怠け者の散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 自宅のラン:長生蘭「金牡丹」−高芽からの育成株

<<   作成日時 : 2016/07/06 10:03   >>

トラックバック 0 / コメント 2

長生蘭「金牡丹」の高芽からの育成株が何となく白覆輪のようになってきた。とても小さいので栽培に苦心しているけれども,どうにかこうにか維持している。

Dendrobium cv.
金牡丹

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
電脳中年Aさん

「金牡丹」あるあるです^^ 
周縁コンペが出だしてくると白っぽくなります、現に右側の芽は小さいながらも最上の芸(周縁コンペ系牡丹芸)が出だして 中央の芽も周縁コンペはいってきてると個人的には思います。

実は「金牡丹」最上芸をした固体が非常に少ないです。多分・・・完全に牡丹芸になっている固体は全国でも50株無いと思います。 下手な高級品種よりも希少です。

これがまた日照多く採っても出る芸ではなくて(金牡丹の場合)右側の小さいのは大事にしてください。それは間違い無く最上芸です。

ただ「金牡丹」ですから最近選別して解る方が一部しかいないのですよね・・・・そこが最上芸の数が少ないところだと思います。私も「金牡丹」「茶杓丸」はつねに選別しています。小さな事からコツコツとです。何代か選別してるうちに安定した芸になっていくと思います。

緑屋
2016/07/06 22:54
緑屋さん

一番右側のちっこい高芽は,他のと少し違いますよね。

とにかく小さな高芽ばかりなので神経を使いますけど,がんばって育ててみます。
電脳中年A
2016/07/07 01:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
自宅のラン:長生蘭「金牡丹」−高芽からの育成株 怠け者の散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる