アクセスカウンタ

<<  2016年7月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
ハエを捕食するムシヒキアブの仲間
ハエを捕食するムシヒキアブの仲間 ちょっとだけ庭の草取りをしていたら,シオヤアブのような昆虫がハエを捕食しているのを見つけた。普通のシオヤアブよりもやや小型で全体に細く,脚が黒い。たぶん,サキグロムシヒキ (Machimus scutellaris) ではないかと思うのだが,はっきりしない。それにしてもすごいハンターだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/31 21:36
ナツイズイセンが開花
ナツイズイセンが開花 今年,これまで地植えで栽培してきたナツズイセン(Lycoris squamigera)を掘り起こし,鉢植え栽培に変更した。そのナツズイセンが開花した。無事に開花してくれて,ほっと一安心。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/07/31 21:22
自宅のラン:デンドロビウム・アフィルム(雲南産・小型種)がまた開花
自宅のラン:デンドロビウム・アフィルム(雲南産・小型種)がまた開花 デンドロビウム・アフィルム(雲南産・小型種)としてらん古さんから頂戴して育てているランがまた開花した。1個だけなのだが,可愛らしい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2016/07/27 09:16
自宅のラン:サギソウが開花
自宅のラン:サギソウが開花 サギソウ(Pecteilis radiata (Syn. Habenaria radiata))が開花した。夏を代表するランの一つかもしれない。私の好きなランなのだが,結構気難しくて,油断するとすぐにダメになってしまう。暑い盛りに手を抜いてしまうのが一番よくないようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/25 19:25
ヒヨドリバナの花にとまるアゲハチョウ(ナミアゲハ)
ヒヨドリバナの花にとまるアゲハチョウ(ナミアゲハ) サワヒヨドリとして購入した植物はヒヨドリバナだった。その花がどんどん開花している。この仲間の植物にはアサギマダラが寄ってくるということで有名なのだが,私の住んでいるあたりではアサギマダラを見かけることはない。その代わり,アゲハ(ナミアゲハ)が来ていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/25 19:18
自宅のラン:富貴蘭「春及殿」(セルフ実生品)の花(その後)
自宅のラン:富貴蘭「春及殿」(セルフ実生品)の花(その後) 富貴蘭「春及殿」(セルフ実生品)の花が成熟してきた,というか更に奇花になってきた。面白い品種だと思う。マンデルブロ曲線みたいというべきか,マトリョーシカのようだとでもいうべきか・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/22 09:11
自宅のラン:鉄皮石斛(別株)の花(その後)
自宅のラン:鉄皮石斛(別株)の花(その後) 鉄皮石斛(別株)の花がだいぶ黄色くなってきた。これなら「黄花」と言えるだろうと思う。それにしても長く花が咲いている。園芸品としては,これくらいの期間開花してくれれば上出来と評価できる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/18 18:09
自宅のラン:石斛「緑雲」
自宅のラン:石斛「緑雲」 石斛「緑雲」は,自分の予想よりも出来が悪い。今年は水苔の巻き方を少し変更し,従来よりも水苔の層をやや薄くしてみた。2年くらい様子を見ようと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/17 18:19
自宅のラン:デンドビウム・パリシイ・セルレアが満開
自宅のラン:デンドビウム・パリシイ・セルレアが満開 デンドビウム・パリシイ・セルレア(Dendrobium parishii forma coerulea)として購入したランの花が満開となった。とてもにぎやかだ。ただ,花の大きさが普通のデンドビウム・パリシイ(Dendrobium parishii)よりも小さい。来年もこうなるかどうかは不明。しばらく様子を見ようかと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/07/17 18:13
自宅のラン:石斛「京北の華」が開花
自宅のラン:石斛「京北の華」が開花 石斛「京北の華」が開花した。去年もこの時期に開花した。この時期に開花するデンドロビウムとしてはパリシイ(Dendrobium parishii)があるので,その白花品とカシオープの白花品のようなものを交配した上で,素心品の石斛品種で戻し交配した品種なのではないかとも考えられる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/07/14 12:04
自宅のラン:長生蘭「真金剛曙」の新葉
自宅のラン:長生蘭「真金剛曙」の新葉 長生蘭「真金剛曙」の新葉が展開している。一応,曙斑になっているけれども,イマイチ冴えない。今年から栽培方法を少し変更することにした。2〜3年くらい様子をみてみようと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/14 11:59
自宅のラン:富貴蘭「春及殿」(セルフ実生品)が開花
自宅のラン:富貴蘭「春及殿」(セルフ実生品)が開花 セルフ実生品苗として安く売っていた「春及殿」を1芽購入して何年か育ててきた。やっとそれらしい花が咲くところまできた。それにしてもすごい奇花だと思う。本性のものとは少し異なるようなのだが,基本的にどういうタイプの奇花なのかを理解することができたので,これでよしとしたい。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 8

2016/07/14 11:50
自宅のラン:富貴蘭「猩猩」が開花
自宅のラン:富貴蘭「猩猩」が開花 富貴蘭「猩猩」が開花した。ただし,今年はできがよくない。なかなか難しいものだ・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2016/07/13 10:15
グラジオラス
グラジオラス 何だかはっきりしない天気で,ときどき小雨がぱらついている。庭ではグラジオラスが咲いている。とても綺麗な花を咲かせる品種なのだが,花の部分が重すぎて途中で折れたり全体に倒れてしまったりすることが多い。人間が支えてやらないと生きることのできず,野生環境では絶えてしまう可哀想な品種ということになるのだろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/13 10:11
自宅のラン:石斛「伊豆錦」
自宅のラン:石斛「伊豆錦」 石斛「伊豆錦」は,冬の間に葉をちょっとかじられたりしてしまったが,どうにかこうにか維持。今年は矢(茎)の数が少し増えた。新葉が展開してきている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/12 12:31
自宅のラン:長生蘭「墨獅子」
自宅のラン:長生蘭「墨獅子」 長生蘭「墨獅子」から新木が出て新葉を展開している。今年は少し大きくなったような気がする。更に栽培方法を工夫して改善しようと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/12 12:27
自宅のラン:デンドビウム・パリシイ・セルレア(その後)
自宅のラン:デンドビウム・パリシイ・セルレア(その後) デンドビウム・パリシイ・セルレア(Dendrobium parishii forma coerulea)の茎を支柱から外し,垂れさがるようにした。花がどんどん開花している。基本的には緑花種との交配に間違いない。石斛の緑花品種と同じく,緑色から次第に白色に変化するので,結果的に青紫色花のように見える状態になる。花からは化学薬品のような特殊な香りがする。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2016/07/12 11:59
自宅のラン:富貴蘭「桂月」が開花
自宅のラン:富貴蘭「桂月」が開花 富貴蘭「桂月」が開花した。昨年の夏にやや多めにマグアンプを与えた結果かどうか,昨年よりも多数の蕾をつけてくれた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/11 18:04
自宅のラン:キロスキスタ・パリシイとして入手したラン
自宅のラン:キロスキスタ・パリシイとして入手したラン キロスキスタ・パリシイ(Chiloschista parishii)として入手したランが開花中だ。あまり肥料をやっていなかったせいか,昨年よりも花つきが良くない。今年はちょっと肥料をやろうと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/10 08:34
自宅のラン:石斛「帝錦」の新葉
自宅のラン:石斛「帝錦」の新葉 石斛「帝錦」の新葉が展開してきている。様々な斑模様が出ている。やや期待しながら観察継続。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/10 08:28
自宅のラン:ムカゴソウ(Herminium lanceum)が開花
自宅のラン:ムカゴソウ(Herminium lanceum)が開花 ムカゴソウ(Herminium lanceum)が開花した。M氏から岩手県産ということでありがたく頂戴したもので,例年どおりの時期の開花となった。1芽増えた。実は芽出しのときにナメクジにかじられダメかと思っていた。どうにか成長してくれたようだ。今年は,地上部が枯れたら植え替えをしようと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/10 08:23
自宅のラン:デンドビウム・パリシイ・セルレアとして入手したランが開花
自宅のラン:デンドビウム・パリシイ・セルレアとして入手したランが開花 デンドビウム・パリシイ・セルレア(Dendrobium parishii forma coerulea)として望月蘭園から入手したランが開花した。今年の東京ドーム世界ラン展に出店していた台湾の業者の売れ残り品を引き取ったものとのこと。セルレアというよりは緑花というべきもので,白花品との交配選別品か,近縁の緑花種との交配品ではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2016/07/10 07:01
ホソヘリカメムシ
ホソヘリカメムシ 昨日,アシタバの葉の上にホソヘリカメムシ(Riptortus pedestris)がいるのを見つけた。マメ科植物を食害することで知られているのだが,どうしてアシタバの葉の上にいたのかは不明。偶然だろうと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/09 09:56
自宅のラン:Dendrobium macrostachyum(六弁花) が開花
自宅のラン:Dendrobium macrostachyum(六弁花) が開花 Y先生から実生フラスコ苗をお預かりし,大事に育てているデンドロビウム・マクロスタチウム(Dendrobium macrostachyum)が開花した。今年も六弁花となったので,形質として固定しているものと判断した。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/09 09:17
八王子産のカンアオイの仲間の花
八王子産のカンアオイの仲間の花 だいぶ以前になるが,H氏から東京・八王子産のカンアオイなるものを頂戴した。今朝,鉢の手入れをしたところ,開花していた。カントウカンアオイ(Asarum nipponicum)ではない。たぶん,オトメアオイ(Asarum savatieri)の大型のもの(倍体品?)だろうと思う。仮にそうだとすれば,オトメアオイは東京西部にも分布していることになる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/08 12:14
自宅のラン:キバナノセッコク(土佐産)として入手したラン(別株)が開花
自宅のラン:キバナノセッコク(土佐産)として入手したラン(別株)が開花 キバナノセッコク(土佐産)として入手したランが開花した。数日前に開花した株とは別株のものだ。青軸なのだが,数日前に開花した青軸品と異なり,次第に暗んでチョコレート色の泥軸になる。土佐産ということになっているのだが,鉄皮石斛との交配ではないかと思う。土佐で交配作出されたという趣旨なのだろう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/08 11:20
自宅のラン:長生蘭「横綱」の変わり
自宅のラン:長生蘭「横綱」の変わり 以前,「横綱」の芽がわり品を入手した。一時調子を落としていたけれども,栽培方法を根本から変更してみたところ根が健全化し,全体に回復してきた。結構面白い品種のように思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/08 11:07
アシタバの葉を食べるキアゲハの幼虫
アシタバの葉を食べるキアゲハの幼虫 自宅の庭にはセリ科の植物が多いので,必ずキアゲハがやってきて卵を産みつける。大きく育ったアシタバの葉もたちまち食い荒らされてしまう。かなり複雑な心境・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2016/07/08 11:02
自宅のラン:富貴蘭「青海」が開花
自宅のラン:富貴蘭「青海」が開花 富貴蘭「青海」が開花した。小さな苗を購入してから2年ほどかかった。くしゃくしゃで淡い紅の混じる奇花だ。距が短い。Vanda lamellataを交配するとこんな形の花ができそうだ。Vanda pumilaを交配するとこのような小さな草体になりそうだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/08 10:58
自宅のラン:石斛「霊砲」
自宅のラン:石斛「霊砲」 石斛「霊砲」の新木が伸び,新葉が展開している。一応維持している感じ・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/07 15:34
自宅のラン:長生蘭「金鳥」
自宅のラン:長生蘭「金鳥」 長生蘭「金鳥」の親株からはいろんな可能性を秘めた葉が出てくる。非常に興味深い。更に栽培方法を工夫しながら観察を継続したい。なお,この株は,もともとは井出蘭草園で販売していたもののようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/06 10:43
自宅のラン:富貴蘭「轡虫」が開花
自宅のラン:富貴蘭「轡虫」が開花 富貴蘭「轡虫」がやっとまともに開花した。昨年,少し多めにマグアンプを入れておいたので,その結果が出たのかもしれない。どうみても人工交配種だと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/07/06 10:38
自宅のラン:庭木につけて栽培しているフウランが開花
自宅のラン:庭木につけて栽培しているフウランが開花 庭木につけて栽培しているフウランが開花した。昨年,はがして鉢植えにしようかとも考えたのだが,もう少し経過を観察してみることにした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/06 10:11
自宅のラン:長生蘭「金牡丹」−高芽からの育成株
自宅のラン:長生蘭「金牡丹」−高芽からの育成株 長生蘭「金牡丹」の高芽からの育成株が何となく白覆輪のようになってきた。とても小さいので栽培に苦心しているけれども,どうにかこうにか維持している。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/06 10:03
自宅のラン:デンドロビウム・オリゴフィルム
自宅のラン:デンドロビウム・オリゴフィルム デンドロビウム・オリゴフィルム(Dendrobium oligophyllum)は,一定以上の温度であれば年中いつでも開花しているランで,しかも,個々の花の寿命が比較的長い。つまり,交配親向きのランということが言えるのではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/05 14:47
自宅のラン:富貴蘭「大鷹丸」が開花
自宅のラン:富貴蘭「大鷹丸」が開花 O氏からありがたく頂戴して育てている富貴蘭「大鷹丸」が開花した。よく見ると,微妙に緑花になっている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/05 12:32
お隣りの庭のヤブカンゾウ
お隣りの庭のヤブカンゾウ お隣りの庭ではヤブカンゾウ(Hemerocallis fulva)が花盛り。いっぱい咲いている。ちょっとだけ御姿を拝借して写真を撮影。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/05 12:25
自宅のラン:高貴石斛「さくら」
自宅のラン:高貴石斛「さくら」 アマゾン杉さんからありがたく頂戴した高貴石斛「さくら」なのだが,開花後に調子を崩し,親株がダメになってしまった。ダメになる前にとった高芽を別の鉢に寄せ植えにして育てていた。こちらのほうは生き残った。斑が明瞭なものとそうでないものとがある。あと1〜2年で再び開花するのではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/05 12:21
サワヒヨドリとして入手した植物が開花
サワヒヨドリとして入手した植物が開花 サワヒヨドリ(Eupatorium lindleyanum)として通信販売で購入した植物の苗が育ち,開花した。サワヒヨドリ(Eupatorium lindleyanum)ではなくヒヨドリバナ(Eupatorium chinense (Syn. Eupatorium makinoi var. oppositifolium; Eupatorium makinoi))の範疇にある植物だと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2016/07/05 08:26
自宅のラン:長生蘭「白鷺丸」
自宅のラン:長生蘭「白鷺丸」 長生蘭「白鷺丸」 は,ちょっと調子を落としていた。植え方を変更して様子をみていたところ,どうにか回復したようだ。元気に新木が出てきて新葉を展開している。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/04 09:47
自宅のラン:オサラン(白花)として入手したランが開花
自宅のラン:オサラン(白花)として入手したランが開花 夕方になって,オサラン(白花)として入手したランが開花していることに気づいた。ほぼ1日程度しか開花していないはずなので,慌てて写真を撮った。しかし,白花ではなかったという点を一応措いてもちょっと奇妙だ。植物体も花も普通のオサラン(Conchidium japonicum (Syn. Eria reptans; Eria japonica))とは異なる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/07/03 18:21
自宅のラン:キバナノセッコク(土佐産)として入手したランが開花
自宅のラン:キバナノセッコク(土佐産)として入手したランが開花 キバナノセッコク(土佐産)として入手したランが開花した。鉄皮石斛との交配実生からの選抜品の可能性を否定できない。キバナノセッコクは野生・固有種ではないと判断している。この前提では,仮に親株が土佐産だったとしても,そのセルフ交配実生からは必然的に様々な形質のものが出てくると考える。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/07/03 13:37
自宅のラン:キバナノセッコク(青軸)として入手したランが開花
自宅のラン:キバナノセッコク(青軸)として入手したランが開花 キバナノセッコク(青軸)として入手したランが開花した。この株は,ポリポットにバーク植えで育てている。青軸は後暗みしないので青軸品と言えると思う。鉄皮石斛交配品種(素心品)のセルフ実生の中から素心にならない青軸品を選別し,キバナノセッコク青軸品として流通させているものと推定することができる。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/07/03 13:27
自宅のラン:富貴蘭「紀の白波」 が開花
自宅のラン:富貴蘭「紀の白波」 が開花 富貴蘭「紀の白波」 が開花した。今年は富貴蘭の調子が良いようだ。他にも蕾が大きくなってきているものがあり,しばらくの間は富貴蘭品種の花で楽しめそうだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2016/07/03 13:16
自宅のラン:ボウラン(Luisia teres)が開花
自宅のラン:ボウラン(Luisia teres)が開花 素焼鉢に水苔植えにした上で,庭の簡易栽培棚に吊るしておいたボウラン(Luisia teres)が開花した。結構長く栽培しているのだが,ここ数年開花しなかった。そこで,肥料不足かと推定し,マグアンプを少しやって様子をみていたら開花した。たぶん,肥料不足(特にリン成分の不足)によるものだったのだろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/03 13:08
自宅のラン:デンドロビウム・アダンカム(Dendrobium aduncum)がまた開花
自宅のラン:デンドロビウム・アダンカム(Dendrobium aduncum)がまた開花 4月に開花したデンドロビウム・アダンカム(Dendrobium aduncum)がまた開花した。4月に開花した後,鉢を外の棚に吊るしておいた。本来の開花時期かもしれない。これとキバナノセッコクを交配すれば桃色花のキバナノセッコク品種をつくれるのではないかと考えた人もいたのだろうと想像する。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2016/07/03 13:00
自宅のラン:斑入りの幽谷蘭(Liparis formosana)
自宅のラン:斑入りの幽谷蘭(Liparis formosana) T氏からありがたく頂戴した斑入りの幽谷蘭(Liparis formosana)は元気な状態で維持している。ただ,まだ花を見ていない。もう少し力がつかないと開花しないのではないかと思う。これとは別に覆輪のものもあったのだが,何だか病気がついてダメになってしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/01 11:41
ムサシノキスゲの蕾の上のナガメ
ムサシノキスゲの蕾の上のナガメ ムサシノキスゲの花を見にいったら,蕾の上にナガメ(Eurydema rugosa)がいるのを見つけた。菜の花を食害するので菜の亀虫という意味で「ナガメ」という名がついているようなのだが,なぜキスゲの蕾にいたのかよくわからない。花が黄色なので菜の花と間違えたのかもしれない(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/01 11:33
自宅のラン:鉄皮石斛(別株)が開花
自宅のラン:鉄皮石斛(別株)が開花 別株の鉄皮石斛が開花した。植物体は去年よりもだいぶ大きくなっている。このタイプのものは,水苔を硬く素焼鉢に詰めて植え,外の日蔭に吊り下げて栽培している。冬の間,戸外に出しておいても大丈夫のようだ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/07/01 11:26

<<  2016年7月のブログ記事  >> 

トップへ

怠け者の散歩道 2016年7月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる