)が開花 ムカゴソウ(Herminium lanceum)が開花した。M氏から岩手県産ということでありがたく頂戴したもので,例年どおりの時期の開花となった。1芽増えた。実は芽出しのときにナメクジにかじられダメかと思っていた。どうにか成長してくれたようだ。今年は,地上部が枯れたら植え替えをしようと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/10 08:23
自宅のラン:デンドビウム・パリシイ・セルレアとして入手したランが開花
自宅のラン:デンドビウム・パリシイ・セルレアとして入手したランが開花 デンドビウム・パリシイ・セルレア(Dendrobium parishii forma coerulea)として望月蘭園から入手したランが開花した。今年の東京ドーム世界ラン展に出店していた台湾の業者の売れ残り品を引き取ったものとのこと。セルレアというよりは緑花というべきもので,白花品との交配選別品か,近縁の緑花種との交配品ではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2016/07/10 07:01
自宅のラン:Dendrobium macrostachyum(六弁花) が開花
自宅のラン:Dendrobium macrostachyum(六弁花) が開花 Y先生から実生フラスコ苗をお預かりし,大事に育てているデンドロビウム・マクロスタチウム(Dendrobium macrostachyum)が開花した。今年も六弁花となったので,形質として固定しているものと判断した。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/09 09:17
自宅のラン:キバナノセッコク(土佐産)として入手したラン(別株)が開花
自宅のラン:キバナノセッコク(土佐産)として入手したラン(別株)が開花 キバナノセッコク(土佐産)として入手したランが開花した。数日前に開花した株とは別株のものだ。青軸なのだが,数日前に開花した青軸品と異なり,次第に暗んでチョコレート色の泥軸になる。土佐産ということになっているのだが,鉄皮石斛との交配ではないかと思う。土佐で交配作出されたという趣旨なのだろう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/08 11:20
自宅のラン:長生蘭「横綱」の変わり
自宅のラン:長生蘭「横綱」の変わり 以前,「横綱」の芽がわり品を入手した。一時調子を落としていたけれども,栽培方法を根本から変更してみたところ根が健全化し,全体に回復してきた。結構面白い品種のように思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/08 11:07
アシタバの葉を食べるキアゲハの幼虫
アシタバの葉を食べるキアゲハの幼虫 自宅の庭にはセリ科の植物が多いので,必ずキアゲハがやってきて卵を産みつける。大きく育ったアシタバの葉もたちまち食い荒らされてしまう。かなり複雑な心境・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2016/07/08 11:02
自宅のラン:石斛「霊砲」
自宅のラン:石斛「霊砲」 石斛「霊砲」の新木が伸び,新葉が展開している。一応維持している感じ・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/07 15:34
自宅のラン:長生蘭「金鳥」
自宅のラン:長生蘭「金鳥」 長生蘭「金鳥」の親株からはいろんな可能性を秘めた葉が出てくる。非常に興味深い。更に栽培方法を工夫しながら観察を継続したい。なお,この株は,もともとは井出蘭草園で販売していたもののようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/06 10:43
自宅のラン:富貴蘭「轡虫」が開花
自宅のラン:富貴蘭「轡虫」が開花 富貴蘭「轡虫」がやっとまともに開花した。昨年,少し多めにマグアンプを入れておいたので,その結果が出たのかもしれない。どうみても人工交配種だと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/07/06 10:38
自宅のラン:長生蘭「金牡丹」−高芽からの育成株
自宅のラン:長生蘭「金牡丹」−高芽からの育成株 長生蘭「金牡丹」の高芽からの育成株が何となく白覆輪のようになってきた。とても小さいので栽培に苦心しているけれども,どうにかこうにか維持している。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/06 10:03
自宅のラン:デンドロビウム・オリゴフィルム
自宅のラン:デンドロビウム・オリゴフィルム デンドロビウム・オリゴフィルム(Dendrobium oligophyllum)は,一定以上の温度であれば年中いつでも開花しているランで,しかも,個々の花の寿命が比較的長い。つまり,交配親向きのランということが言えるのではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/05 14:47
自宅のラン:富貴蘭「大鷹丸」が開花
自宅のラン:富貴蘭「大鷹丸」が開花 O氏からありがたく頂戴して育てている富貴蘭「大鷹丸」が開花した。よく見ると,微妙に緑花になっている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/05 12:32
サワヒヨドリとして入手した植物が開花
サワヒヨドリとして入手した植物が開花 サワヒヨドリ(Eupatorium lindleyanum)として通信販売で購入した植物の苗が育ち,開花した。サワヒヨドリ(Eupatorium lindleyanum)ではなくヒヨドリバナ(Eupatorium chinense (Syn. Eupatorium makinoi var. oppositifolium; Eupatorium makinoi))の範疇にある植物だと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2016/07/05 08:26
自宅のラン:長生蘭「白鷺丸」
自宅のラン:長生蘭「白鷺丸」 長生蘭「白鷺丸」 は,ちょっと調子を落としていた。植え方を変更して様子をみていたところ,どうにか回復したようだ。元気に新木が出てきて新葉を展開している。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/04 09:47
自宅のラン:キバナノセッコク(青軸)として入手したランが開花
自宅のラン:キバナノセッコク(青軸)として入手したランが開花 キバナノセッコク(青軸)として入手したランが開花した。この株は,ポリポットにバーク植えで育てている。青軸は後暗みしないので青軸品と言えると思う。鉄皮石斛交配品種(素心品)のセルフ実生の中から素心にならない青軸品を選別し,キバナノセッコク青軸品として流通させているものと推定することができる。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/07/03 13:27
自宅のラン:デンドロビウム・アダンカム(Dendrobium aduncum)がまた開花
自宅のラン:デンドロビウム・アダンカム(Dendrobium aduncum)がまた開花 4月に開花したデンドロビウム・アダンカム(Dendrobium aduncum)がまた開花した。4月に開花した後,鉢を外の棚に吊るしておいた。本来の開花時期かもしれない。これとキバナノセッコクを交配すれば桃色花のキバナノセッコク品種をつくれるのではないかと考えた人もいたのだろうと想像する。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2016/07/03 13:00
自宅のラン:斑入りの幽谷蘭(Liparis formosana)
自宅のラン:斑入りの幽谷蘭(Liparis formosana) T氏からありがたく頂戴した斑入りの幽谷蘭(Liparis formosana)は元気な状態で維持している。ただ,まだ花を見ていない。もう少し力がつかないと開花しないのではないかと思う。これとは別に覆輪のものもあったのだが,何だか病気がついてダメになってしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/01 11:41
ムサシノキスゲの蕾の上のナガメ
ムサシノキスゲの蕾の上のナガメ ムサシノキスゲの花を見にいったら,蕾の上にナガメ(Eurydema rugosa)がいるのを見つけた。菜の花を食害するので菜の亀虫という意味で「ナガメ」という名がついているようなのだが,なぜキスゲの蕾にいたのかよくわからない。花が黄色なので菜の花と間違えたのかもしれない(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/01 11:33
自宅のラン:石斛「葛龍(大和守)」
自宅のラン:石斛「葛龍(大和守)」 石斛「葛龍(大和守)」 に新木が出て葉が展開している。今年はよりしっかりした感じになってきた。あと2年くらいでそれらしい姿になるのではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/30 15:05
ムサシノキスゲが開花
ムサシノキスゲが開花 O氏からありがたく頂戴して育ててきたムサシノキスゲの花をやっとみることができた。やはりちょっとかじられた痕跡があるけれども,一応開花。昨年は花茎をかじられてしまい悔しい思いをした。今年は用心のためにちょっとだけ殺虫剤を噴霧しておいたので,それが功を奏したのかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2016/06/30 14:59
自宅のラン:キバナノセッコク(素心×準素心)として入手した蘭が開花
自宅のラン:キバナノセッコク(素心×準素心)として入手した蘭が開花 キバナノセッコク(素心×準素心)として入手した蘭が開花した。昨年は,やや素心に近い状態で開花した。ところが,今年は,唇弁に赤紫色の斑紋が出た。しかも,蕊柱の頂点(キャップの部分)が赤い。数種の蘭を人工交配した品種が親株となっている可能性がある。誰によってつくられたものだろうか? ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 9

2016/06/28 13:00
ミツバの花
ミツバの花 自宅の庭のやや日蔭のところにはミツバ(Cryptotaenia canadensis subsp. japonica)がいっぱい生えている。セリ科の植物は強く,滅多なことでは消え去ることがない。今朝みたら,とても小さな白い花を咲かせていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/27 10:15
自宅のラン:石斛「雪茜」
自宅のラン:石斛「雪茜」 石斛「雪茜」の新芽が伸び,新葉が展開してきている。私の好きな品種の一つ。何となく「南京丸」と似ているような部分もある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/26 11:25
自宅のラン:鉄皮石斛(Dendrobium officinale)が開花
自宅のラン:鉄皮石斛(Dendrobium officinale)が開花 鉄皮石斛(Dendrobium officinale)には様々なタイプのものがあり,Kewの分類では全部キバナノセッコク(Dendrobium catenatum)にまとめられている。何タイプか育てているが,唇弁の斑紋が赤紫色になるものが開花した。このタイプの鉄皮石斛は,赤紫色一点花タイプの石斛交配品やイセ系品種の親種なのだろうと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/26 11:18
リュウキュウコスミレの種子
シランを植えてあるプランターに飛び込みのリュウキュウコスミレ(Viola yedoensis var. pseudo-japonica)も大きくなっており,種子をつけていた。手入れをせねば・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/25 16:26
自宅のラン:石斛「龍宮」
石斛「龍宮」(白綾×大同縞)は植え替えの際に大小幾つかの株に分かれてしまったが,寄せ植えで栽培継続することにした。大きくなるものと小さいままのものとがある。ちょっと考えがあり,栽培方法を工夫してどうなるか実験してみることにした。同一の鉢なので栽培条件は同一になる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/24 11:01
自宅のラン:長生蘭「雪狂獅子」(その後)
今日は書類を書く仕事が幾つかあり,雨だったので,朝から午後2時ころまでPCに向かって仕事をしていた。仕事を終えた頃に雨もあがったので,ちょっとだけ鉢の手入れをした。「雪狂獅子」にはいろんな形の葉が出てきている。とても面白い。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/23 16:58
自宅のラン:石斛「金玉星」
石斛「金玉星」の新芽が大きくなり綺麗な葉が出てきた。この品種も昨年の秋〜冬の間に虫に葉をかじられ,やむを得ず薬剤を散布したりしたため,がっかり感の大きなものだ。今年は,防除に最も注意しながら栽培を続けている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/23 16:49
自宅のラン:デンドロビウム・ビフルカツム(Den. bifurcatum)が開花
デンドロビウム・ビフルカツム(Dendrobium bifurcatum)が開花した。去年よりも若干早いかもしれない。花はこれまでで一番多くついた。とても綺麗。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/22 10:06
スジギボウシが開花
スジギボウシが開花した。例年と同じ時期の開花となった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/21 09:25
自宅のラン:プロステケア・マリエ(Prosthechea mariae)が開花
プロステケア・マリエ(Prosthechea mariae)が開花した。花は大きくてとても綺麗。私のお気に入りの一つ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/20 08:03
自宅のラン:富貴蘭「佐須丸」が開花
M氏の奥様からありがたく頂戴して育てている富貴蘭「佐須丸」が開花した。他の富貴蘭にも蕾がついてきた。昨年は,小さなダニ等が蕾についてダメになってしまったものがあるので,今年は水洗いをこまめにやって防除につとめている。さて,どれだけ効果があるものやら・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/20 07:59
自宅のラン:台風で落ちていたという九州産のナゴラン(Phalaenosis japonica)
台風で落ちていたという九州産のナゴラン(Phalaenosis japonica (Syn. Sedirea japonica))をありがたく分けていただき,大事に育ててきた。小さいままなのだけれども,どうにか維持している。私の住んでいるところは少し寒いので開花させることができるかどうか自信はないが,どうにか頑張ってみようと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2016/06/19 13:33
カマキリの幼虫
庭で野生を栽培しているプランターにかぶせてある遮光布の上にカマキリの幼虫がいた。我が家の庭にいるのは主にハラビロカマキリなので,たぶんその幼体だろうと思う。ちっちゃくてもかなり強気な態度・・・(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/18 08:22
自宅のラン:キバナノセッコク「緑輪」として入手したラン(その後)
キバナノセッコク「緑輪」として入手したランの花は,その後,全部赤点白花となった。2個だけくしゃくしゃの奇花となっている。花形から推定して,中国産の鉄皮石斛またはその交配品の遺伝子が混じっていることは間違いない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/06/18 08:12
自宅のラン:プロステケア・マリエ(Prosthechea mariae)の蕾
プロステケア・マリエ(Prosthechea mariae)に蕾が2つつき,だいぶ膨らんできた。来週には開花するのではないだろうか。とても楽しみ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2016/06/17 04:50
つくば植物園:野の花
つくば植物園には様々な植物が植栽されている。植栽場所から逸出したものを含め,関係のない場所に勝手に生えている植物も少なくない。そのような植物には,もちろん名札はない。名札のない草の花を探して歩くのも楽しみの一つと言える。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/13 08:58
つくば植物園:新暦6月のフジバカマ(Eupatorium fortunei)
新暦の6月は旧暦では既に夏だ。つくば植物園に植栽されている藤袴の観察をしてきた。芳香はない。茫々として単なる草叢にしか見えない。草丈は50〜70センチくらい。芳草として和歌や漢詩に詠むような植物ではない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/13 04:19
つくば植物園:アジサイの仲間の花
その季節なので,アジサイの仲間の花もいっぱい咲いていた。現代では様々な交配品(園芸品)が売られるようになっているけれども,やはり素朴なもののほうが良い。品種改良という名の遺伝子の人工的な配合(混合)とその産業化については,根本的なところで見直しの時期が来ているのではなかろうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/13 03:35
自宅のラン:「白陵」として栽培されてきたとされる石斛
「白陵」として栽培されてきたとされる石斛に新芽が出て新葉が展開している。維持することには成功しているよに思う。栽培方法を更に工夫し,より良くなるように目指したい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/11 15:54
自宅のラン:デンドロビウム・カシオープ(赤花品)として購入したラン
今年の春,デンドロビウム・カシオープ(赤花品)として苗が売られているのをみつけ,購入した。花付きで送られてきたが,寒い時期だったのですぐに散ってしまった。今年はもう咲かないと思っていたところ,蕾がついて膨らんできた。本物のカシオープかどうかは別として,いろいろと好奇心をかきたてられる品種だ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2016/06/11 15:36
自宅のラン:石斛「阿波の華」 の新葉
石斛「阿波の華」 も秋〜冬の間に葉を虫にかじられてしまったのだが,新葉が出てきている。増えたようだ。今年はとにかく害虫防除に気をつけたいと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/06/11 15:25
自宅のラン:石斛「尾呂志」の高芽に開花
石斛「尾呂志」に高芽ができ大きくなったので,矢(茎)から外して鉢の縁に挿しておいた。ところが,その高芽に蕾ができ,開花した。何ともかんとも・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/10 19:48
自宅のラン:長生蘭「白牡丹」 (小型タイプ)
ありがたく頂戴した長生蘭「白牡丹」 (小型タイプ)をどうにかこうにか維持している。とても難しい。まだまだ問題があるので,更に栽培方法を若干修正することにした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/10 19:32
自宅のラン:石斛「翡翠」が開花
石斛「翡翠」が開花した。昨日の昼頃に蕾がほころび始め,その時点では綺麗な緑色をしていた。午後から仕事に出かけ,深夜に帰宅し,朝になってみると,開花していたのだが既に花は白色。暗いところで開花させたのだが,緑花で咲かせるのが難しい品種だと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/09 08:55
自宅のラン:長生蘭「雅宝丸」が開花
秋〜冬の間に緑色の小さなシャクトリムシのような蛾の幼虫に葉を食われてしまって悲惨なことになっていた「雅宝丸」がどうにか花だけつけてくれた。今年は防除を徹底したい。それはともかく,昨年の花とは特徴が異なる。明らかに複数種のデンドロビウムの交配品だということを理解することができる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/08 10:56
自宅のラン:長生蘭「錦紅殿」
長生蘭「錦紅殿」に新芽が出て新葉が展開中。とても綺麗だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/08 10:48
自宅のラン:キバナノセッコク「緑輪」として入手したランが開花
キバナノセッコク「緑輪」として入手したランが開花した。斑模様が異なるだけで,基本的には「三冠王」と同じだろうと思う。要するに,「三冠王」の実生兄弟またはそれに類するものと推定できる。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2016/06/08 10:40
ダンゴムシ
私の親しい知人は,ダンゴムシ(Armadillidium vulgare)のような人生感のことを知っている。ダンゴムシは,敵に襲われそうになると,丸まって小さなボール状になり,防御する。しばらくすると,ほどけてきて,すたこらさったと逃げてしまう。死んだフリとでも言うべきか・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/06/08 10:32
自宅のラン:タカサゴボウランとして入手したランが開花
タカサゴボウラン(Luisia teres var. botanensis)として入手したランが開花した。唇弁の先端にある突起様の部分の形状に特徴があるとされている。やや微妙・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/07 13:05
自宅のラン:石斛「影法師」
石斛「影法師」は,ちっちゃくてつくりにくく,随分と手こずった。やっと少し安心してみていられるくらいになった。新芽が2本出ている。その中の1本は,植え替えの際に若干傷めてしまったけれども,この程度なら大丈夫だろうと思う。石斛の出たばかりの新芽は豆腐のように柔らかく,すぐに折れてしまう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/06 12:32
自宅のラン:小白及「四川赤」として購入したアマナシランが開花
小白及「四川赤」として購入した赤紫色系のアマナシラン(Bletilla formosana × striata)が開花した。白花系のアマナシランと色違い。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/06 12:24
調布の青渭神社
昨日は,調布市内で仕事があり,出張していた。仕事を終えてから深大寺方面まで行き,青渭神社(東京都調布市深大寺元町)に参拝してきた。青渭神社の祭神は青渭大神で女神とされるが,おそらく,境内地にあった湧き水の湧出する泉そのものを神格化したものではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/05 07:11
自宅のラン:長生蘭「雷電」の変わりが開花
長生蘭「雷電」の変わりが開花した。大同系特有の大きくぼってりとして平開しない花だ。唇弁の形状に注目している。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/03 18:02
自宅のラン:タカサゴボウランとして入手したランの蕾
だいぶ前にタカサゴボウラン(Luisia teres var. botanensis)として入手したランに蕾がついた。かなり久しぶりのことだ。ちょっと変わった栽培方法を試みていた。一応,開花することは分かった。しかし,効果的とは言えない。栽培方法を変更しようかと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2016/06/03 16:47
自宅のラン:ヒナラン(Amitostigma lepidum) が開花し始め
ヒナラン(Amitostigma lepidum) が開花し始めた。芽出しのときに葉をナメクジか何かにちょっとかじられてしまい,「こりゃダメか・・・」と落胆していたのだけれども,どうにかこうにか育ってくれた。ほっと一安心。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/02 16:10
ナツズイセンの球根
昨年,ナツズイセン(Lycoris squamigera)を植え替えようと思っていたのだが,忙しくてそのままになってしまっていた。葉が枯れたので掘りだして植え替えることにした。球根は,大きく,直径7センチほどある。10号のプラ菊鉢に鉢植えとすることにした。場所の確保がいろいろと大変・・・ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/06/02 16:04
野沢菜の収穫と試食(その3)
野沢菜が更に大きくなり,草丈は50センチほどになった。まだ花茎は立っておらず,葉だけなので,葉の長さが約50センチということになる。1本だけ残して収穫してみた。地下部はカブのような感じで少し赤色になっている。直径は約3センチ。さっそく,さっとゆがいて食べることにした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/06/01 10:29
自宅のラン:石斛「美濃の華」
石斛「美濃の華」は,どうにか数枚の葉を残して越冬させることができた。栽培方法を変更したところ,根の状態が非常に良くなってきたので,今年は良い結果を期待できそうだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/31 11:36
自宅のラン:長生蘭「於多福」
昨年の6月頃に綺麗な斑模様になってくれた「於多福」の葉は,秋〜冬の間に虫にちょっとかじられてしまった。残念。今年は2本の新芽が出ている。慎重に栽培継続中。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2016/05/29 09:36
自宅のラン:石斛「多摩」が開花
石斛「多摩」の植え替え作業をしていたら自然に株がばらばらになったので,寄せ植えとしておいた。すると,蕾が1個つき,開花した。他にも蕾をつけているものが何種類かある。個体差ではなく,そもそもの交配親の開花時期との関係で決まってくるものだろうと思う。非常に興味深い。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/27 06:44
自宅のラン:アマナシラン(Bletilla formosana × striata)が開花
M氏からありがたく頂戴して栽培している白花系のアマナシラン(Bletilla formosana × striata)が開花した。増えたので,分譲に出そうかと思って分けておいた株だ。小型であまり場所をとらず,育てやすい。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/05/26 08:36
自宅のラン:石斛「三冠王」が開花しはじめ
石斛「三冠王」が開花しはじめた。若干クセがあるけれどもどうにか葉を落とさないで栽培継続している。唇弁の斑紋を観察する限り,紅1点花ではなく,左右2点の紅点が連結したような感じになっている。交配親のルーツとなっているデンドロビウムの形質を表現するものではなかろうか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/26 08:31
自宅のラン:広東石斛(Dendrobium wilsonii)が開花
広東石斛(Dendrobium wilsonii)が開花した。いつもながらに大きな花だ。大輪系の交配品の中には親種として使われているものがあるかもしれない。この石斛それ自体も自然交雑または人工交配由来のものだという可能性が高い。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/25 10:13
自宅のラン:石鎚ダルマ石斛
石鎚ダルマ石斛は,どうにか葉を落とさないで越冬させることができた。新芽が出てきて葉を展開し始めている。何となくつかみどころのない蘭なのだが,これまで観察してきたところから推測すると,霍山石斛の交配品なのではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/23 12:13
自宅のラン:長生蘭「紅木田」
長生蘭「紅木田」が増えたので,2鉢に分けた。古い根を切除して綺麗にしていたら自然に株が分かれた。要するに,古根で連結されているので,それを切除するとバラバラになってしまうようだ。寄せ植えにした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/22 18:21
自宅のラン:台灣萬代蘭(Papilionanthe taiwaniana)が開花
台灣萬代蘭(Papilionanthe taiwaniana)が開花した。花の形はリュウキュウボウランとほぼ同じだがずっと小さい。唇弁の模様が特徴的・・・なのだが,いろいろと考えてしまう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/22 18:15
自宅のラン:石斛「白露」
「三冠王」の交配親だというので苗を購入して育てている「白露」が開花した。葉には白覆輪が出ている。素心花で美しいと思う。「友白髪」の花と似たような感じの花。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/20 14:21
自宅のラン:石斛「紅乱」が開花
石斛「紅乱」が開花した。何となく「金山金剛」の花と似ているような気がしてきた。昨年,株分けして欲しい人にあげてしまったので,株が小さくなった。今年は株分けしないで少し大きく育ててみようかと思っている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/20 14:05
自宅のラン:桜井園芸から購入した長生蘭「昭代」
桜井園芸から購入した長生蘭「昭代」の新葉はちょっとだけ黄色味がかっている。栽培方法を変えたので,全体に少し寸詰まりのような感じになってきた。栽培方法を変えてからまだ過渡期なので,一過性のものかもしれない。今年は,更に工夫してみようと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/20 13:59
自宅のラン:石斛「友白髪」が開花
石斛「友白髪」が開花した。端正な花だと思う。冬にはは,葉を落としてしまったけれども,逆に花はしっかりしている。新芽がたくさん出ている。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2016/05/19 12:29
自宅のラン:長生蘭「銀龍」の黄覆輪?
何株か育てている「銀龍」の中の1株の葉が丸い感じとなり,黄覆輪になってしまった。面白い。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/19 11:58
自宅のラン:アナカンプティス・サンクタ(Anacamptis sancta)の花
アナカンプティス・サンクタ(Anacamptis sancta (Syn. Orchis sancta))が開花している。どうして「sancta(聖なる)」という名がついているのか不思議だったのだが,花をじっと見ている間に,キリスト教の修道僧の姿に見えてきた。たぶん,そのような連想からつけられた名前なのだろうと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/18 10:33
自宅のラン:愛知県産の石斛が開花し始め
愛知県産の石斛としてありがたく頂戴したランが開花し始めた。今シーズンは残念ながら葉を落としてしまったのだけれど,花のほうは充実しているように思う。少し強く紅が出ている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/17 10:28
自宅のラン:石斛(無銘)が開花
ヘゴづけにして育てている石斛(無銘)が開花した。はりつけてあるヘゴ板が古くなって劣化しはじめているので,別のヘゴ板に重ねるようにしてしばりつけておいた。さて,どうなることやら・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/16 11:28
自宅のラン:石斛「紅鯱」
石斛「紅鯱」は,葉を落とさないで越冬させることができた。新芽が出てきているので,今年の葉が楽しみ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/16 11:04
自宅のラン:長生蘭「青甲龍」
長生蘭「青甲龍」 は,葉を落とさないで越冬させることができた。植えかえをした。甲龍葉の品種は少ないので,大事にしている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/15 07:28
自宅のラン:長生蘭「青竜」
長生蘭「青竜」は,どうにかこうにか葉を落とさないで越冬させることができた。植えかえをした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/15 07:16
キイロホソガガンボ
栽培棚の防虫ネットに黄色くて虎の縞模様のようなものがあるガガンボがとまっていた。近づいて接写してみた。どうやらキイロホソガガンボ(Nephrotoma virgata)のようだ。ガガンボにも様々な種類があるようだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/14 20:41
自宅のラン:長生蘭「満月」
昨年綺麗な葉になった「満月」は,どうにか葉を落とさない状態で越冬させることができた。古い矢を外して伏せることにし,新しい矢だけ寄せ植えで植え替えをした。今年はちょっとだけ肥培してみようと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/14 16:41
自宅のラン:石斛「七宗の舞」が開花
石斛「七宗の舞」が開花した。稚児か巫女の舞をイメージした命名だろうか。岐阜県の七宗町には天武天皇ゆかりの神淵神社(岐阜県加茂郡七宗町神渕)がある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/14 12:18
マイヅルテンナンショウ
自宅の庭に地植えして育てているマイヅルテンナンショウ(Arisaema heterophyllum)の芽が出て,まもなく葉が展開し始める状態となった。例年とほぼ同じ。S先生に教えていただいたところによれば,テンナンショウの仲間には暑さ寒さと関係なく暦に従って成長するものとそうでないものとがあるとのこと。面白い。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/05/13 19:51
自宅のラン:長生蘭「雪狂獅子」の新葉
長生蘭「雪狂獅子」の新葉が成長してきた。面白い形になるかもしれない。とても楽しみ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2016/05/13 10:43
自宅のラン:長生蘭「於多賀金剛黄覆輪」 が開花
長生蘭「於多賀金剛黄覆輪」 が開花した。くしゃくしゃの花。ずい柱の形状と色に興味津々。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/13 10:37
ツクシカンアオイ
ツクシカンアオイ(Asarum kiusianum)が開花している。相変わらず半分埋まったような状態で花を咲かせる。今年は植え替えをしなければならないと思うのだが・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/13 05:23
野沢菜の収穫と試食(その2)
野沢菜がどんどん大きくなり草丈が30センチほどになったので,まだ収穫した。水洗いした後,10〜20秒程度,湯に通すだけで深い緑色になり,食感は御馴染みの野沢菜そのもの。つまり,これくらいの大きさで出荷可能と思われる。食害するのはヨトウムシではなくナメクジだということも判明したので対処可能となった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 6

2016/05/12 18:46
自宅のラン:石斛「黄丸」が開花
ヘゴづけにして栽培している石斛「黄丸」が開花した。だいぶ大株になった。そろそろヘゴが劣化してきたので,植えかえなければならないのだが,さて,どうしたものやら・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/05/12 14:55
サンヨウアオイ(Asarum hexalobum)
サンヨウアオイ(Asarum hexalobum)が開花していた。まあまあの状態ではないかと思う。更に栽培方法を工夫してみようと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/12 14:48
自宅のラン:長生蘭「紅扇」 が開花
長生蘭「紅扇」 が開花した。私にとっては非常に育てにくい品種だったのだが,どうにか開花してくれた。デンドロビウム交配園芸種との交配品だと推定される。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/12 11:24
タイリンアオイ「玉緑」
タイリンアオイ「玉緑」を外の棚で越冬させてみた。無事に越冬し開花している。ただ,葉があまりよろしくない。鉢の置き場所等を変更して工夫してみようと思う。それでうまくいかないようなら室内栽培に戻そうかと考えている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/05/12 11:15
自宅のラン:石斛品種(無銘)が開花
普通にミズゴケ植えで栽培していた石斛品種(無銘)が開花した。柱頭の特徴を観察しながらいろいろと考える。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/11 11:21
自宅のラン:アナカンプティス・サンクタ(Anacamptis sancta)の蕾
アナカンプティス・サンクタ(Anacamptis sancta (Syn. Orchis sancta))の花茎が伸び穂状に蕾がついている。自生地写真を見ると花が咲くころには葉が枯れるようなので現在の葉の状態の写真を撮った。旧名の「オルキス・サンクタ(Orchis sancta)」を意訳すると,「聖なる蘭」となる。その由来はイマイチよくわからない。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/05/11 09:32
庭の住人−カナヘビ
自宅の庭にはカナヘビ(Takydromus tachydromoides)が住んでいる。何頭いるのかわからないけれど,結構たくさん住んでいることは間違いない。「住人」とニックネームをつけている。個体識別できないので,どれを見ても全部「住人」と呼んでいる(笑)。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/11 08:44
自宅のラン:石斛「飛騨金剛」 が開花
石斛「飛騨金剛」 は,残念ながら葉を落としてしまった。しかし,花を咲かせてくれた。平開しない花のようだ。非常に興味深い。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/10 08:36
自宅のラン:石斛「采女」が開花
石斛「采女」が緑花で開花してくれた。今年は,昨年よりも花数は少ないが,これまでで最も緑色が深いように思う。ガク片の外側には少し紅が出ているので,一応本咲きと言えるのではないかと思う。雑誌等に掲載されている写真の多くはデジタル修正により色調を強調してあるので全く参考にならない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/05/10 08:21
自宅のラン:長生蘭「金山金剛」 が開花
「金山金剛」 は,昨年秋に手入れの時間をあまりとれなかった隙に入りこんだ芋虫に葉を食われて悲惨な状態になってしまった。破損した葉は春までに散ってしまったのだが,矢(茎)と根は非常に元気なので,がんばってつくりなおそうと思う。今年は頼まれても余計な仕事は断り,栽培と観察の時間を増やそうと考えている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/08 17:26
自宅のラン:石斛「宝来山覆輪」
石斛「宝来山覆輪」はどうにか葉を落とさないで越冬させることができた。植え替えをした。根は全部白くて超健全。新芽が出てきている。今年はますますもって楽しみだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/08 16:21
自宅のラン:シラン(Bletilla striata)が開花
普通のシラン(Bletilla striata)が開花した。蕾と花にアブラムシがつくことがあり,放置すると花を傷める。少しだけ殺虫剤を噴霧しておいたのだが,完全に防除することはできなかったようだ。しかし,強い薬剤は使用したくない。なかなか難しい・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/07 10:26
ヒメウラシマソウ(Arisaema kiushianum)
ヒメウラシマソウ(Arisaema kiushianum)が開花した。子株も一緒に育てていたら,鉢いっぱいまで大きくなった。今年は分譲できると思う。しかし,もらい手がいるかどうか・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/07 07:43
自宅のラン:石斛「紀州空海」が開花
石斛「紀州空海」が開花した。残念ながらこのシーズンにも葉がほぼ全部落ちてしまい,残っているのは1枚だけ。正確には,昨年秋に芋虫またはナメクジのようなものに食われてしまった部分が多い。今年の蕾も3個ほどナメクジにやられてしまった。連休中に徹底防除と全鉢の植え替えを敢行した。疲れた・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2016/05/07 06:09
自宅のラン:長生蘭「かぐや姫」
ちょっと考えがあって「かぐや姫」を外の棚で育ててみた。葉はほとんど落ちてしまった。加温した場所でないと綺麗な葉のままで越冬させるのは難しいようだ。今年の新木の葉を大事にして,外の棚でどうにか葉を落とさずに越冬できないか工夫を重ねてみようと思う。外のほうがしまりの良い感じに育つようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/06 13:16
自宅のラン:富貴蘭「富岳」
頂戴ものの「富岳」は,昨年よりも少しだけ大きくなった。フウランなので急に良くなるということはないが,のんびりと楽しみながら栽培を続けようと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/06 13:10
自宅のラン:デンドロビウム・オリゴフィルムが開花
デンドロビウム・オリゴフィルム(Dendrobium oligophyllum)が開花した。何となく年中咲いている。少し大きくなったので植え替えをした。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/05/06 13:03
自宅のラン:石斛「紅車」が開花
石斛「紅車」が開花した。だんだん力がついてきたのではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/05 13:47
クレマチスが開花
クレマチスが開花した。昨年よりも増えており,いっぱい花が咲き始めている。いろいろと集めてみたくなるところなのだが・・・ぐっと我慢。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/05 13:26
野沢菜の収穫と試食
花を見るべく実験栽培中の野沢菜が大きくなってきたので,間引きのため一部収穫した。丈は約30センチ前後。根の部分は白いちっちゃな大根状になってきており,将来,蕪のようになるはず。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/05 06:44
自宅のラン:シラン(淡い桃色花品)
淡い桃色花品のシラン(Bletilla striata)が開花した。白花で咲いてしまうことが多い。今年は,蕾だけは淡い桃色で開花すると白っぽくなってしまうような状態だ。江戸時代には,白花のシランを「はくらん(白蘭)」と呼んで区別していたらしい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/05 06:13
ウグイスカグラの実
昨日の強風はひどかった。やっと穏やかになったのだが,今日は暑くなるかもしれない。早朝に庭の手入れを少しした。ウグイスカグラの実が熟している。ときどき鳥がやってきてついばんでいる。食べると,砂糖水を薄めたような感じの甘い味がする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/05 06:05
自宅のラン:オルキス・クアドリプンクタータの花
オルキス・クアドリプンクタータ(Orchis quadripunctata)がほぼ満開となった。個々の花は小さく可愛らしい。多数の花が穂状に咲くので結構綺麗。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/04 17:33
自宅のラン:霍山石斛(Dendrobium huoshanense)が開花
霍山石斛(Dendrobium huoshanense)が開花した。日光をよく当てたせいか,ガク片の外側に少し紅が出て,裏紅のような感じの花になった。まだ全開の状態ではないが,とにもかくにも開花してくれて嬉しい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/04 10:01
自宅のラン:石斛「大隅紅」が開花
石斛「大隅紅」が開花した。M氏から高芽を1本頂戴して育て始め,苦労しながらどうにかここまで大きくすることができた。丈が大きくなり,花芽が高芽に変わりやすいという性質をもっており,なかなか面倒。しかし,新芽や新葉が意外と美しく,気に入っている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/04 06:54
自宅のラン:石斛「紀州紅」が開花
石斛「紀州紅」が開花した。昨年はいっぱい花がついたのだが,今年は少ない。昨日,写真を撮り,栽培方法を少し変更して植え替えた。来年は花がいっぱいつくだろうと期待している。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/04 06:39
自宅のラン:イセ(ヨネヤマ株)が開花
イセ(ヨネヤマ株)が開花した。いろいろと考えさせられる品種で,石斛園芸史のキーワードの1つだと思っている。更に研究中。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/03 12:14
つくば植物園:キモクレン(Magnolia acuminata)
つくば植物園で,キモクレン(Magnolia acuminata)の花を見た。アメリカ原産の高木で,木蓮の仲間なのだが黄色の花を咲かせる。これから先,樹が大きくなると,花が高い枝だけについてしまい花を近くで見ることができなくなるかもしれない。今回,間近に観察することができてラッキーだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/03 11:58
つくば植物園:スイカズラ科の樹の花
季節なので,スイカズラ科の樹木の花がいっぱい咲いていた。私の好きな花の部類に入る。順に見て回った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/03 06:07
つくば植物園:ハンカチノキ(Davidia involucrata)
つくば植物園でハンカチノキ(Davidia involucrata)の花を見た。久しぶりだ。だいぶ以前,テレビ等で話題になったことがあり,そのころには随分と人だかりがあったように記憶している。現在ではまばらかもしれない・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/02 18:15
つくば植物園:様々な野生ラン
はっきりしない天気だったが,連休中には月曜日でも開園しているので,つくば植物園に出かけてみた。園内をぐるりと歩き,温室を巡り,様々なランの花を見た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/02 18:10
自宅のラン:セラピアス・レヴァンティナ(Serapias levantina)
セラピアス・レヴァンティナ(Serapias levantina)として購入したランが開花した。現在の分類では,Serapias orientalis ssp. levantinaとされている。つまり,セラピアス・オリエンタリス(Serapias orientalis)の亜種という分類になっている。秋の間にもっと大きく成長させておくと花がたくさんつきそうだ。栽培方法を変えてみようと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/01 19:20
自宅のラン:マキシラリア・グラキリス(Maxillaria gracilis)
マキシラリア・グラキリス(Maxillaria gracilis)が開花した。去年と花色が少し異なり,赤茶色の部分が多い。日照の関係ではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/01 15:42
自宅のラン:長生蘭「雷電」
長生蘭「雷電」のつくり方を根本的に変更して約1年が経過した。結果は良いようだ。この栽培方法であと2年程度やってみようと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/05/01 15:22
アマドコロ
例年,アマドコロには虫がついて葉を食い荒らされ,悲惨な状態となる。今年はちょっとだけ殺虫剤を噴霧しておいた。今のところ被害はない。虫に罪はないのだが・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/30 15:41
サクラソウ(岩木山産)が開花
サクラソウ(岩木山産)が開花している。写真を撮ろうと思っている間に強風と雨で花茎が少し倒れ,栽培棚の防虫網に接触してこすれてしまった結果,花が傷んだ。残念・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/30 15:09
自宅のラン:長生蘭「黒牡丹」
「黒牡丹」には幾つかの系統があるらしい。以前から栽培しているタイプの「黒牡丹」(光珠園株)の手入れをしようと思ってよく見たら,ナメクジに葉をかじられてしまっていた。ショックだ。しかし,油断した自分が悪い。植え替えて養生することにした。ナメクジを完全に駆除することは難しい・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/29 12:01
自宅のラン:セラピカンプティス・カピタータ‘レディサマンサ’
O氏から頂戴して大事に育てているセラピカンプティス・カピタータ‘レディサマンサ’(Serapicamptis Capitata 'Lady Samanthar')が開花した。丈夫で育てやすい。昨年,大きなイモを分譲してしまったので今シーズンは小さなイモから栽培した。どうにか開花してくれたし元気そうなので大きなイモの収穫を期待できそうだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/29 11:54
タツナミソウ(白花)
物置の脇にタツナミソウ(白花)が開花していた。別のところで栽培しているのだが,種子がこちらまでやってきたのだろうと思う。条件さえ合っていれば結構よく増える。植物は自力で自分がべき場所を探す生き物だと痛感することが多くなってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/27 10:31
自宅のラン:石斛「新速玉」が開花
M氏の奥様からありがたく頂戴して栽培している「新速玉」が開花した。我が家の栽培環境と私の栽培方法に慣れてきたのだろう。大株にできそうだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/27 10:22
自宅のラン:石斛「黄鶴殿」
石斛「黄鶴殿」 を植えかえた。根を水洗いしていると自然とばらけて小さな株になってしまう。今回も寄せ植えにしてみた。昨年同期よりはしっかりとした株になってきたのではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/26 14:18
自宅のラン:オルキス・クアドリプンクタータが開花し始め
オルキス・クアドリプンクタータ(Orchis quadripunctata)が開花しはじめた。蕾が集合している状態の花序はアスパラガスの先端のようにも見える(笑)。これから花が開花するにつれてもっとばらけた感じになる予定。無事に全部開花してほしい。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/04/26 14:13
長生蘭「墨流し」
「墨流し」は,昨年の晩秋に少し芋虫に葉を食われてしまった。油断していた。ネットの隙間から入りこんだらしい。あわてて駆除したけれども,葉が少し減ってしまった状態で越冬。今年は秋でも蛾の幼虫が出るということに気を付けて栽培しようと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/25 13:51
イカリソウ・アクミナツム(Epimedium acuminatum)が開花
イカリソウ・アクミナツム(Epimedium acuminatum)が開花した。紫色の花でなかなか良い。ビニールで囲っただけの簡易フレームに鉢を入れて越冬させてみたところ,葉を落とさずに越冬させることができた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/24 18:46
野沢菜の本葉
芽出しから順調に育っていた野沢菜に本葉が出てきた。少しくしゃくしゃしていてナノハナ(アブラナ)の葉とはかなり異なる。用心のためにネットをかけていたのだが,どうやらヨトウムシのような虫がついたらしく既に葉をかじられてしまっている。やむをえず軽い農薬を散布した。しばらくの間は収穫・試食できない(笑) ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/04/23 14:10
自宅のラン:石斛「右近丸」が開花
石斛「右近丸」が開花した。昨年よりも若干黄色味が強く,わずかにしかみの出た花となった。本芸に近づいているのだろうか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/23 13:27
自宅のラン:石斛「童」が開花
「童」が開花した。同じ株から兜先の花と普通の花が咲いた。どういうこっちゃ・・・? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/22 18:50
自宅のラン:オフリス・デルフレリ(Ophrys doerfleri)が開花
オフリス・デルフレリ(Ophrys doerfleri)が開花した。花の唇弁だけ見るとオフリス・スフェゴデス・マモサ(Ophrys sphegodes subsp. mammosa)とほとんど変わらないのだが,ずい柱が異なり,また,小型なので,たぶん別種なのだろうと思う。マモサは丈が50センチ以上になる。しかし,よくわからない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/22 09:22
自宅のラン:石斛「梼原緑」が開花
石斛「梼原緑」は,冬の間に葉が落ちてしまったけれども,どうにか開花してくれた。蕾が膨らんできた段階で鉢を室内にとりいえ,やや暗いところに置いて開花させた。明るいところだとすぐに白花に変化してしまう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/21 11:12
自宅のラン:長生蘭「黒牡丹」
緑屋さんからありがたく頂戴して育てている「黒牡丹」は,概ね順調だと思う。葉を落とさないで越冬させることができた。力がついてきたように思うので,更に栽培方法を工夫しながらもっと見栄えのする株になるように工夫してみようと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/20 07:13
サクラソウ「南京小桜」が開花
サクラソウ「南京小桜」が開花した。きちんと植え替え,少し肥料をやったらかなり大きくなってしまった。花は「小桜」なのだが,全体としてはあまり「小桜」という感じがしない。来シーズンは小さくまとまるように育ててみようと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/20 07:08
自宅のラン:セラピアス・オルビア(Serapias olbia)
セラピアス・オルビア(Serapias olbia) だろうと思って育てているランが開花した。昨日はとても風が強く,花茎が折れてしまうのではないかと心配していたのだけれど,大丈夫だったようだ。育てやすく増やすことのできる貴重なランの一つ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/18 11:22
自宅のラン:石斛「夢殿」が開花
石斛「夢殿」を外の棚で育てているのだが,若干小さくなってしまった。花の形と色も昨年と若干異なる。どうも冬の間は鉢を室内にとりいれて栽培しないといけない品種なのではないかと思う。温帯〜亜熱帯のものの遺伝子が混じっている交配品なのだろうと推定している。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/18 11:16
自宅のラン:石斛「霧天華」が開花
石斛「霧天華」が開花した。昨年よりも少し遅いが,まあだいたいこのようなものだろうと思う。外の棚で越冬させてみたのだが,葉を落とさないで越冬させることができた。曇天で風が強い。記録のために写真撮影。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/17 10:49
自宅のラン:デンドロビウム・アダンカム(Dendrobium aduncum)が開花
デンドロビウム・アダンカム(Dendrobium aduncum)が開花した。昨年,寒くなってから鉢を取り入れ,加温した室内の出窓にぶら下げて栽培していた。ピンク色がやや濃い花を咲かせる個体で可愛らしい。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2016/04/13 09:42
自宅のラン:長生蘭「昭代」
以前M氏の奥様からありがたく頂戴した白い斑の多いタイプの「昭和」は,どうにかこうにか葉を落とさないで越冬させることができた。なかなか難しい。焦らないで地道に栽培方法を習得中。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2016/04/11 10:03
イカリソウ「サルフレア」が開花
日本ではイカリソウ「サルフレア」として流通しているEpimedium ×versicolor 'Sulphureum'が開花した。レモン色の小さな花だ。寒さにあまり強くないらしく地上部の大部分が冬の間に枯れてしまった。それでも葉が何枚か残っているので,もう少し暖かいところだと常緑性なのではないかと思う。雑種ということになっている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/10 15:53
自宅のラン:石斛「多摩」
石斛「多摩」は,どうにか葉を残して越冬させることができた。石斛・長生蘭の栽培に関しては,まだまだ未熟としか言いようがない・・・ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2016/04/10 15:41
庭のチューリップ
自宅の庭のクリーム色のチューリップが開花した。色んな品種の球根を購入して育ててみたのだが,大半は消えてしまった。弱い品種なのかもしれないし,ウイルスによるものかもしれない。生き残っているのは比較的単純なものばかりで,その中でも一番好きなクリーム色のものは元気に増えている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/09 09:42
自宅のラン:オフリス・スペキュラム(Ophrys speculum)が開花
オフリス(Ophrys)の管理は難しい。毎年の気象条件が異なるので,それに合わせてどうにかこうにかやっているのだが,うまくいかないときがある。オフリス・スペキュラム(Ophrys speculum)が昨年よりも早く開花したのだけれど,葉が既にダメになりつつある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/09 09:30
ムサシアブミ(緑花)が開花
ムサシアブミが増えたので,大きな鉢に寄せ植えにし,余ったものを硬質ポリポットに植えておいたら,ポリポットのもののほうが先に開花した。いつ見ても面白い植物だと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/08 17:14
野沢菜の芽出し
野沢菜の漬物をときどき食べる。「国内産」と明記してあるものとそうでないものとがある。後者は日本産ではないのだろうと勝手に想像している。アブラナ科の植物のようなのだが花を見たことがない。花を見たいので,ネットで探して種子を購入し,プランターで育ててみることにした。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2016/04/08 16:56
レンギョウ
昨日の朝,桜を見にいったついでに,桜の樹の近くに植樹してあるレンギョウの花の写真も撮った。レンギョウは,「連翹」と書くが,「連翹」は本来は別の有毒植物のことを指し,レンギョウのことを意味しない。このような例は日本の古典文学等の中に無数に存在しており,順次検討を進めている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/07 10:30
リバティアカデミー「ランの世界(2016年前期)」
今年もリバティアカデミー「ランの世界」が開講されることになった。10年ほど続いたことになる。一つの節目なので,現在のような企画・構成での開講は今年度で最終ということになるかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/06 09:29
自宅のラン:セラピアス・リングア(Serapias lingua)が開花
セラピアス・リングア(Serapias lingua)が開花した。これから順に咲き上がると思う。このところ,ちょっと寒く,日照が不足気味だ。今年も天候不順かもしれない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/05 12:45
自宅のラン:オフリス・ルヌラータ(Ophrys lunulata)が開花
オフリス・ルヌラータ(Ophrys lunulata)の最初の花が開いた。蕾が数個ついているので,これから花茎を更に伸ばし順に咲き上がっていくのだろう。とても楽しみだ。実生フラスコ苗から育てた芋を入手し,育ててきた。当たり外れがかなり大きいのだが,この株は元気だった。幸運だと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/04/04 12:13
自宅のラン:デンドロビウム・アフィルム(雲南産・小型種)
らん古らんからデンドロビウム・アフィルム(雲南産・小型種)として頂戴した苗が結構大きくなった。どうも普通のものよりも環境に合っているようだ。花色がやや淡い。新芽も元気に出ているので増えるのではないかと思う。次第に自分の栽培環境に合ったランだけを選んで育てるようになってきた。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/03/21 16:52
自宅のラン:Dendrobium hercoglossumが開花
加温した室内にぶら下げて栽培していたデンドロビウム・ヘルコグロッスム(Dendrobium hercoglossum)が開花した。昨年,株分けして加温していない部屋にも鉢を置いてあるのだが,枯れなかった。摂氏零度くらいまでは耐えられるようだ。ただし,こちらはまだ花芽が出ていない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/17 11:26
自宅のラン:オキナワチドリ(無点花)が開花
O氏から分譲していただき何年か育てているオキナワチドリ(無点花品)が開花した。オキナワチドリは,一般に寒さに強くないが,この無点花品だけはなぜか強い。しかし,増殖するにはやはり暖かい環境のほうがよいでので,今シーズンは室内で育てることにした。その結果,自生地とほぼ同時期の開花となった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/08 19:35
自宅のラン:石斛「紅鳳」
ちょっと考えがあって東京ドーム世界蘭展で苗を購入し室内で栽培していた「紅鳳」が開花した。どうも「都鳥」系の品種と鉄皮石斛系の品種とを交配して作出したものではないかと思う。花は小さく可愛らしい。香りはない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/02 14:44
自宅のラン:デンドロビウム・ダルホウノビルが開花
デンドロビウム・ダルホウノビル(Dendrobium Dalhou-Nobile)が開花した。開花までもってくるのに2年かかった。花は大きく直径6センチくらい。Den. pulchellum × Den. nobileという交配種で,1900年にWhiteという人がRHS登録をしているようだ。プライマリー交配種をちょっとだけ収集している。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/03/02 14:33
自宅のラン:デンドロビウム・アフィルムが開花
デンドロビウム・アフィルム(Dendrobium aphyllum)が開花した。寒くなってから鉢を室内にとりいれ,加温した部屋の出窓近くにぶら下げて栽培していた。昨年よりも早い開花となった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/28 09:55
オオシロショウジョウバカマが開花
オオシロショウジョウバカマ(Heloniopsis leucantha)が開花した。戸外の棚に鉢を置き,ビニールシートで囲っておいたのだが,昨年よりもかなり早い開花となった。寒いようでも暖かいのかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/28 09:51
庭の水仙の花
自宅の庭でスイセンの花が咲き始めた。古い時代に中国から渡来した植物の子孫だという。しかし,その原種は地中海〜トルコ〜アナトリアあたりにある。誰がはるばる運んできたのだろうか。いろいろと考えてきたのだが,スキタイ系の人々またはバクトリアのソグド人が長い時間をかけて日本までもってきたものだろうか? ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2016/02/26 08:35
カンアオイの一種(石川県産)が開花
カンアオイの一種(石川県産)が開花した。見れば見るほど考えてしまう・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/26 08:23
ホルコグロッスム・フラベスケンス
東京ドームの世界ラン展会場の販売ブースに出店している望月蘭園でホルコグロッスム・フラベスケンス(Holcoglossum flavescens)を買った。中国産の小さなランで,冬に凍結させなければどうにか育てることができるだろうと思う。開花中の株なので,記録のため花の写真を撮った。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/19 07:13
自宅のラン:デンドロビウム・サンライト(Dendrobium Sunlight)が開花
デンドロビウム・サンライト(Dendrobium Sunlight)の最初の花が開花した。苗を購入して育て始めてから2年かかった。昨年の夏の間にたっぷりと日照を与えたのがよかったのだろうと思う。遮光率は約50%。かなり寒くなってから鉢を室内にとりこみ,加温している室内の出窓近くで育てた。常温だと2か月くらい先に開花すると思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/16 14:20
旧正月の藤袴(Eupatorium fortunei)
旧正月は年によって異なる。グレゴリオ暦とは少し異なる計算方法によっているからだ。今年の旧正月(春節)は2月8日だった。そのちょっと前につくば植物園に出かけ,フジバカマ(Eupatorium fortunei)の様子をみてきた。芽も何も全く出ていない。これで正月に愛でる「蘭」がフジバカマではあり得ないことを確定することができた。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 6

2016/02/16 14:12
自宅のラン:デンドロビウム・ノビル‘バージナリス’が開花
デンドロビウム・ノビル‘バージナリス’(Dendrobium nobile 'Virginalis')が開花した。ノビル白花品の中でも最も有名な個体ではないかと思う。様々な石斛交配の親木とした用いられた個体の分け株ということで入手して数年。やっと綺麗に開花するまで育てることができた。高貴な香りがする。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/31 09:30
自宅のラン:メディオカルカ・デコラツム(Mediocalcar decoratum)が開花中
ちっこいランで,大丈夫かと心配しながらも,かれこれ何年か栽培を続けている。ぜんぜん肥料をやらないでいたら何となく小さくなってしまったので,植え替えしてちょっとだけマグアンプの小粒を入れておいたら復活し,また開花するようになった。ポリポットにミズゴケ植えで栽培している。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/30 20:05
自宅のラン:セロジネ・クリスタータ(Coelogyne cristata)が開花
小型タイプだというので松本洋ランから苗を購入して育てていたセロジネ・クリスタータ(Coelogyne cristata)が開花した。東京ドームの世界らん展などで展示されるものは大株で大輪もののが多い。私の家は狭いのでこじんまりとまとまるもののほうが助かる。加温した室内で育てている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/18 09:26
自宅のラン:ニラバラン(Microtis unifolia)
加温した室内の出窓に鉢を置いて育てているニラバラン(Microtis unifolia)がだいぶ伸びてきた。現在の草丈は一番高いもので約33センチ。特に手間がかからずに育てることができ,増えやすいランだと思う。姿は全く味気ないけれども,私の大好きなランの一つだ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2016/01/10 14:28
つくば植物園:梅の花
先日,つくば植物園で梅の花を見た。ウメは中国原産の植物で,日本には古い時代に中国から渡来した。つくば植物園とFlora of Chinaは「Armeniaca mume」との学名を用い,「Prunus mume」を異名(Synonym)としている。遺伝子的には杏子の変種または品種として統合されることになるのではないかと思われる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/08 10:25
謹賀新年
本年もよろしくお願い申し上げます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2016/01/01 04:04
つくば植物園:プテロスティリス・テヌイコーダ(Pterostylis tenuicauda)
先日,つくば植物園の温室で,プテロスティリス・テヌイコーダ(Pterostylis tenuicauda)の花を見た。ガラス戸越しでちょっと条件がよくなかったけれども写真を撮影。Taurantha tenuicaudaとする見解もあるけれども,現時点のKewの分類ではPterostylis tenuicaudaとなっている。葉の形状に特徴がある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/12/28 16:31
自宅のラン:プテロスティリス・コンシナが開花
プテロスティリス・ フルシラタ(Pterostylis ×furcillata)として苗を購入したところ,プテロスティリス・コンシナ(Pterostylis concinna)と判断するに至ったランが開花中だ。もともとの分類に問題があるかもしれないと思い始めている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2015/12/14 06:31
自宅のラン:石斛「孤峰」が開花
石斛「孤峰」が1輪開花している。どう見ても合成品なので,石斛として販売するのはやめたほうが良いと思う。「デンドロ交配」とすべきだろう。このような行為がどのような法律違反になるかについて研究した。近々にその結果を公表する。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/12/14 06:27
蓮の実(ヴェトナム土産)
先日,ヴェトナム出張から帰国したN氏からお土産に「蓮の実」の加工品を頂戴した。蓮の実を炒ったものだ。早速食べてみたところ,結構いける。味はトウモロコシに似ている。蓮と言えば,日本では地下部のレンコンくらいしか食用にしないけれども,蓮の実も観光土産品等の産品になるのではないだろうか? ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/11/11 09:15
つくば植物園:キクタニギク(アワコガネギク)
先日,つくば植物園でキクタニギクの花が咲いているのを見た。アワコガネギクともいう。在来種と帰化種とがあるとされている。私の考えでは,在来種とされているものは江戸時代ころに中国から輸入されたものの子孫と思われるので,1個体残らず全部帰化植物だと考えるのが正しい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/11 09:09
コハマギク(Chrysanthemum yezoense)
先日,つくば植物園でコハマギク(Chrysanthemum yezoense)の花が咲いているを見た。かれこれ10年以上観察を続けていることになる。どうも雑種起源ではないと思うようになってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/10 09:48
ササリンドウ(Gentiana scabra var.buergeri)
つくば植物園の温室でササリンドウ(Gentiana scabra var.buergeri)の花が咲いているのを見てきた。リンドウの仲間は漢方薬の「龍膽(竜胆)」の原料として古い時代に古代の中国から渡来し,寺社等で栽培されてきた園芸植物の子孫と推定される。私が『源氏物語』の「藤袴」にある「蘭」の候補として考え続けている植物の1つでもある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/08 16:50
秋風辭「蘭に秀あり」?
『中国名詩選(上)』(岩波文庫)の改訂版が出ていたので購入して読んだ。「秋風辭」という詩が収録されている(152頁)。その注釈(153頁)によると,「蘭」は「フジバカマの類」と書いてある。この詩の内容は,「草木黄落」つまり草木が枯れ果てた後の晩秋の頃に「蘭あり秀また菊あり芳」として蘭と菊を愛でるものだ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/11/08 16:36
ハマギク(Nipponanthemum nipponicum)
つくば植物園でハマギクが開花中だ。従来は「Chrysanthemum nipponicum (Franch. ex Maxim.) Franch. ex Matsum.」との学名が付されていたが,現在では「Nipponanthemum nipponicum (Franch. ex Maxim.) Kitam.」となっている。他の菊の花は,海浜性の種類を含め,まだまだ先だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/19 09:24
野の露にやつるる藤袴
雨上がりなので露に濡れた状態のこの時期のフジバカマ(Eupatorium fortunei)を見ることができるはずだと考え,つくば植物園に出かけてみた。その周囲は全く香らない。芳香とは完全に無縁の植物だ。乾燥して加工した葉でなければ香りが出ないのだろうと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/10/17 13:48
つくば植物園:生物のきずな展
ちょっと調べたいことがあって午前中につくば植物園に行ってきた。ちょうど今日から「生物のきずな展」というイベントもはじまっていたので,それも見てきた。多目的温室には本物のキノコがいっぱい展示してあった。とても面白い。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/17 12:07
アシタバの花
アシタバ(Angelica keiskei)の花が咲いている。発芽率がとてもよく,こぼれ種から庭のあちこちに生えてくる。これくらい繁殖力がよくないと野菜としては用いられない。園芸植物由来で,江戸時代に広範に栽培されたものが野生化し,現在では野生植物として誤認されている植物の一種なのではないかと思っている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/26 11:35
庭のシュウメイギク
雨ばかりで庭の手入れが全然できない日が続いている。今日は,曇りなので,仕事の合間にちょっとだけ草むりしりをした。シュウメイギクが咲いていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/26 11:31
フジバカマ(白花品)として入手した植物の花
フジバカマ(白花品)として入手した植物が開花した。白花でヒヨドリバナとほとんど同じ。香りはほとんどない。鋸歯の形状に相違があるので雑種だろうと推定されるけれども,広い意味ではフジバカマの範疇に入るだろう。この属の植物には雑種が極めて多く,しかも連続しているので識別できるのかどうかやや疑問。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/21 06:22
つくば植物園:ミズオアイ
つくば植物園でミズオアイ(Monochoria korsakowii)の花を見た。これは青花だと言える。とても美しい。雄蕊と雌蕊の形状は,何となくツユクサと似ている。『万葉集』にある「水葱」に該当する植物とされているのだが,再検討すべき余地がある。「葱」という以上,ある特徴を有するものでなければならない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/21 06:15
つくば植物園:フジバカマ(藤袴)の花
つくば植物園でフジバカマの花を見た。芳香が周囲に漂うことはないが,花に鼻を近づけて嗅ぐと,かすかに良い香りがする。『懐風藻』では春に開花して芳香を周囲に濃く漂わせる植物として「蘭」との表現を用いている。実物の藤袴を観察する限り、その「蘭」を藤袴とする解釈は物理的・客観的に成立不可能だと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/09/20 18:05
自宅のラン:プロステケア・マリエ(Prosthechea mariae)が開花
Prosthechea mariaeが開花した。望月蘭園で苗を購入して育て始めてから数年経つ。やっと開花するまで育てることができた。この蘭の分類はかなり混乱している。現在のKewとRHSの正式登録属名は「Prosthechea(プロステケア)」になっている。Euchile、Encyclia、Epidendrumは異名(Synonym)の扱い。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/09/15 06:13
自宅のラン:石斛「桃苑」が開花
「桃苑」が開花した。いっぱい咲いている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/13 09:49
自宅のラン:石斛「仙台黄花」が開花
「仙台黄花」が開花した。やや薄いけれども,一応クリーム色のような黄色花となった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/13 09:46
自宅のラン:石斛「ほうき星」が開花
「ほうき星」が開花した。普通の花になった。交配親の形質をよく出しているのではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/13 09:42
自宅のラン:オナガエビネ(Calanthe masuca)の花
ずっと長く雨模様が続き,台風もやってきた。仕事も忙しい。そういうわけでブログの更新が滞ってしまった。先週あたりからオナガエビネが開花し続けている。下の方から咲き始め上のほうへと順に咲く。元気な状態で維持できている。写真は先週撮影しておいたもの。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/13 09:24
掌葉半夏(Pinellia pedatisecta)
先日,つくば植物園の温室で,中国産の掌葉半夏(Pinellia pedatisecta)の花と果実を見た。中国名は「虎掌」というらしい。丈はカラスビシャクくらい。葉の形が全く異なるし,花が屈曲しないので,容易に識別することができる。面白い植物を見ることができた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/26 07:38
アデニア・グラウカ(Adenia glauca)の花
昨日,つくば植物園のサバンナ温室でアデニア・グラウカ(Adenia glauca)の花を見た。運が良かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/24 04:42
つくば植物園:水草展
つくば植物園で水草展を見てきた。今日が最終日だった。葉だけでも楽しめるのだが,水中で開花しているものもあり,とても勉強になった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/23 17:35
自宅のラン:長生蘭「墨獅子」(その後)
「墨獅子」は,一応順調に生育しているように思う。まだまだ改善すべき余地がたくさんあるけれども,どうにかこうにかいけそうだ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/08/22 15:33
自宅のラン:長生蘭「満月」 (その後)
「満月」は,ミスで新葉をちょっと折ってしまったけれども,全体としては一応順調で,それらしい感じになってきた。更に工夫を重ねようと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/08/22 15:22
自宅のラン:石斛「肥後昇龍」
「肥後昇龍」は,春に植え替えをした際に数株にバラバラになってしまった。ミズゴケの巻き方に問題があると判断し,改善したやり方で巻いて寄せ植えとした。その後,様子をみていたところ,調子ができてたようだ。かなり大きくなってきている。全体に頑健な感じになってきた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/21 14:33
自宅のラン:長生蘭「釈尊」(その後)
「釈尊」の栽培はうまくいっているのかそうでないのかよくわからないけれども,現状はこんな感じ・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/19 13:42
自宅のラン:石斛「緑雲」(その後)
「緑雲」は,何となくそれらしい感じになってきた。一応順調と言えるのではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/08/19 13:32
自宅のラン:石斛「弁慶丸」
「弁慶丸」はまあまあの状態。葉が一部傷んでしまったところがある。これは棚の構造上どうしても雨がかかってしまう場所に鉢を置いたために発生したものなので,現在では鉢の配置を変更して対処している。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/19 13:27
自宅のラン:石斛「万里紅覆輪」(その後)
「万里紅覆輪」の新木がだいぶ大きくなった。覆輪斑も明確に出ている。もっと力をつけて大株にしようと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/17 13:46
自宅のラン:長生蘭「青竜」 (その後)
「青竜」は,その後,少し暗んでしまったけれどもどうにか維持している。栽培が難しい。あれこれ工夫しながら観察継続。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/17 13:42
自宅のラン:長生蘭「白陵(白綾)」からの芽がわり(その後)
「白陵(白綾)」からの芽がわり株は,一応飴矢状態になったと言えるのではないかと思うのだが,固定しているかどうかはまだ微妙。更に観察継続。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/17 12:48
自宅のラン:石斛「尾呂志」(その後)
「尾呂志」は,その後新木が何本か出てきて葉を展開し,それらしい形になってきた。まあまあというところではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/17 12:37
自宅のラン:長生蘭「幽天」(更にその後)
「幽天」はそれなりに新木が出てきて伸びている。一応,これまでと同じくらいの丈にはなりそうな感じになってきた。引き続き観察継続。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/16 16:29
自宅のラン:長生蘭「篠笛」(その後)
「篠笛」には新木が何本か出てきて元気に葉を展開している。例年,ここまでは良いのだが,そのあとで虫害が発生して葉がダメになってしまいやすい。今年は防虫に特に気をつけて栽培を継続している。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/15 13:19
自宅のラン:長生蘭「仁王丸」 (その後)
「仁王丸」の葉の表面に鉤状の小さなコンペ様突起が多数出てきた。これで本芸なのだろうか? ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/15 13:08
自宅のラン:石斛「帝錦」(その後)
「帝錦」には新木が何本か生えてきて,それなりのかたちになってきた。根の調子は良いように見えるけれども,まだまだ改善の余地がある。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/08/15 13:03
自宅のラン:石斛「鷲」(その後)
「鷲」の新木が大きくなり,新葉がどんどん伸びている。昨年よりも大きな葉になっており,新しい葉は曙斑のようになっている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/14 05:47
自宅のラン:長生蘭「黒龍牡丹」(別株)
「黒龍牡丹」を複数栽培している。その中には昨年M氏からありがたく頂戴した「黒龍牡丹」もある。昨年は,栽培環境と栽培方法が変わってしまったせいかちょっと調子が出なかった。我慢して工夫しながら栽培を継続していたところ,今年は元気な新木が出てきて,それなりの葉芸を示すようになってきた。更に一工夫。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/13 15:52
自宅のラン:長生蘭「春日丸」(更にその後)
「春日丸」は概ね順調だ。しかし,油断するとすぐに作落ちしてしまうので気を抜くことができない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/13 10:00
自宅のラン:長生蘭「黄金丸」
「黄金丸」は,昨年よりは少し黄色い葉になってきた。更に工夫して,それらしい姿に仕立てたいと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/12 13:24
自宅のラン:石斛「紀州空海」(その後)
「紀州空海」は,その後,新木が出てきてそれらしい形になってきた。どうにかいけそうだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/12 13:19
自宅のラン:長生蘭「金龍深覆輪」
「金龍深覆輪」は一時調子を落としてしまったけれども,どうにか回復させることができた。今年は元気に葉が展開している。ただ,以前よりも少し短くなってしまったような感じがする。更に観察継続。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/12 13:08
自宅のラン:長生蘭「天玉星」
「天玉星」の新木の本数は少なかった。しかし,これまでで一番元気かもしれない。コンペもたくさん出ている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/10 19:27
自宅のラン:長生蘭「黒牡丹」(光珠園株)
「黒牡丹」(光珠園株) は,昨年,ちょっと作落ちさせてしまった。更に,冬場に棚が一部壊れてひどいことになってしまった。今年の春になってから作場を修理し,回復させるために様々な工夫をした結果,どうにか持ち直してくれたように見える。緑屋さんから頂戴した株とはやはり少し違うように思う。更に観察継続。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/10 10:27
自宅のラン:石斛「紅鯱」 (その後)
「紅鯱」は,ちょっとずつ,それらしい形になってきた。もうちょっと栽培方法を工夫すると,更に良い仕上がりになるのではないかという予測みたいなものが頭の中に浮かんできている。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/08/10 10:16
自宅のラン:松島石斛(緑花品)として入手したラン(その後)
松島石斛(緑花品)として入手したランは,今年は少し肥料をやってみた。元気に成長しており,少し大きくなった。肥料としては,マグアンプの中粒を鉢の縁に数個挿しこんであるだけ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/10 07:37
自宅のラン:長生蘭「白雲龍」(その後)
M氏の奥様からありがたく頂戴して育てている「白雲龍」は,その後も順調で,この調子を維持できれば全体として良い感じにまとまってくれそうだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/09 21:17
自宅のラン:マキシラリア・グラキリス(Maxillaria gracilis)
マキシラリア・グラキリス(Maxillaria gracilis)は,今年も花を咲かせてくれた。6個ほど開花し,現在,最後の1花が残っている。小さな花だが,それらしい雰囲気がある。大型のマキシラリアは,手に負えないほど大きくなり,随分と増えてしまったので,洋ラン店に全部譲ってしまった。現在あるのは小型種のみ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/08/08 18:40
自宅のラン:石斛「美濃の華」(その後)
「美濃の華」は,その後,順調に生育している。どうにかまともに栽培できるようになってきた。結構難しい・・・ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/08/08 18:32
自宅のラン:カトレア・ブラジリアンルビー(Cattleya Brazilian Ruby)
カトレア・ブラジリアンルビー(Cattleya Brazilian Ruby)が開花した。加温した室内で冬越しさせている。温室なしでも育てられるカトレア品種なので,とても助かる。それにしても暑い・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/07 12:34
南京豆(ピーナツ)の花
庭の畑の部分に植えてある南京豆(Arachis hypogaea)に黄色の花が咲いている。南京豆は,江戸時代ころに中国から渡来した園芸植物とされており,異論はないと考えられる。南京との交易船に揺られて種子がやってきたものなのだろう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/08/06 12:36
自宅のラン:長生蘭「於多賀丸」の蕾
ずっと室内栽培でやってきた「於多賀丸」を昨年の晩秋に外に出し,外の棚で冬越しさせてみた。少し傷んだけれどもどうにか越冬に成功。今年は開花しないのかと思っていたら,今頃になって蕾がつき,膨らんできた。こういう品種なのかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/08/06 12:27
自宅のラン:長生蘭「雪狂獅子」(その後)
「雪狂獅子」は,一応順調と言えるのではないかと思う。高芽が何個かついたが,大きくなったので矢(茎)から外して鉢の縁に挿しておいた。何本かは大きく育つだろうと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/08/06 12:16
ナスの花
庭の一部が小さな畑になっている。ナスやトマトなどを栽培している。ナス(Solanum melongena)は丈夫な植物で次々と花を咲かせている。インド原産で中国経由で渡来した植物とされ,奈良時代当時から栽培されていたとの記録がある(長屋王木簡など)。漢〜三国時代のころに古代の中国から直接に渡来したものだろう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/03 20:24
自宅のラン:長生蘭「紅翠」(その後)
「紅翠」の斑は,全部白くなった。とても美しい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/30 21:25
自宅のラン:長生蘭「黒牡丹」 (その後)
緑屋さんからありがたく頂戴して育てている「黒牡丹」は,今年はとても調子が良い。新木も増え,綺麗に葉が展開している。深い緑色が美しい。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2015/07/29 09:43
自宅のラン:長生蘭「青海丸」 (その後)
「青海丸」には幾つかのタイプがある。実生兄弟が同じ「青海丸」という名で流通しているようだ。私の棚でも3つのタイプのものを栽培している。茎が長くなるタイプのものが形としては一番好きだ。やや小型のタイプのものは一番元気が良い。緑屋さんからありがたく頂戴した小型のタイプのものが一番の上芸品かもしれない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/29 09:39
今宵の月
ベランダで夕涼みをしていたら,蝙蝠が何匹も通過していった。食事の時間らしい。たぶんアブラコウモリだろうと思う。特に意味があるわけではないけれど,たまにはこういうのも良いだろうと思って月の写真を撮った。小さなコンパクトデジカメなのでこれが限界。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/28 19:27
自宅のラン:石斛「宝来山覆輪」(その後)
「宝来山覆輪」は,その後も順調に生育している。葉の斑の具合が何となく面白くなってきた。何となく「銀龍」に似ているところもある。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 6

2015/07/28 10:44
自宅のラン:石斛「雪茜」(その後)
「雪茜」は,その後新木が何本か出てきた。どうにかこうにか見られる状態になった。小さな虫がつきやすいので,できるだけよく見るようにしながら栽培している。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/07/27 14:16
自宅のラン:石斛「雪彦」
H氏からありがたく頂戴して育てている「雪彦(せっぴこ)」の今年の新木はとても元気で大きく育っている。一番下の葉が何となくスプーン状の羅紗葉のような感じになってきた。非常に興味深い。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/07/27 07:31
自宅のラン:長生蘭「かぐや姫」(その後)
「かぐや姫」は今年の新木がだいたい出そろったようだ。丈も揃ってきた。来年にはもっと綺麗になるように更に工夫して栽培しようと思う。それにしても暑い・・・ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/07/26 14:11
自宅のラン:石斛「天司丸」(その後)
「天司丸」は,その後,新木が順調に生育して,それなりの形になってきた。まだまだ改善の余地があるが,今年は一応無難に栽培できそうだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/24 08:49
自宅のラン:石斛「金玉星」 のコンペ葉
「金玉星」にコンペ葉が多くなってきた。とても面白い。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/07/24 08:44
自宅のラン:長生蘭「島千鳥」
「島千鳥」は昨年並みという感じ。まだまだ改善の余地がある。7月の繁忙期を乗り切れば,少しは手入れをすることができるのではないかと期待している。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/21 08:17
自宅のラン:長生蘭「於多賀金剛」 (その後)
「於多賀金剛」は,その後も順調に生育している。自分的には一応満足すべき大きさになったと思う。葉の管理にはまだまだ課題が多い。栽培環境上の要素が多く他の場所での栽培上のノウハウは意味をもたないので,自分なりに試行錯誤を繰り返すしかない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/21 08:13
自宅のラン:長生蘭「墨流」
「墨流」を2年連続で外の棚で越冬させてみた。新木が出てきて良い状態を維持している。大株にできるのではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/19 10:28
自宅のラン:広東石斛(Dendrobium wilsonii)がまた開花
6月に開花した後,外の日蔭に鉢を吊るしておいた広東石斛(Dendrobium wilsonii)がまた開花した。花は大きく直径約6センチほどある。花の香りは微香で,ほのかに草系の香りがする。小さな新芽が更に1本出てきた。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/07/19 10:23
自宅のラン:長生蘭「高千穂」(その後)
「高千穂」に出た白い斑入りの新木が成長して更に葉をつけたのだが,どの葉にも白い斑が入っている。非常に面白い。緑屋さんのご意見では「高千穂」が変化するとどんどんつくりにくくなるというので,株分けしないでそのまま育ててみている。さて,どうなることやら・・・ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/07/18 08:46
自宅のラン:石斛「霊砲」(その後)
「霊砲」は,その後,順調に育っている。全体にそれらしい感じになってきた。1枚だけ白い斑が入ったような葉になった。一時的なものだろうと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/07/18 08:28
自宅のラン:長生蘭「昭代」(ヨネヤマ株・その後)
「昭代」(ヨネヤマ株)が順調に生育し,それらしい感じになってきた。写真は2日前に撮影したもの。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/16 21:40
ムラサキモメンヅル(Astragalus laxmannii)
ムラサキモメンヅル(Astragalus laxmannii)が開花した。例年通りの時期の開花となった。何年かかけて栽培・観察を継続し,その間に様々な文献を読み漁ってきた。おそらく,古代または江戸時代に中国から移入された有用植物(薬用植物・本草)の子孫なのだろうと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/14 09:19
自宅のラン:石斛「多摩」の花(兜咲き)
「多摩」は,やはり兜咲きのような花として開花した。ほぼ100パーセント確実に兜咲の石斛品種と斑入りノビル系の品種の人工交配品だと思う。遺伝子的には,Dendrobium lamellatumによる影響が強いのではないかと思う。実生をとって扁平茎に戻るかどうか確かめたくなってきた(笑) ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/07/14 09:13
自宅のラン:長生蘭「武蔵雷竜」
昨年,「武蔵雷竜」には虫がいっぱいついて葉がひどく傷んでしまった。栽培方法を変更し,様子をみていたところ,どうにか持ち直し,新木が出ている。葉がくしゃくしゃしていて育てにくいけれども,がんばっている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/13 23:02
自宅のラン:長生蘭「天宮殿」(その後)
「天宮殿」の葉は,更に派手になってきた。ただ,矢が飴矢にならない感じになってきたので,どうも「月宮殿」なのではないかというような感じもする。「大江丸」の変わりは変化しやすく,しかも,芸が落ちるのは容易だけれども芸が上がるのは困難という非常に困った品種だ。しかし,どうにか飴矢固定までもっていきたい。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/07/12 20:11
自宅のラン:長生蘭「二条公」が中斑に変化中?
「二条公」は数株栽培しているのだが,その中で有限会社石井から購入した株に変化が現れている。どうも中斑または縞斑になりつつあるのではないかと思う。固定するのか一時的なものなのかはわからない。しばらく観察継続。高芽が出たので外して鉢の縁に挿しておいた。こちらも変化があるように思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/12 19:57
自宅のラン:石斛「多摩」にまた蕾がついた
「多摩」にまた蕾がついた。現時点での形は兜咲品種の蕾に似ており,どうやらこのまま開花してしまいそうだ。あくまでも想像に過ぎないが,兜咲品種とノビル系品種との交配品なのではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/07/12 14:11
キキョウが開花
キキョウ(Platycodon grandiflorus)が開花した。生薬として古代の中国から渡来したのがはじまりの帰化植物に間違いない。秋の七草に入れられることもあるけれども,旧暦によっても夏に開花する植物で,秋の草ではない。古典解釈論の中にはかなり多数の誤りがあり,客観的なデータに基づく全面的な見直しが求められている。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2015/07/11 12:23
自宅のラン:長生蘭「壷天錦」 (その後)
春に開花した「壺天錦」には,新木が何本か出て葉を展開している。なかなか面白い。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/11 12:18
自宅のラン:富貴蘭「猩猩」が開花
「猩猩」が開花した。花茎と花柄の紅色は強く美しい。萼片と距にもやや紅色が出ている。香りはほとんど無香なのだが,鼻を近づけてみると,何となく微妙な草系のような香りがちょっとだけある。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 8

2015/07/10 11:57
自宅のラン:長生蘭「春日丸」 (その後)
「春日丸」は,昨年よりも少し大きく育っている・・・というよりも若干間延びしたような感じになっている。羅紗葉は維持しているのだが,少し辛く育てようかと若干思案中。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/07/10 11:51
自宅のラン:長生蘭「白雲龍」 (M氏の奥様株)
M氏の奥様からありがたく頂戴して育てている「白雲龍」には数本の新木が出て元気に成長している。曇りや雨の日が多いので葉の具合がイマイチだけれども,まあどうにかなるだろう。白い斑が深く入り始めている。この株は,たぶん,堀内氏のところから出たものではないかと思っている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/10 11:28
自宅のラン:石斛「熊獅子」
今日も曇りでときどき雨が降っている。ちょっと忙しいのだけれども,栽培中の植物の写真を数枚撮った。「熊獅子」は,新木が伸びて葉を展開している。天候不順のためか葉はイマイチだが矢(茎)は去年よりも感じが良い。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/09 12:31
自宅のラン:富貴蘭「桂月」が開花
「桂月」が開花した。蕾がたくさんついていたのだけれども,カタカイガラムシの類がつき,駆除が手遅れでしけてしまった。どうにか1花が咲き,蕾が2個残っている。香りはほとんどない。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/07/08 10:52
自宅のラン:ムカゴソウ(Herminium lanceum)が開花
やっと少し晴れてきた。ちょっとだけ棚の手入れをしていたら,ムカゴソウ(Herminium lanceum)が開花しているのに気づいた。普通の人にはネコジャラシか何かのようにしか見えないかもしれないが,これでもれっきとしたランで,私の大好きな植物の一つ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/07/08 10:45
自宅のラン:富貴蘭「翡翠」が開花
「翡翠」が開花した。緑花でとても美しい。私の好きな品種の一つ。この品種とのおつきあいも随分と長いものになってきた。増えた分を欲しい人に分譲したのだが,その後,また少し増えてきた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/07/07 10:05
雨の中のグラジオラス
雨の日が続いている。何となく,庭で栽培している山野草の中には調子がイマイチのものもある。だが,雨が降ってどんどん伸びてきているものもある。今朝も雨なのだが,グラジオラスの花が綺麗に咲いていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/06 07:45
自宅のラン:富貴蘭「雲海」
先日,M氏の奥様から「雲海」を頂戴した。良い品種だと思う。大事に育てようと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/05 08:40
自宅のラン:キバナノセッコク(素心×準素心)として入手した蘭が開花
キバナノセッコク(素心×準素心)として入手した蘭が開花した。全体に大きく,葉は厚手で丸葉様の長楕円形,矢(茎)の節は太くやや俵状。非常に興味深い。花の特徴などから,中国産の鉄皮石斛(Den. officinale)をベースとする交配品種だと思う。100パーセント間違いない。親株が交配実生品だったのだろう。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/07/04 09:02
自宅のラン:石斛「おたまじゃくし」
先日,緑屋さんから「おたまじゃくし」をありがたく頂戴した。非常に面白い品種。しかし,ほとんど流通していない。交配品のような感じもするけれども,何となく,江戸時代以降に山まきした石斛の実生の子孫なのではないかというような感じもする。とにかく作落ちしないように気をつけながら研究を進めてみたい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/07/04 08:51
自宅のラン:キロスキスタ・パリシイとして入手した蘭が満開
キロスキスタ・パリシイ(Chiloschista parishii)として入手した蘭が2週間以上の時間をかけて満開となった。そんなに大きな蘭ではないが,これはこれで結構美しい。葉がないのによくこれだけ多数の花を咲かせるものだと感心してしまう。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2015/07/03 17:59
自宅のラン:長生蘭「翠宝」 の新葉
苗を購入して以来ずっと室内で栽培してきた「翠宝」を外の棚で越冬させてみたところ,残念ながら,葉が落ちてしまった。亜熱帯系のデンドロビウムの交配品なのだろうと思う。その後,新芽が出て成長し,元気に新葉を展開している。今年は,ちょっとつくり方を変えて栽培している。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/03 17:53
自宅のラン:富貴蘭「大鷹丸」が開花
出張を終えて帰宅してみると,「大鷹丸」が開花していた。昼間なのだが,ラベンダーとヒアシンスの中間のような良い香りが漂っている。このランは,O氏からありがたく頂戴して育てているものだ。実生品だろうという説明を受けている。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/07/03 12:31
自宅のラン:石斛「京北の華」が開花
今年は花が咲かないのだろうと思っていた「京北の華」が今ごろになって開花した。大型の石斛で,花も大きい。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/07/02 07:19
自宅のラン:石斛「龍宮」の新葉
「龍宮」に新芽が出て新葉が展開中。一応順調なのではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/07/02 07:13
自宅のラン:庭木につけて栽培しているフウランが開花
庭木につけて栽培しているフウランが開花しはじめた。明後日あたりに満開になるのではないだろうか。今日から出張なので,出張を終えてから香りを楽しむことにしよう。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2015/07/02 07:09
自宅のラン:キバナノセッコク(土佐産)が開花
キバナノセッコクを結構多数栽培している。産地によって異なる学名がつけられていたが,現在のKewの分類では全てDendrobium catenatumとして統一的に扱われている。土佐産とされる石斛も何株か育てている。いずれも蕾が膨らみ,咲きだした。しばらくの間はキバナノセッコクの花盛りという感じ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/07/01 07:46
自宅のラン:鉄皮石斛(Dendrobium officinale)が開花
鉄皮石斛(Dendrobium officinale)が開花した。蕊柱の頂点にあるキャップの形状の特徴に注目している。とても面白い。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2015/06/30 11:28
自宅のラン:長生蘭「勝山覆輪」の新葉
「勝山覆輪」に新芽が出て成長し,新葉が展開中。天候不順のせいかどうか,何となく冴えはイマイチ。遮光のための細工を調製して日照量を微妙に変化させながら様子をみている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/30 10:23
自宅のラン:デンドロビウム・オリゴフィルムが開花中
しばらく前からデンドロビウム・オリゴフィルム(Dendrobium oligophyllum)が開花し続けている。昨年株分けして分譲した残りなのだが,あっという間にまた増えてしまった。条件がよければ年中開花させることが可能なような感じがする。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/06/30 10:17
自宅のラン:富貴蘭「紀の白波」 が開花
「紀の白波」 が開花した。六弁花で距がなく,奇花品種の一つ。これまで観察してきた結果としては,たぶん交配品からの実生選抜品種だろうと思う。なかなか面白い花で気に入っている。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/06/29 08:54
自宅のラン:長生蘭「真金剛曙」の新葉
「真金剛曙」の新葉が展開中。ただ,このところの日照不足のせいかどうか,どうも斑がイマイチ・・・という感じがする。鉢を置く場所は悪くないはずなのだが,お天道さまのことだけはどうにもならない。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/06/28 21:37
自宅のラン:イセ(その後)
イセの新木がどんどん大きくなっている。苗はそんなに大きなものではなかったが,どうも大型に成長しそうな気配がある。矢(茎)の形状が特徴的で,注意しながら観察を継続中。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/27 12:06
自宅のラン:長生丸「大江丸」〜「千里丸」の変わり
「大江丸」から「千里丸」に変化したと思われる個体の新葉が展開中。いろいろと工夫しながらやっているのだけれど,期待したほど大きな変化はない。ただ,今年の新葉は例年よりも元気が良いので,今後を楽しみにしながらのんびりとやろうと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/27 11:54
自宅のラン:長生蘭「細鉾丸」 の新葉
「細鉾丸」は,新木が伸び新葉が展開中。1本だけ甲竜芸の出ないものもあるが,他の新木の新葉には全部甲竜芸が出ている。いつ見ても面白い品種だと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/06/27 11:39
自宅のラン:長生蘭「金龍」(ヨネヤマ株)(その後)
「金龍」(ヨネヤマ株)からは元気な新木が出てきてどんどん成長している。少し大きくなるかもしれない。小さく育てるべきかどうかちょっと思案中・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/26 13:30
自宅のラン:デンドロビウム・ビフルカツム(Den. bifurcatum)が開花
デンドロビウム・ビフルカツム(Den. bifurcatum)が開花した。よく似た花を咲かせるランが何種類かあるけれども,蕊柱の頂点のところにある赤い部分の形状が基本的に異なるので見分けることができる。かつてはキバナノセッコクと混同されたこともあるとかないとか・・・ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/06/26 13:26
オクラの花
自宅の庭の半分くらいは妻の聖域で,要するに畑にしてある。できればその場所も蘭の栽培場所にしたいところなのだが,手出しできない(笑)。それはさておき,オクラ(Abelmoschus esculentus)の花が咲き始めた。ハイビスカスの花とよく似ている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/26 13:17
シイノミカンアオイ(素心)が開花
シイノミカンアオイ(素心)が開花した。なかなかうまくいかなかったのだけれど,ようやく栽培に適した場所をみつけることができた。更に工夫を重ねながら栽培を継続しようと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/25 11:24
自宅のラン:石斛「阿波の華」 の新葉
「阿波の華」 は,新木が伸び,新葉が展開中。とても綺麗だ。良い品種だと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2015/06/25 11:18
自宅のラン:石斛「土佐錦」の新葉
昨年,「土佐錦」は葉が少し傷んでしまった。原因が判明したので問題点を解決して栽培環境を改善し,今年はよりよい仕上がりをめざしてがんばっている。新葉が出てきて展開中。とても綺麗。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/06/24 08:24
自宅のラン:長生蘭「瑞晃」の新葉(その後)
「瑞晃」の新木が順調に生育中。新葉は曙斑のような感じになっている。毎日,微妙に変化し,これはこれで結構楽しめる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/06/24 08:15
自宅のラン:石斛「鎌瀧千鳥」
「鎌瀧千鳥」がやっと安定してきた。今年は良い状態に生育するのではないかと期待している。全体にごっつい感じでとても良い。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/22 08:43
自宅のラン:石斛「紅鯱」
「紅鯱」の昨年のできはあまりよくなかった。栽培方法を変更し,いろいろと工夫しながら越冬。今年の新葉はそれらしい感じになっており,期待できそうだと思っている。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/06/21 13:06
自宅のラン:スズチドリ「湘南」
つい最近,K氏からスズチドリ「湘南」をありがたく頂戴した。既に蕾がついている状態で頂戴したので私が育てたことにはならないのだが,その「湘南」が開花した。スズチドリは,ウチョウラン(Ponerorchis graminifolia)とヒナチドリ(Ponerorchis chidori)の人工交配種で,鈴木吉五郎によりRHS登録されている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/21 12:53
自宅のラン:長生蘭「紅木田」の新葉
「紅木田」は,株が大きくなったので割って寄せ植えにしておいた。一時ちょっと調子を落としたような感じになったけれども,元気に新木が出てきている。この新葉が私の趣味にぴったりで,とても好きな品種の一つ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/06/21 12:42
自宅のラン:「高知産茜」として入手した石斛の新葉
「高知産茜」として入手した石斛はどうにか葉を落とさないで越冬させることができた。新芽が伸び新葉が展開している。美しいと言えると思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/20 16:01
自宅のラン:富貴蘭「佐須丸」が開花
「佐須丸」が開花した。もう夕方なのでバニラのような甘い香りを漂わせ始めている。良い香りだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/20 15:56
自宅のラン:ダルマエビネが開花
ダルマエビネ(Calanthe alismifolia)が開花した。冬の間は,鉢を室内に取り込み,凍らないように保護した。常緑性の海老根とされているけれども,寒いと葉を落とし,作落ちしてしまう。温室で栽培すればかなり大きくなるのではないかと思う。保温設備のない人にはあまりお勧めできない。個人的には好きな海老根の一種。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/19 10:42
自宅のラン:「葛龍(大和守)」
「葛龍」の栽培にはかなり手こずったけれども,やっと要領を会得してきた。今年は少しはまともに仕立てることができそうだ。「葛龍」は「大和守」との名でも流通している。一連の狂い芸品種の実生兄弟のようなもの(またはその山まき品)だろうと推定している。自然界では生きていくことが困難または不可能な生態を有する品種だ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/06/19 10:30
自宅のラン:デンドロビウム・ビフルカツム(Den. bifurcatum)の蕾
デンドロビウム・ビフルカツム(Den. bifurcatum)の蕾が膨らんでいた。昨年もこの時期に開花した。キバナノセッコクの開花時期とほぼ同じ。桃色花系のイセまたはイセ系品種,桃色花のキバナノセッコク交配品として流通している品種の多くが,実際にはデンドロビウム・ビフルカツム(Den. bifurcatum)の交配品だと推定できる。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 5

2015/06/19 10:21
自宅のラン:長生蘭「白陵(白綾)」からの芽がわり
「白陵(白綾)」からの芽がわりがどうにか固定してくれそうな気配になってくれた。矢(茎)の状態からすると,少なくとも1本は「天女冠」になっているように思う。引き続き観察継続。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 6

2015/06/18 21:21
自宅のラン:長生蘭「牡丹獅子」
「牡丹獅子」に新芽が出て新葉が展開してきている。今年も期待できそうだ。まだまだ改善の余地があるので,いろいろと工夫しながら栽培継続。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/06/18 20:56
自宅のラン:石斛「宝来山覆輪」 の新葉(その後)
「宝来山覆輪」が順調に生育し,葉が展開してきている。明瞭な白覆輪でやや深く入りそうな気配がある。美しい覆輪だと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/06/17 23:45
自宅のラン:富貴蘭「佐須丸」の蕾
「佐須丸」にはいっぱい蕾がついた。このあと虫がやってきて食われてしまうようなことがなければ,かなり豪華に開花してくれるのではないかと期待している。かなりへたくそだけれども,どうにかこうにか大株のままで維持している。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/06/17 23:39
自宅のラン:石斛「但馬金剛」 の新葉
「但馬金剛」 は新芽が伸びて新葉を展開中。昨年よりはよい仕上がりになりそうな感じがする。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/16 10:33
自宅のラン:長生蘭「天宮殿」
「天宮殿」の新葉が展開してきた。「大江丸」とのその派生品は好きなタイプの長生蘭なので,結構多くの鉢で栽培している。その中で昨年M氏から頂戴したものが一番それらしいような感じになっている。しかし,まだまだだ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2015/06/16 10:27
自宅のラン:小白及「四川赤」として購入したアマナシランが開花
小白及「四川赤」として購入したアマナシランが開花した。どう見てもアマナシラン(Bletilla formosana × striata)だ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/06/16 10:13
自宅のラン:長生蘭「大同白縞」が「朝日鶴」に変化?
「大同白縞」(ヨネヤマ株)の葉が白中斑で固定したような感じになり,矢(茎)が飴矢になった。一時的なものではなく,これで固定したように見えるので,たぶん「朝日鶴」に変化したのだろうと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/15 10:02
自宅のラン:長生蘭「銀龍」
「銀龍」は,販売会などで見つけて気になる個体だと買うようにしている。とにかく安い。以前,少し傷んだ「銀龍」をみつけて購入した。無料同然の安さだった。しばらく養生しながら様子を見ていたのだが,どうにか元気を回復してきたようだ。今年は立派な葉が出てきている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/15 09:36
自宅のラン:石斛「万里紅覆輪」の新葉
「万里紅覆輪」には少し肥料をやってみた。どんどん成長している。葉はこれまでで最も長く,幅広かつ肉厚になった。まるで「金龍」の葉のようだ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/06/15 09:26
自宅のラン:キバナカキラン(青軸)が開花
青軸品のキバナカキランが開花した。小さいけれど,とても綺麗。よい蘭だと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2015/06/15 09:21
自宅のラン:石斛「三冠王」の新葉
「三冠王」の新葉が展開してきている。美しい白中斑だ。ところで,「三冠王」は石斛「白露」とキバナノセッコクとの間の交配種だとされている。「白露」も栽培している。元気に育っており,綺麗に白覆輪が出てきている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2015/06/14 22:12
自宅のラン:長生蘭「黒龍牡丹」の新葉
「黒龍牡丹」に新芽が出て成長中。新葉が綺麗だ。一応,順調と言えるのではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/13 12:58
自宅のラン:長生蘭「紅翠」 の新葉(その後)
「紅翠」 の新葉が更に美しくなった。こういうものも実際に栽培してみないと味わうことができない。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2015/06/13 12:35
自宅のラン:長生蘭「釈尊」の新葉
「釈尊」に新芽が出て成長中。新葉も感じが良い。しかし,これまでの経験によると,このあと葉が伸びてしまったり,あるいは良い状態でくしゃくしゃのまま成長しても隙間に小さな害虫がもぐりこんだり・・・とにかくうまくいかない。無農薬栽培でちゃんと仕立てようとすると難物中の難物の一つかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2015/06/12 10:40
自宅のラン:唐石斛(Dendrobium plicatile)
唐石斛(Dendrobium plicatile (Syn.Flickingeria fimbriata))の花は,一日花で,空中湿度の高い日に開花する。今日は雨なのでちょうど開花に適しているのだろう。今朝,開花していた。加温した室内とはいえ温室でないところで栽培している。どうにか栽培可能なようだ。しかし,花つきをよくするには温室で栽培しないとダメかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/06/12 10:34
自宅のラン:長生蘭「青竜」
「青龍」は,2株育てている。どちらも有限会社石井から購入したものなので,同じものの実生兄弟ではないかと思うのだが,それぞれ個性があるように感ずる。しかし,つくりによるものかもしれない。昨年購入した株ではなく以前から栽培している株にも斑が入ってきた。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2015/06/12 10:19
自宅のラン:広東石斛(Dendrobium wilsonii)の花(その後)
広東石斛(Dendrobium wilsonii)の花は結構長く咲き続ける。ここらへんのところは,何となく高貴石斛(Den. nobile)的だ。よい品種だと思う。その花がそろそろ終わりになってきた。唇弁の斑紋が緑色から黄色に変化し,その中にやや緑色の一対の斑紋が残っている。交配親を推測させ得るものだと考えている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/12 10:09
自宅のラン:長生蘭「雅宝丸」の新葉
「雅宝丸」に新芽が出て成長中。新葉はとても綺麗な曙斑になっている。以前がひどすぎたせいもあるけれども,それと比較すると,ちょっとずつ作があがってきたような感じがする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/12 10:02
自宅のラン:石斛「玉獅子」 の新葉
「玉獅子」は,白いコナカイガラムシの類がつきやすく,苦戦の連続だったのだけれども,どうにかこうにか維持している。新芽は元気そうなので,更に栽培方法を改善しながらよりよい株に仕上げようと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/11 10:42
ササグモ
栽培棚の遮光ネットの上にササグモがいるのを見つけた。何か捕食できる小さなハエか何かを待っているのだろう。庭には結構多くの種類のクモがいるので,観察したいのだけれども,なかなか時間をとるのが難しく,こういう機会に写真を撮影するのがせいぜいになってしまった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/11 10:36
自宅のラン:長生蘭「黄牡丹」
昨年購入した「黄牡丹」なのだが,つくり方を間違ってしまったらしく少し痩せてしまった。虫害の影響も大きい。しかし,元気な新葉が出ているので,今年は,栽培方法を根本的に変えてやってみることにした。現在のところ順調なので,数年かけて修正すれば良い株になるのではないかと期待している。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/11 10:13
自宅のラン:長生蘭「墨獅子」 の新葉
「墨獅子」に新芽が出て新葉が展開してきている。冬の間に昨年の葉が落ちてしまった。なかなか難しい。栽培方法を少し変えて更に研究中。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/06/10 10:07
自宅のラン:キバナカキランが開花し始め
キバナカキラン(Epipactis thunbergii flava)として入手し育ててきたランが開花した。素心のものはまだ蕾状態で,あと数日かかるのではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/10 09:58
自宅のラン:石斛「美濃の華」
「美濃の華」は葉がくしゃくしゃしており,その隙間に白いコナカイガラムシの類が入りこんで害するので,栽培に苦労する。私の場合,無農薬栽培なので被害は深刻。水洗い励行で対処し,どうにか維持している。自然界においてこのようなタイプの石斛が自生することは困難なのではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/06/09 08:48
ホタルブクロ(赤)
庭にはホタルブクロが多数生えているのでかなり処分したのだけれど,少しだけ残した。目下,満開中で,いろんな色の花が咲いている。交配品の種子が近所からやってきて根付き,その実生から様々なタイプのものが出てきているのだろうと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/09 08:42
自宅のラン:「白陵」として栽培されてきたとされる石斛
「白陵」として栽培されてきたとされる石斛をどうにかこうにか維持している。少し増えたように思う。栽培方法を更に改善したい。それにしても,古くからの伝承品かもしれない品種に限って,冬場に葉が落ちない。面白い現象だと思っている。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/06/09 08:38
自宅のラン:長生蘭「鳳凰」の花
あまり調子が良くないけれども「鳳凰」を栽培している。なかなか難しい品種のように思う。栽培方法がよくないと判断し,抜本的に変更することにした。今年は良い結果が出ることを期待している。春先に花が咲き,また開花した。カシオープ(Den. Cassiope)の派生交配品ではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/09 08:33
自宅のラン:岐阜県産として入手した石斛
なかなか気難しくて栽培が難しく,ちょっとカビがつきやすいように思うけれども,どうにか頑張っている。自生地ではそういうことがないのだろうから,地域によるカビ等の遺伝子の相違(地域変異)による影響かもしれない。それぞれの地域においてそれぞれ適応した株が生きている以上,そういうことが当然起きる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/09 08:24
自宅のラン:石斛「黄鶴殿」
「黄鶴殿」は,どうにか葉を落とさないで越冬させることができた。新葉が展開してきている。茶色いカタカイガラムシの類がつきやすく,みつけ次第駆除しているのだけれど,これまた結構大変・・・ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/06/08 08:34
エゾナミキ
エゾナミキを栽培し始めてから何年かになる。鉢植えで栽培している。だいぶ成長してきているのだが,別の鉢に種子が飛び込んで発芽・成長した個体が最初に開花した。花の青い色がとても美しい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/07 05:00
自宅のラン:石斛「飛騨金剛」
「飛騨金剛」は,まあまあ葉を残した状態で越冬させることができた。新芽が出て新葉がどんどん成長している。今年も同じ栽培条件で継続してみようと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/06/06 11:15
自宅のラン:長生蘭「豆金剛中斑」
「豆金剛中斑」に新芽が出て新葉が展開し始めた。非常につくりにくい品種で,苦労の連続だったけれども,どうにかこうにか維持している。まだまだ改善すべき点が山ほどあるように思う。毎日毎日が勉強だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/06 11:06
自宅のラン:パフィオペディルム・ベラツルムが開花
パフィオペディルム・ベラツルム(Paphiopedilum bellatulum)が開花した。この株はらん古さんからありがたく頂戴し,大事に育ててきたもので,野生種またはほぼ野生種のクローンということだった。たぶん,そうだろうと思う。ちょっと育てにくくて苦労したけれども,どうにかこうにか花を見ることはできた。さて,これからが問題・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/06 10:59
自宅のラン:長生蘭「京玉金剛」 (光珠園株)
「京玉金剛」 (光珠園株)に新芽が出て新葉が展開してきた。昨年よりも少し感じのよい葉になっているような気がする。従来の栽培棚の構造に欠陥があることを理解したので,修理して改善した。良い結果となることを期待している。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/06/06 05:49
自宅のラン:長生蘭「高千穂」 の新葉
「高千穂」に新葉が出てきた。今年は白っぽい新葉が多い。固定するかどうかは不明で,いずれ暗んで緑色になってしまうのだろうと思うが,それにしてもなかなか興味深い。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/06/05 15:05
自宅のラン:長生蘭「真鶴」の2番花
「真鶴」にまた花が咲いた。唇弁の斑紋が少し違う。花の大きさはだいぶ異なるけれども,この斑紋の特徴だけで比較して考えると,Den. nobileの白花品の遺伝子が入っているのではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/05 14:57
自宅のラン:石斛「金玉星」 の新葉
「金玉星」に新芽が出て新葉を展開している。一応順調なのではないかと思う。今年の葉にはコンペが出やすいかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/06/05 14:44
自宅のラン:レストレピア・トリコグロッサ(Restrepia trichoglossa)
レストレピア・トリコグロッサ(Restrepia trichoglossa)が開花した。条件さえ合っていれば,年中いつでも開花するようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/06/05 14:36
自宅のラン:石斛「伊豆錦」の新葉
「伊豆錦」に新芽が出て新葉が展開中。とても美しい。幽霊葉に近いくらい白い葉もある。栽培者だけが味わうことのできるこの時期だけの特別の楽しみの一つ。もう少しすると,次第に暗んで緑色の葉になるだろうと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/06/04 10:30
自宅のラン:石斛「緑雲」の新葉
「緑雲」に新芽が出て成長中。何となく要領をつかめてきたような感じなので,今年は少し期待できるかもしれない。相変わらず虫がつきやすいけれども,せっせと水洗いをして対処し続けている。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/06/04 10:22
自宅のラン:広東石斛(Dendrobium wilsonii)が開花
広東石斛(Dendrobium wilsonii)が開花した。花は大きく,直径約7センチほどある。現時点で香りはまだ強くなく,ほんのりと草系の香りがする。過去の経験では,もっと強く香るようになり,独特の雰囲気がある。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 2

2015/06/03 06:53
自宅のラン:長生蘭「京丸牡丹」(ヨネヤマ株)の新葉
「京丸牡丹」(ヨネヤマ株)にも新葉が出てきている。紅と白が美しい。葉の背面を観察すると,中心葉脈がくっきりと隆起している(=葉の表面では明瞭に窪んでいる)という特徴がある。この特徴のあるものを本性の「京丸牡丹」だと考えるべきだとすれば,この個体が本性の個体だということになるのだろう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/03 06:39
自宅のラン:長生蘭「瑞晃」 (高芽栽培株)の新葉
高芽から栽培している「瑞晃」に新葉が出てきた。ちょっと面白い感じになってきている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/06/02 11:40
自宅のラン:長生蘭「青千鳥」の新葉
「青千鳥」に新芽が出てきて新葉が展開中。なかなか思うようにはいかないが,地道に工夫を重ねながら栽培継続。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/02 11:34
自宅のラン:石斛「霊砲」の新葉
「霊砲」に新芽が何本か出て新葉を展開している。一応順調と言える。今年は,これまでで最も日照の強い場所で栽培してみようかと思っている。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/06/01 08:38
自宅のラン:石斛「土佐提灯」の花を無理やり開かせてみたら・・・
「土佐提灯」の花は,先端部が固く癒合したような感じになっていて開かない。閉じたままで終わってしまう。そこで,ピンセットで先端部をこじ開け,どうにか開かないものかと数日待ってみた。少し開いた。どうやらDendrobium speciosum系の人工交配実生品の選抜品種ではないかというような感じがする。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/06/01 08:31
自宅のラン:長生蘭「昭代」(ヨネヤマ株)の新葉
「昭代」(ヨネヤマ株)に新芽が出て新葉が展開中。紅覆輪模様が美しい。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/05/31 17:11
自宅のラン:トリコセントルム・ティグリヌムが開花
今年もトリコセントルム・ティグリヌム(Trichocentrum tigrinum)が開花してくれた。ここ数年ずっと開花しているので,温室なしで栽培可能な洋ランとして扱って良いと思う。ただし,私の場合,冬の間は,加温した室内の出窓のところにヘゴ板をぶら下げて越冬させている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/31 11:03
自宅のラン:長生蘭「姫達磨」の新葉
「姫達磨」の葉は冬の間に赤くなってしまっていたが,少し暗い場所に鉢を移し,水を多目にして栽培していたら緑色の葉に戻った。そして,新芽が出てきて新葉が展開している。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/31 10:54
つくば植物園:クレマチスの花
つくば植物園では恒例の「クレマチス展」を開催中で,クレマチスの栽培場が公開されている。美しい花がいっぱい咲いていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/31 06:18
つくば植物園:いま咲いているランの花
昨日,つくば植物園でランの花も見てきた。温室内で咲いている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/31 06:02
自宅のラン:雲南産石斛として入手した蘭が開花
雲南産石斛として入手した蘭が開花した。例年どおり,山羊の乳のような動物質の香りがする。いつもながらに変わった香りだと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/30 15:01
つくば植物園:小さな花
つくば植物園では絶滅危惧種の生きた標本が多数展示されている。その中にはとても小さな花を咲かせるものが少なくない。丁寧に観察しないと開花していることに気づかずに通り過ぎてしまう。多数の写真を撮影してきたが,何枚か紹介することにする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/30 14:42
つくば植物園:石斛
いろいろと調べたいことがあって,つくば植物園まで出かけてきた。たまたま「セッコク(Dendrobium moniliforme)」との札のついたランが展示されていた。『日本ラン科植物図譜』にあるものと同じものだろう。しかし,この石斛は,中国産鉄皮石斛系イセ類似交配品種に100パーセント間違いないと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/30 14:20
ホタルブクロ(白)
ご近所からやってきて自宅の庭に繁茂しているホタルブクロをかなり処分してしまったのだが,それでも毎年生えてくる。強い植物だと思う。白花品が開花した。『源氏物語』の「藤袴」にある「蘭」は,キク科植物でもラン科植物でもなく,リンドウ科またはキキョウ科の植物だろうと推定し,関連しそうな植物を栽培しながら観察継続。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/30 08:16
マイヅルテンナンショウの花
マイヅルテンナンショウ(Arisaema heterophyllum)が開花した。草丈と花の大きさは例年と同じ。いつ見ても面白い植物だと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/29 12:21
自宅のラン:長生蘭「金鳥」
M氏からありがたく頂戴して育てている「金鳥」は,今年も順調のようだ。昨年,高芽から成長して変化したような感じになった子株は,葉を落としてしまったけれど,今年の新葉は相変わらず斑の部分が大きく,期待できるかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/29 10:26
自宅のラン:長生蘭「雷電」の新葉
もともと大同系も大好きでいろいろとコレクションしている。あまたある長生蘭の中でも「雷電」は最も堂々たる風格のある品種の一つではないかと思う。新芽が出てきて,新葉を展開している。この時期の葉色が何とも美しく,時間を忘れてずっと見ていることがある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/05/28 07:29
自宅のラン:石斛「紅鶴」の2番花
「紅鶴」の花は散ってしまったが,別の矢(茎)に蕾がついて開花した。唇弁の斑紋は,何となくDendrobium papilioの花の模様を彷彿とさせるような感じがしてならない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/28 07:17
自宅のラン:長生蘭「瑞晃」 の新葉
「瑞晃」 にも順調に新葉が出てきている。地味だけれどもなかなか味わいがあり,好きな品種の一つ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2015/05/27 10:05
自宅のラン:松島石斛(緑花品)として入手したランの新葉
松島石斛(緑花品)として入手したランに元気な新芽が出て新葉が展開中。この新葉の形状等からおおよそのことを推定することができた。絶対に野生種ではあり得ない。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/05/27 10:01
自宅のラン:ヒナラン(Amitostigma lepidum) が開花し始め
ヒナラン(Amitostigma lepidum) が開花し始めた。ぜんぜん増えないので,この1株を大事に育て,何年も維持している。どうにか実生が出ないものかと今年も観察継続。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/05/27 09:54
自宅のラン:長生蘭「蜀紅錦」の新芽
「蜀紅錦」(有限会社石井株)に新芽が出てきた。今年は特に紅色が出ており,とても綺麗。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/25 06:05
自宅のラン:長生蘭「白牡丹」 (小型タイプ)
ありがたく頂戴した「白牡丹」 (小型タイプ)を大事に育てているのだが,やはり小さいので苦労が多い。冬の間に葉が落ちてしまった。しかし,今年の新葉はこれまでで一番感じが良いように思う。更に工夫しながら栽培継続。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/05/24 14:50
自宅のラン:アマナシラン(Bletilla formosana × striata)が開花
M氏からありがたく頂戴して栽培している白花系のアマナシラン(Bletilla formosana × striata)が開花した。丈夫で増えやすく,なかなか綺麗。ただ,白花なので雨が当たると傷みやすい。鉢の置き場所の関係で,雨に当たってしまい,花にちょっとだけシミのようなものができてしまった。残念・・・ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/05/24 14:42
自宅のラン:長生蘭「春日丸」
「春日丸」は,残念ながら冬の間に葉が全部落ちてしまった。今年の新芽が何本か出て新葉を展開している。葉の感じは良いので,気合を入れ直して頑張ろうと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/05/24 14:18
イトハユリ(Lilium tenuifolium)が開花
今朝,イトハユリ(Lilium tenuifolium)が開花した。花はクルマユリ(Lilium medeoloides)の花とそっくり。しかし,車輪状の花序にはならず穂状の花序になる。非常に目立つオレンジ色の花だ。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2015/05/24 14:11
自宅のラン:長生蘭「於多福」
「於多福」は,栽培が難しい。そもそも小さいので,何かと大変。悪戦苦闘しながらどうにか維持。冬の間に葉が全部落ちてしまったけれども,元気な新芽が出てきた。うまく栽培できる自信があまりないが,やれるだけの努力と工夫は尽くしてみたい。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/05/24 14:05
自宅のラン:石斛「雪茜」の新芽
「雪茜」は,だいぶ葉を落としてしまったけれども何枚か残すことができた。新芽が出てき葉を展開しはじめている。根の状態は良好。ちょっとだけ芽がわりを始めているような気もする。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/05/23 16:57
自宅のラン:石斛「紅賀」が開花
「紅賀」が開花した。これまでの経験によると,冬の間でも暖かくしてれば開花するし,不定期咲きのような感じがする。交配種のゆえだろうと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/23 08:16
マイヅルテンナンショウの蕾
マイヅルテンナンショウ(Arisaema heterophyllum)の葉が展開し,仏炎苞が出てきた。じきに開花するだろうと思う。この姿が「鶴が舞う姿」に一番近いかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/05/22 17:59
サクラソウ(岩木山産)の花
サクラソウ(岩木山産)の花が咲いた。まだ1年目なのでちょっと小さいけれど,肥培すると大きな苗を得ることができそうな気がする。何年から続けて栽培し観察してみようと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/05/22 12:28
ユキノシタ(Saxifraga stolonifera)
庭の大きな木を全部切ったので日蔭の場所も変動してしまった。ユキノシタは,暗くて湿った場所なら自然に生えてくる。ドウダンツツジなどの低木はまだ残してあり,その木陰に生えたユキノシタは大いに繁殖し,地植えてある山野草を駆逐してしまうくらいになる。そのような小さな木陰のユキノシタが花を咲かせている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/22 12:21
自宅のラン:長生蘭「於多賀金剛」
「於多賀金剛」は,昨年の葉が2枚だけ残った。出来が良いとは言えない。しかし,新芽が出てきて元気に成長している。植え替えをしたところ,根はこれまでで最も良い状態で,今年はかなり期待できそうだ。更に工夫しながら栽培してみようと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2015/05/22 09:10
イトハユリ(Lilium tenuifolium)の蕾
イトハユリ(Lilium tenuifolium)が順調に成長して蕾をつけた。じきに開花するのではないかと思う。既に初夏の雰囲気。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/05/21 21:35
自宅のラン:セラピアス・ボメラケア(Serapias vomeracea)
お鬚の素敵なE氏からセラピアス・コルディゲラ(Serapias cordigera)として苗を頂戴し,自分で育ててみて,たぶんセラピアス・ボメラケア(Serapias vomeracea)ではないかと推定しているランが今年も開花した。増え方があまりよくないけれど,比較的大型になり,きちんと手入れをすれば栽培可能なランだと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/21 12:32
自宅のラン:石斛「多摩」 が開花
「多摩」 が開花した。イセ系×ノビル系の交配品なのだろうと思う。花はイセ系の特徴をよく示しているが,葉と矢(茎)はノビル系の特徴を示している。日本の石斛・長生蘭にはこのようなタイプのものが非常に多い。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 6

2015/05/20 10:22
自宅のラン:長生蘭「紅翠」 の新葉
「紅翠」 に新芽が出て葉を展開し始めている。紅が出てとても綺麗。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 6

2015/05/20 10:13
自宅のラン:リュウキュウボウラン(Luisia liukiuensis)が開花
リュウキュウボウラン(Luisia liukiuensis)の蕾がどんどん膨らんできており,今年最初の花が咲いた。小田倉氏から枝を分けてもらったものを育て始め,かなり増えたので何回か枝を切り取って分譲したがそれでも増えている。そして,毎年綺麗に花を咲かせてくれる。丈夫な蘭だと思う。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2015/05/20 10:09
フジバカマの実生栽培実験(その後)
春にまいたフジバカマの種子からはその後も次々と発芽してきて成長している。茎の様子を観察すると,緑色のものもあれば紫色のものもある。未確認だが,同一個体からの種子だと思われるので,いろんな形質をもった個体が出てくるということだけは確認できたのではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/05/20 09:44
サクラソウ(岩木山産)の蕾
今年岩崎園芸から苗を購入して育て始めた岩木山産というサクラソウに蕾がついた。例年この時期に開花するのかどうかは分からない。何年か栽培を継続し,観察してみようと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/05/19 09:44
自宅のラン:長生蘭「篠笛」 の花
昨年,「篠笛」は不調に終わったのだが,花だけはどうにか咲いてくれた。忙しくて植え替えができないままでいたけれど,この花が終わったら,栽培方法を根本的に変更して植え替えをしようと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/05/18 10:07
自宅のラン:ガンゼキラン(Phaius flavus)が開花
ガンゼキラン(Phaius flavus)が開花した。冬の間,鉢を室内に取り込まず,ビニールで囲いをしただけの棚で育ててみた。葉が少し落ちてしまったけれども,どうにかいけそうだ。ただ,葉を落とさないようにするためには,やはり鉢を室内にとりいれたほうがよさそうだ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/05/18 10:00
自宅のラン:石斛「紅乱」が開花
「紅乱」が開花した。今年はいっぱい花がついており,おそらくこの品種の本咲きの状態なのではないかと思う。側花弁が変形したタイプで桃色花の品種の実生兄弟のようなものではないかと思う。昨年までの花数が少ない状態のほうが交配親の形質をよく示しているものと思われる。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/05/17 11:04
自宅のラン:長生蘭「壷天錦」 が開花
「壷天錦」 は,相変わらず苦戦が続いている。冬の間に葉が落ちてしまった。「花をみることはできないのではないか」と諦めつつ努力を重ねてきた。そして,今年はどうにか開花してくれたようだ。更に栽培方法を工夫し改善しながら観察継続。しかし,「この品種は,私のような素人が手を出すべきものではない・・・」と痛感。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2015/05/16 10:16
自宅のラン:石斛「鷲」が開花
今年も「鷲」が開花した。唇弁に特徴があり,同様の特徴を示す花物石斛が何種類かある。おそらく,広東石斛(Dendrobium wilsonii)を用いた交配品種なのではないかと推定される。草丈がかなり高くなるという特徴も一致している。肥培するともっと大きくなるのではないだろうか。根を更に改善した上で肥培実験をしてみようと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/05/16 09:52
自宅のラン:石斛「瑠璃光」が開花
「瑠璃光」が綺麗な緑花で開花した。矢(茎)のあちこちから花芽が出ているので,セッコク(Den. moniliforme)ではなく,洋ラン・デンドロビウムの交配品に間違いない。花の形は,Den. Speciokingianumに類似している。それにしても美しい。良い品種だと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/16 09:38
自宅のラン:長生蘭「雷電」と「横綱」の覆輪変わり品種
石斛・長生蘭の中でも大同系のものが好きで集めてきた。やっと栽培のコツも会得しつつある。糸覆輪品種が欲しくてヨネヤマに相談したところ,探してみるということだった。しばらくして返事がきた。さすがヨネヤマだ。ついさきほど,「雷電」の変わり品と「横綱」の変わり品が送られてきた。素晴らしい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/15 12:36
自宅のラン:長生蘭「雅宝丸」が開花
「雅宝丸」が開花した。昨年は,しっかりと太陽にあてて光合成量を増やしてみた。栄養を蓄積できたらしく,今年はいっぱい蕾がついて開花した。交配品の場合,もともと高木の梢などの明るい場所に自生する種の交配品を親としている場合には,そのような感じで育てないとしっかりした花が咲かない。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/05/15 10:32
自宅のラン:長生蘭「都鳥」が開花
「都鳥」が開花した。いろいろと考えるのだけれど,要するに,Dendrobium kingianumをベースとする人工交配品にほぼ間違いないと思う。Dendrobium Speciokingianum交配からの実生選別品かもしれない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/05/15 10:13
自宅のラン:石斛「黒真珠」が開花
「黒真珠」が開花した。兜咲きで,白地に少し紅が入る。花の中にはメンタムの内側と唇弁の上部に赤紫色の点が多数ある。非常に興味深い花だ。花は小さく,その外形は,何となく真珠を思わせるところがあるので,この品種名があるのだろう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/15 10:01
ソクシンラン(Aletris spicata)が開花
ソクシンラン(Aletris spicata)が今年も開花した。あまり増えない。おそらくパイオニア植物の一種で,大量の種子を散布することによって生存可能地を探し,その場所で増えるのだろうと推定している。植生の遷移が著しい湿地等では生存のために不可欠の機能だと言える。それはさておき,そろそろ植え替えが必要か・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/15 09:51
自宅のラン:長生蘭「玉龍」と「玉龍覆輪」が開花
「玉龍」と「玉龍覆輪」が開花した。今年は特にいっぱい花をつけている。いろいろと考えてきたのだけれど,江戸時代のものとは異なる品種で,Dendrobium speciokingianumなどを用いて比較的最近に交配された復元品なのではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/14 18:02
自宅のラン:長生蘭「金山金剛中斑」が開花
「金山金剛中斑」が開花した。作場に問題があり,葉と矢(茎)が傷んでしまった。作場を改善したので,今年は好成績になるのではないかと期待している。頑張ってつくりなおすことにしよう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/13 09:59
自宅のラン:長生蘭「瑞宝」の花
「瑞宝」が開花した。淡いピンク色の大型の花で,何となく大同系の花のような雰囲気を漂わせている。非常に興味深い花となった。やはりカシオープ(Den. Cassiope)の子孫の交配の一種なのだろうと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/05/13 07:53
自宅のラン:石斛「黄丸」が開花
「黄丸」は丈夫で増えやすいので,ヘゴづけやら鉢植えやら色んな栽培方法で比較検討するために用いている。鉢植えにしたものが開花した。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/05/13 07:45
自宅のラン:石斛「紫式部」が開花
「紫式部」が開花した。紫の覆輪状の縁取りがとても綺麗。Dendrobium speciokingianumの遺伝子が入っていることはほぼ間違いがない。よい交配品種だと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/12 11:42
自宅のラン:石斛「金晃丸」が開花
「金晃丸」が開花した。何となく「銀雪」系の実生のような感じもするが,少し異なる。「韓国産の交配品」ということで流通していることもあるし,どこで交配されたかは別として,交配品種であることだけは間違いない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/05/12 11:34
自宅のラン:長生蘭「金龍」(ヨネヤマ株)の花
「金龍」(ヨネヤマ株)が開花した。今日は,台風の影響で強風が吹き荒れている。中国からの汚染微粒子が大量に舞っているようで白い花に黒く小さな塵がついていしまっている。ちょっと考えたのだけれども,こういう微粒子が飛来しているという事実を写真に残すことも重要だと考え,そのまま撮影することにした。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2015/05/12 11:10
自宅のラン:石斛「紅鶴」が開花
静岡産という「紅鶴」が開花した。この品種からも「銀龍」の派生品のような印象を受ける。非常に興味深い。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/05/11 08:42
自宅のラン:長生蘭「白鷺丸」の新葉
「白鷺丸」の新葉がとても綺麗な感じになってきた。よい品種だと思う。今日は,ちょっと理由があって,化粧鉢に植えてみた。欅鉢で,「石斛生山谷水傍石上」銘で焼いていただいたものだ。ありがたい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 9

2015/05/11 08:15
自宅のラン:石斛「桃苑」が開花
ヘゴづけで栽培している「桃苑」が開花した。かなり大株になった。我が家の環境に関する限り,石斛の類は,どうやらヘゴづけが一番調子がよくて大きく成長するようだ。今年はとりわけいっぱい花が咲いた。ヘゴを吊るしてある場所にはヤモリやカナヘビなどが居候しているので害虫を食べてくれる。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 4

2015/05/11 08:08
自宅のラン:石斛「伊豆錦」が開花
「伊豆錦」が開花した。淡いピンク色の花だった。昨年の新葉に出た綺麗な斑模様は暗んでしまって普通の葉になっている。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 4

2015/05/10 11:05
ウグイスカグラの実
ウグイスカグラの実が熟した。食べてみると,ほんのりと甘い砂糖のような味がする。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/05/10 08:13
自宅のラン:セラピアス・オルビア(Serapias olbia)
セラピアス・リングア「オリビア」として流通しているランをセラピアス・オルビア(Serapias olbia)だろうと推定して育ててきた。昨年はイモがいっぱいできたので大きなイモを分譲し,小さなイモだけ残した。今年は開花しないだろうと予測していたにもかかわらず,成長して開花した。強いランだと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/05/09 10:34
自宅のラン:長生蘭「白石公」が開花し始め
「白石公」が開花し始めた。この株は,井出蘭草園から購入して室内栽培を続けていたもので,昨年は外の棚に出してみた。ところが,真冬に台風並の強風が来襲して棚が倒れ,ひどいことになってしまった。とりあえず応急修理し,春になってから建築し直したのだけれど,葉が傷んだ。今年は回復するように頑張りたい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/09 07:20
自宅のラン:八丈島産ナンゴクネジバナと呼ばれているラン
八丈島空港周辺の芝生には小型で白花のネジバナの仲間がいっぱい生える。ナンゴクネジバナだと理解する見解が多い。しかし,かなり多数の疑問点があり,常に議論が尽きない。私は,ネジバナとナンゴクネジバナとを区別せずネジバナ(Spiranthes sinensis)1種だけで考える立場だ。そのネジバナが開花目前となっている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/09 06:58
自宅のラン:石斛「貴公子」が開花
名前がややこしいが,花物石斛の「貴公子」が開花した。矢(茎)が長く伸び大きくなる。花は大型なので,大株にすればかなり豪華な感じになるのではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/08 11:22
自宅のラン:長生蘭「昭代」(井出蘭草園株)の蕾
「昭代」(井出蘭草園株)に蕾がついた。昨年も開花しているから,少なくとも私の作場環境では,「昭代」との名で流通しているものの中では最も開花率の高いものだと言える。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/05/08 08:16
自宅のラン:石斛「三冠王」が開花
「三冠王」が開花した。この品種の作出者は,イセの斑入り品のようなものをつくりたかったのだろうと思う。その結果は,唇弁の斑紋を丁寧に観察すれば理解できるとおり,むしろ高貴石斛(Den. nobile)など別のデンドロビウムの形質を強く表しているように思う。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 2

2015/05/08 07:31
自宅のラン:石斛「采女」が開花し始め
「采女」が開花し始めた。鉢を比較的暗いところに置いて様子をみていたので,どうにか緑花になってくれた。これまでの経験によると,「采女」は花が大きいのが長所なのだが,白色花に変化するのが比較的早いように思う。しなだれた矢(茎)は,花が全部落ちると自然に元に戻って直立する。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 4

2015/05/08 07:16
ニオイハンゲの花と香り
ニオイハンゲ(Pinellia cordata)が開花した。「匂」という名にもかかわらず,昨年まではその香りがよくわからなかった。そこで,ちょっとだけ肥料をやり,今年は少し明るいところで栽培してみた。すると,花からミカンの果実のような甘いシトロン系の良い香りが漂い始めた。まさに名前のとおりだと納得した。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/05/07 12:21
自宅のラン:長生蘭「金雀」が開花
「金雀」は,虫に葉をやられて大変なことになったので,昨年は植物体の回復を第一の目標として栽培した。葉芸はゆるんでしまったけれど,どうにか回復。今年は開花した。元気に新芽が出ているので,葉芸のほうに重点を置いて栽培しようと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/07 08:07
自宅のラン:オルキセラピアスあらためセラピカンプティスの花
分類変更により交配親の属名が変更になった関係でオルキセラピアス・カピタータ‘レディサマンサ’(Orchiserapias Capitata 'Lady Samanthar')がセラピカンプティス・カピタータ‘レディサマンサ’(Serapicamptis Capitata 'Lady Samanthar')に変更になったのを失念していた。目下,開花中。小さな株の花は枯れ始めている。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/05/07 07:18
自宅のラン:石斛「采女」の蕾
「采女」の蕾が膨らみ,その重みで矢(茎)がしなだれてきた。今年は針金で支えをせずに,しなだれた状態で開花させようと思い,ちょっと工夫をしている。じきに開花するだろうと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/05/06 16:55
自宅のラン:長生蘭「金山金剛」 が開花
「金山金剛」が開花した。紅花でくしゃくしゃしている。今年はいっぱい蕾がついていて,少しだけ豪華な気分になれる。だいぶ大株になってきたと思う。このまま割らずに栽培継続。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 4

2015/05/06 16:48
自宅のラン:長生蘭「東玉覆輪」が開花
「東玉覆輪」が開花した。幾つかの仮説をたてながらずっと考えてきた。少しずつダメな仮説を排除し,絞ってきた。どうにか結論が出せそうだ。緑屋さんと完全に意見が一致したら何か書けるだろうと思う。焦らず地道に観察継続。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/05/06 16:36
アスパラガスの花
自宅の庭で妻が栽培しているアスパラガスの茎が高くなり,いっぱい蕾をつけている。その中の数個が開花していた。とても小さな花なのだが,よく見るとユリの仲間と同じような構造をしている。毎年咲いているので写真を撮らなかった。ちょっと理由があって,今年は写真を撮ることにした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/05/06 06:50
自宅のラン:シラン(薄桃色花品)が開花
薄い桃色のタイプのシランが開花した。ほとんど白花に見えるけれども,唇弁にかすかに黄色が残るから,白花品のシラン(Bletilla striata)の白花品とアマナラン(Bletilla formosana)との人工交配による実生選別品ではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/06 06:01
石斛「仙台黄花」が開花
「仙台黄花」が開花した。昨年は,高芽ばかりになり調子がよくなかった。栽培方法を変更したので,今後は少し期待できるのではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2015/05/06 05:53
ミドリヨウラク
ミドリヨウラク(Polygonatum inflatum)が開花した。これまでの鉢がいっぱいになったので,N先生からありがたく頂戴した大きな鉢に植え替えた。ミドリヨウラクの自生地分布は極めて特殊だ。おそらく,古代の特定の氏族と関係する園芸植物の子孫なのだろうと思う。古代の神事等に用いられた可能性があると考えている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/05/06 05:45
タツナミソウ(白花)
白花品のタツナミソウが開花した。近所でも咲いている。どうということのない花なのだが,毎年咲いてくれると嬉しい。今日は,一日中植え替えをやっていた。ちょっと腰が疲れた。さすがに齢かもしれない・・・(笑) ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 6

2015/05/05 19:30
自宅のラン:長生蘭「真鶴」の花
以前から「真鶴」を栽培していたのだが,どうも調子が良くない。そこで,ヨネヤマから別株を購入して育ててみることにした。今年は開花しないだろうと思っていたら,蕾をつけ,今朝,開花していた。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/05/05 10:46
自宅のラン:石斛「宝来山覆輪」 の新葉
「宝来山覆輪」 に新芽が出て新葉が展開し始めた。白覆輪の縁に紅が出ていてとても綺麗。大事に育てたいと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/05/05 10:23
自宅のラン:石斛「万里紅覆輪」の花
作場に問題があり,冬の間に葉が傷んでしまったが,「万里紅覆輪」が1輪だけ開花した。芳香剤のような良い香りを放っている。作場を修理して改善したので,次のシーズンには葉の状態を良好に維持できるだろうと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/05 10:16
自宅のラン:石斛「紅鶴」の蕾
静岡産という「紅鶴」の蕾が大きくなってきた。この蕾の形状くねくねした矢(茎)の形状などからイセ類似品種の交配品だということが推定できる。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/05/04 15:04
自宅のラン:石斛「石鎚の誉」 が開花
「石鎚の誉」 が開花した。株が充実し,力がつかないと,蕾ができても開花しないでシケてしまうようだ。やっとのことで花を見ることができた。綺麗な花だと思う。蕾の出る位置や節の形状などから推定して,中国南部〜東南アジア産のデンドロビウムの交配品だと思われる。ハダニがつきやすく,栽培に苦労する。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/04 13:48
自宅のラン:シラン(Bletilla striata)が開花
プランターに植えて栽培しているシラン(Bletilla striata)が開花した。強健でよく増えるランなので,プランターいっぱいになっている。野生と考えられている個体を含め,全個体が古代〜近世に薬用及び鑑賞用に中国から輸入された園芸品の子孫と最近になって近縁種と交配して作出された園芸品の子孫なのだろうと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/05/04 12:11
関東産リンドウとして入手した植物
この春,O氏がかつて武蔵野の野山(現在は開発により消滅)で採取したという種子から発芽させて育成・保存してきたリンドウの苗なるものをありがたく頂戴し,育て始めた。数センチほどの苗だった。次第に成長してきたのだが,どうもツルリンドウのようにも見える。慎重に観察しながら栽培継続。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/04 11:28
自宅のラン:石斛「新速玉」が開花
M氏の奥様からありがたく頂戴した「新速玉」を大事に育てていたところ,かなり巨大化してしまった。古い矢(茎)がとても短く感じてします。目立つ紅色の花が開花した。今年は,きちんとした形の花になった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/05/03 16:28
自宅のラン:ニラバラン(Microtis unifolia)の花が全開
ニラバラン(Microtis unifolia)の花が頂点のものまで全開となった。下のほうの花は終わり始めているけれど,まだ花の状態になっている。どうにかこうにか全開の状態までもちこたえることができた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/03 16:18
自宅のラン:石斛「雷山」(ヨネヤマ株)が開花
「雷山」には実生兄弟がいっぱいあるらしく,ちょっとだけ異なる形質をもった花を咲かせる様々な「雷山」がある。本性のものはあるらしいのだが,そもそも「雷山」それ自体が人工交配により作出された品種と推定され,似たような品種がいっぱいあるのは必然的な結果というものだろう。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/05/03 16:10
自宅のラン:石斛「紀州紅」が開花
「紀州紅」が開花した。秋に咲いた花の形状は特殊で,比較しながら考えてみると,南半球のデンドロビウムとの交配種という可能性が非常に高い。距(メンタム)の先端の形状が興味深い。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 3

2015/05/01 16:49
自宅のラン:石斛「光岩」が開花
「光岩」が今年も開花した。昨年よりもしっかりとした花になった。蕊柱の頂点にあるキャップの部分の形状が「イセ」とよく似ている。セッコクなのではなく,イセ類似品なのだろうと推定する。非常に面白い。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/05/01 16:29
自宅のラン:石斛「小豆島紅」が開花
「小豆島紅」が開花した。距(メンタム)の先端部分の形状がいろんなことを物語っている。たぶん,このタイプの石斛品種は,全部,「雷山」の実生兄弟のようなものなのではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/05/01 16:17
自宅のラン:石斛「紀州空海」の蕾
「紀州空海」は昨年も開花したのだが,今年ついた蕾は何となく黄色が強く,くしゃくしゃしている。非常に興味深い。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/05/01 16:09
自宅のラン:石斛「紅車」が開花
「紅車」が開花した。昨年がんばって栽培したら,随分と巨大化した。草姿は「薩摩紅」や「大隅紅」と似ている。全体として,何となく「雷山」の実生兄弟のようなものではないかというような気がする。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2015/05/01 15:37
自宅のラン:松島石斛(緑花品)として入手したランが開花
虫がつきやすくて栽培に苦労し続けているけれども,松島石斛(緑花品)として入手したランが今年も開花してくれた。花や葉先の形状等の特徴から中国産デンドロビウムを親とする交配品であることが明らかなので,人工交配実生品の山まき品種のようなものなのではないかと思う。美しい花だと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/05/01 11:42
自宅のラン:長生蘭「泰山雪」が開花
「泰山雪」が開花した。今年もくしゃくしゃの花で平開しない。「鬼面児」の実生兄弟のようなものなのではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/30 12:24
サクラソウ「大明錦」が開花
「大明錦」が開花した。江戸時代に作出された品種ということになっている。ピンク色で可愛らしい花だ。花の中心部の構造(色合いなど)が野生種のサクラソウ(Primula sieboldii)と少し異なる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/30 12:17
自宅のラン:石斛「熊野覆輪」が開花
「熊野覆輪」が開花した。いろいろと考えるのだが・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2015/04/30 11:51
自宅のラン:白花石斛品種が開花
数年前,M氏の奥様から白花・緑点という石斛品種をちょっとだけ分けていただき,育て始めた。途中で調子を落とし,かなり苦労したけれどもどうにか復活させた。様子を見ながら栽培を継続していたところ,初めて蕾をつけ,開花した。やっとのことで花を見ることができた。「鬼面児」の実生兄弟のようなものではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/30 09:13
ヤマブキソウが開花
斑入り品種としてO氏からありがたく頂戴したヤマブキソウ(Hylomecon japonica)が開花した。次第に斑が少なくなると聞いていたのだが,たしかにそうで,今年は数枚の葉に斑が出ているのみ。実生を得て選抜・更新しないと全部普通の葉になってしまうのではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 3

2015/04/30 07:10
自宅のラン:石斛「相府連」が開花
「相府連」が開花した。「相府」は,「大臣」の古い中国名なので,どういうものかと思い苗を購入して育ててきた。由来は不明。白地にぼかしで紅が入り,優美な感じ。強くないけれども芳香剤のような感じの良い香りがする。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/29 08:35
自宅のラン:石斛「白玉」が開花し始め
「白玉」が開花し始めた。冬の間に葉が落ちてしまい心配していたのだけれど,蕾が何個かついている。これから順に開花するのだろう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/29 08:19
自宅のラン:長生蘭「極黄流」の花
「極黄流」の花がいっぱい咲いた。芳香剤のような感じの良い香りを強く漂わせている。栽培方法を変えたので,古い矢(茎)の花と新しい矢の花とでは若干異なる特徴があるように思う。とても面白い。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/29 08:14
中国産のイカリソウ
イカリソウは,日本では「錨草」と書き,花の形が船の錨に似ているのでその名があるとされている。しかし,中国名は「淫羊藿」という。羊が発情した様子を示すのだろう。これを日本語に直訳して「イカリ」となったのだと思う。これまで「羊」についてずっと調べていて興味を持ち,中国産イカリソウの苗を幾つか購入してみた。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2015/04/29 06:11
石斛「三冠王」の蕾
かつて「三冠王」は驚くべき高値で取引されていた。ところが,その後どんどん価格下落し,今ではすごく安く流通している。増えやすいのだろう。これなら購入可能と思い,今年,光珠園から苗を購入した。3個蕾がついたが1個がしけてしまい,残りの2個が長さ約1センチまで成長した。距(メンタム)が小さいという特徴がある。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/04/28 07:22
自宅のラン:愛知県産の石斛
愛知県産の石斛としてありがたく頂戴したランが開花した。直径は約4.5センチで比較的大輪。新芽が出てきているので,更に栽培を工夫して大株にしてみようと思う。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2015/04/28 07:14
サクラソウ「新里」(群馬県産)が開花し始め
「新里」(群馬県産)が開花し始めた。今年購入した苗なのでまだ小さい。施肥してきちんと栽培すると大きくなるのではないかと思う。来年期待で工夫しながら栽培継続したいと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/04/27 07:34
自宅のラン:斑入りの幽谷蘭(Liparis formosana)
T氏からありがたく頂戴した斑入りのユウコクラン(Liparis formosana)が少し大きくなった。白く美しい斑模様は維持できている。ただ,花が咲かない。たぶん,冬の間の温度が不足しているせいだろうと思う。温室をもたない我が家の栽培環境ではいたしかたない。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/04/27 07:27
自宅のラン:石斛「梼原緑」が開花
「梼原緑」が緑花の状態で開花した。以前,秋咲きの状態の花を見たが,かなり異なる。おそらく,交配親の開花時期が異なっており,花粉を冷蔵しておいて授粉に用い人工交配した品種なのだろうと推定する。片方の親が南半球のデンドロビウムの場合,その遺伝子が何らかの原因で刺激されると秋咲きで開花するのだろう。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2015/04/26 17:07
ユキザサ(Maianthemum japonicum)が開花
随分以前のことになるが,ユキザサ(Maianthemum japonicum)の苗を購入して庭の隅に植えた。当初はちゃんと開花した。ところが,春になると出てくるヨトウムシに食われてしまうことが増えたので,掘り上げて鉢植えにした。その鉢植えのものが開花した。掘り残しがあったようで,元の庭の隅でも開花している。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/26 07:58
サクラソウ「神代冠」が開花
「神代冠」が開花した。野生種のサクラソウ(Primula sieboldii)の花とは少し異なる面白い形をしている。昨年,苗を購入し,鉢植えにして育ててみた。結構増えがよく,強健種なのではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/04/26 07:26
自宅のラン:オフリス・スペキュラム(Ophrys speculum)が開花
ドイツから輸入したイモを育て,オフリス・スペキュラム(Ophrys speculum)を開花させることができた。しかし,元のイモが小さかったので,ちょっと心配。充実した大きなイモだと子イモをつくり,しかも花を複数咲かせることができる。ところが,小さいイモだと開花に栄養を全部使ってしまい新しいイモをつくらない。更に観察継続。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 6

2015/04/25 13:30
自宅のラン:雲南緑花敦盛草(Cypripedium henryi)が開花
今年の春は寒いせいか,例年と比較すると,アツモリソウの仲間の調子が何となく良いように思う。雲南緑花敦盛草(Cypripedium henryi)が開花した。他の種類も成長しているので,もしかするともう1種くらい開花するかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/25 13:10
自宅のラン:石斛「耶馬小町」が開花し始め
「耶馬小町」が開花し始めた。兜咲きの石斛品種を何種類か育てているのだが,どうも全部共通の親からの実生兄弟のようなものではないかという感じがする。江戸の『長生草』にある兜咲き品種「紅雀」の子孫(実生品)ということかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/04/25 13:06
アミガサタケ
自宅の庭の木陰にアミガサタケ(Morchella esculenta)と思われるキノコが出ていた。たぶん,アミガサタケで間違いないだろうと思う。以前も出たことが何度かある。自宅で栽培しているラン科植物の共生菌なのかもしれないが,よくわからない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/04/24 09:33
自宅のラン:雲南緑花敦盛草(Cypripedium henryi)が開花し始め
雲南緑花敦盛草(Cypripedium henryi)が開花し始めた。毎年花を見せてくれる。しかし,増えない。たぶん,夏が暑すぎるからだろうと思う。暑いと仮休眠状態となってしまい,栄養の蓄積が滞ることになる。なかなか難しいものだ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/04/24 09:02
自宅のラン:九州産野生種として入手した石斛(分け株)が満開
九州産野生種として入手した石斛(分け株)が満開となった。いっぱい咲いているので豪華感がある。唇弁基部の斑紋の色は概ね緑色なのだが,中には紅の出ているものも混じっており,非常に興味深い。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/23 12:38
自宅のラン:長生蘭「釈尊」が開花し始め
「釈尊」が開花し始めた。現在の状態だけだと,まるで兜咲品種の花のようだ。ますますもって興味深い。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/04/23 11:42
サクラソウ「南京小桜」が開花
「南京小桜」が開花した。可愛らしい花だ。「南京姑娘」のほうが合っているのではないかというような気もする。語呂合わせではないが,「小桜」の音と「姑娘」の音は,日本人が日本語の読みで発音すると何となく似ている。葉の元気も良い。毎年ちゃんと植え替えているとどんどん元気が出てくるようだ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/04/23 08:12
フジバカマ
種子交換会で「フジバカマ」の種子を入手し,4月4日に播種した。10日ほど経過して発芽し始め,現在,多数の芽が続々と出続けている。どれだけ生き残るかわからない。また,本当にフジバカマ(Eupatorium japonicum)かどうかもわからない。しかし,種子交換会の運営者を信じて育てみようと思う。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2015/04/22 08:44
ヒメウラシマソウの蕾
ヒメウラシマソウ(Arisaema kiushianum)の茎が伸びて葉が展開し,仏炎苞が出てきた。もうじき開花じゃないかと思う。去年出てきた小さな子株は少し大きくなった。来年には開花するかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2015/04/22 07:40
自宅のラン:エビネが開花
自宅の庭で地植えにして育てているエビネ(Calanthe discolor)が開花した。隣家が取り壊され畑になった関係で乾燥化が進み生育環境として不適になりつつある。今年は,休眠期に入った時点で全部掘り上げて別の場所に移植しようと考えている。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/04/22 07:34
オオバユキザサ(ヤマトユキザサ)が開花
オオバユキザサ(ヤマトユキザサ)が開花した。普通のユキザサと比較すると,どう育ててもやはり大きくなる。もう随分と長い期間育てている強健な植物でかなり増えやすい。種それ自体としては絶滅危惧が全くない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/21 08:40
自宅のラン:長生蘭「釈尊」の蕾
「釈尊」の蕾が膨らんできた。葉がくしゃくしゃしており,昨年は,その隙間に小さな虫が入って非常に苦労した。葉に関しては惨憺たる結果に終わったけれど,根と矢(茎)はぐっと充実した。今年は,栽培環境を工夫して虫害が出にくくしたので,結果がどうなるか注意深く観察を継続している。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/04/20 08:58
ヒメカンアオイの葉さまざま
昨年,ヒメカンアオイの苗を多数頂戴して育て始めた。それぞれ葉の模様に特徴があり,不思議なものだと思って観察をしていた。ところが,冬には葉が枯れてなくなってしまったものもあり,心配していたのだけれど,どうやら杞憂だったようだ。元気に芽を出し葉を展開し始めている。それにしても多様だ。面白い。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/04/20 08:47
自宅のラン:ニラバラン(Microtis unifolia)の花
ニラバラン(Microtis unifolia)がほぼ満開となった。現在の花茎の丈は,大きいほうが37センチくらいで,この種の地生蘭としてはかなり高い。ちっちゃな花が穂状にいっぱい咲き,何となく土筆を思わせるような姿なのだが,植物体全体としてはかなり背が高い。面白いランだと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/04/19 13:35
サクラソウ「大明錦」の蕾
岩崎園芸から今年購入したサクラソウ苗の中に「大明錦」がある。江戸時代後期に作出された交配品種との説明があった。ビニールポットに入って届いた苗を鉢に植えつけたばかりなのだが,花茎が伸びて蕾が膨らんでいる。これまた非常に興味深い品種だ。そもそも名前が面白い。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/04/19 09:05
自宅のラン:梵浄山石斛として入手したデンドロビウム(その後2)
梵浄山石斛(Dendrobium fanjinshanense)として入手したランの蕾がだいぶ大きくなってきた。何やら日本で流通している幾つかの石斛品種の蕾の形とそっくり。蕾の形状や特徴がどんどん変化するし,とても面白い。距(メンタム)の部分の形状に特に注目しながら観察継続。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/04/19 08:56
自宅のラン:石斛「孤峰」の蕾
「孤峰」の蕾が膨らんできた。昨年は室内栽培だったので2月に開花した。この冬の間,外の棚に鉢を置いて育ててみた。それでも比較的早く開花する部類だと思う。更にいろいろと考える。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/04/18 12:35
自宅のラン:Paphiopedilum Diane Vickeryが開花
大貫氏から分けていただき何年か育ててきたPaphiopedilum Diane Vickeryが今年も開花した。強健種で育てやすい。我が家のパフィオの中でも最優等性の部類に入る。望月蘭園のパフィオ用ミックスコンポストで栽培している。これだけで大丈夫なようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/18 12:24
サクラソウ「神代冠」の蕾
サクラソウ「神代冠」の蕾が大きくなってきた。もうじき開花なのではないかと思う。この蕾の形状もサクラソウ(Primula sieboldii)の原種の蕾とは少し違う。とても興味深い。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/04/18 12:17
自宅のラン:デンドロビウム・ロッディゲシイ(Dendrobium loddigesii )が開花
何年かぶりでデンドロビウム・ロッディゲシイ(Dendrobium loddigesii )が開花した。花芽が高芽に変わりやすいというクセがあり,原因をいろいろと考えた結果,どうも花期に湿度が高いと高芽に変わりやすいのではないかと推定して乾き気味に育ててみた。どうにか開花してくれた。可愛らしい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/18 12:11
ウラシマソウ(Arisaema urashima)が開花
ウラシマソウ(Arisaema urashima)が開花した。まだまだ小さな株だが,昨年よりも大きな花になっている。古い株になると結構大きくなるので,あと10年くらい後を楽しみにして栽培継続。すぐ近くにある自生地を見にいきたいところなのだが,当分の間,結構忙しい・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/17 07:35
ペチコート水仙(Narcissus bulbocodium)
庭の一部をつくり直した関係で,地植えにしていたペチコート水仙を全部掘りあげ,鉢植えにすることにした。今年は開花しないかもしれないと思っていたところ,1株だけ開花した。可愛らしい。比較的増えやすい種類なのだが,多少施肥をしないと球根が太らず,開花サイズにまで成長しないようだ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/04/17 07:17
サクラソウ「南京小桜」の蕾
「南京小桜」の蕾が膨らんできた。江戸時代からの品種ということで,好きな品種なので,鉢植えで大事に育てている。50円〜100円くらいのプラ鉢で育ていると最も状態が良いようなので全部そのようにした。庭に地植えしていたものも全部掘り上げた。地植えでちゃんと栽培できることは証明できたと思っている。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2015/04/16 21:36
自宅のラン:オルキセラピアス・カピタータ 'レディサマンサ' の蕾
オルキセラピアス・カピタータ 'レディサマンサ' (Orchiserapias Capitata 'Lady Samanthar')の蕾がふくらんできた。大貫氏から頂戴したものが増え,半分だけ分譲したのだけれどまた増えている。丈夫な交配種で,初心者でもつくることができるのではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2015/04/16 12:32
自宅のラン:長生蘭「極黄流」 の蕾
「極黄流」に蕾が出てきて成長中。墨流し系の長生蘭は,いろんな意味で面白い。更に観察継続。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2015/04/15 08:49

トップへ | みんなの「エッセイ」ブログ

怠け者の散歩道 エッセイのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる