怠け者の散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 自宅のラン:高貴石斛「さくら」

<<   作成日時 : 2016/07/05 12:21   >>

トラックバック 0 / コメント 2

アマゾン杉さんからありがたく頂戴した高貴石斛「さくら」なのだが,開花後に調子を崩し,親株がダメになってしまった。ダメになる前にとった高芽を別の鉢に寄せ植えにして育てていた。こちらのほうは生き残った。斑が明瞭なものとそうでないものとがある。あと1〜2年で再び開花するのではないかと思う。

Dendrobium nobile


Dendrobium nobile


ずっと観察し続けていて思うのだが,この株は純粋な高貴石斛(Dendrobium nobile)ではないかもしれない。もしかすると,カシオープ(Dendrobium Cassiope)のようなものなのではなかろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ありゃりゃ、残念ながら
この個体の由来わからないんです。
10年近く前、パフィオで有名な大和農園で購入しました。そこの従業員の方も入手してから10年は経っているはずとの事なので、最低でも20年前には誕生してますね。
アマゾン杉
2016/07/07 23:03
アマゾン杉さん

謎のランですよね^^;

あくまでも想像なのですが,作出者は,ノビル原種と信じていたランAとセッコクと信じていたランB(斑入り品種)を交配して「さくら」を作出したのではないかと思います。つまり、斑入りのカシオープをつくろうとしたのに,結果としては,ノビルそっくりの斑入り品ができてしまったのではないかと想像しております。

しかし,ランAは実はカシオープで、ランBは実はカシオープ×イセのような交配品だったという可能性があります。

・・・というわけです。
電脳中年A
2016/07/07 23:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
自宅のラン:高貴石斛「さくら」 怠け者の散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる