怠け者の散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 自宅のラン:台風で落ちていたという九州産のナゴラン(Phalaenosis japonica)

<<   作成日時 : 2016/06/19 13:33   >>

トラックバック 0 / コメント 8

台風で落ちていたという九州産のナゴラン(Phalaenosis japonica (Syn. Sedirea japonica))をありがたく分けていただき,大事に育ててきた。小さいままなのだけれども,どうにか維持している。私の住んでいるところは少し寒いので開花させることができるかどうか自信はないが,どうにか頑張ってみようと思う。

Phalaenosis japonica
Phalaenosis japonica


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
電脳中年Aさん

若い葉が気持ちよさそうですね〜。
伸び伸び生長中の様に見えます(^.^)
アルパカ
2016/06/20 07:20
アルパカさん

この鉢は2.5号ですので,それで大きさを想像していただけると思います。

ちっちゃいので神経を使います^^;
電脳中年A
2016/06/20 07:41
電脳中年Aさん

良かったです 生きていますか^^ 流石です
緑屋
2016/06/20 23:28
緑屋さん

ありがとうございます。

新根が動いてきたので,ミズゴケの上を這わせるようにして育てることにしています。昨年もそのようにしました。

現在の分類ではコチョウランの一種ということになっており,確かにそういう形質的特徴があるので,根でも光合成をさせるのが栽培のコツのような感じがします。

電脳中年A
2016/06/21 07:59
大きさを自分で想像していました。
2号鉢かな、と思っていたので、0.5号分のハズレです。
いずれ咲いてくれるといいですね。

ナゴランは私も育てていますが、この数年作落ち気味で試行錯誤中です。
花は毎年咲くものの、その後、夏に元気がなくなってしまうんですよ。

そこで(ちょっと飛躍して聞こえるかもしれませんが)時期をさかのぼって、冬の管理から見なおしてみました。
昨年よりも新根がたくさん出て調子がよさそう … でも、欲目かもしれません(^^ゞ
YoYo
2016/06/21 15:33
YoYoさん

ナゴランは,耐性の面で個体差があるようで,特に無菌フラスコ苗の中にはかなり弱いものもあるようです。

何回か失敗し,ちょっとやめていたのですけれど,せっかく頂戴した野生個体かもしれない苗だったので,大事に育てました。

おっしゃるとおり,冬期間の管理で大きな差が出るように思います。

冬は室内の簡易フレーム内で保温し,LEDランプが比較的よくあたるようにしました。湿度は若干乾燥気味です。東南アジア〜南西諸島あたりの冬はやや乾燥していることを考慮しました。

何と言っても沖縄〜南九州のあたりが南限の胡蝶蘭の仲間なので,冬の間にはそれなりに加温した栽培が必要ということになるではないかと思います。夏の間は,外の棚の半日蔭で風通しのよいところに鉢を置いて育てています。
電脳中年A
2016/06/22 10:26
YoYoさん

上記で「南限」と書いたのは「北限」の誤記です。
電脳中年A
2016/06/22 14:27
電脳中年Aさん、ありがとうございます。
大丈夫です。「南/北」読み替えておりますから^^

拙個体も現在、水苔の上を這うように根が伸びています。

YoYo
2016/06/22 18:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
自宅のラン:台風で落ちていたという九州産のナゴラン(Phalaenosis japonica) 怠け者の散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる