怠け者の散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS つくば植物園:コンニャクの花

<<   作成日時 : 2016/01/07 09:23   >>

トラックバック 0 / コメント 2

つくば植物園の熱帯雨林温室1階でコンニャクの花を見た。大きい。赤い色のもの(赤城大玉)と白いもの(種名不詳)とがあった。コンニャクの仲間は熱帯性の植物なので,関東地方だと相当加温した温室がないと花を見ることができない。

Amorphophallus konjac
コンニャク「赤城大玉」


Amorphophallus sp.
コンニャクの一種(種名不詳)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
電脳中年Aさん

赤城大玉…とは、いかにも群馬県らしいですね)^o^(
食べられるまでには、手間暇年月がかかるのですよね。
オオコンニャクのような、何か特徴的な匂いなどあるのでしょうか?
ぱんだうさぎ
2016/01/07 23:46
ぱんだうさぎさん

コンニャクは栽培したことがないので,どれくらいかかるのかを実際に確かめたことはないです。むかし読んだ白戸三平さんの作品の中で蒟蒻芋の毒性について書かれているものを読んだことがあり,その真偽のほどは知りませんが,何となく敬遠したくなる植物の一つです(笑)

この写真の花は,特に匂いはありませんでした。

一般に,コンニャクの仲間は,夜間に強烈な腐臭を発し,蠅の仲間を集めて授粉させるとされていますので,明るい間は匂わないものかもしれません。実物を育てたことがないので,よくわかりません。

電脳中年A
2016/01/08 10:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
つくば植物園:コンニャクの花 怠け者の散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる