怠け者の散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS つくば植物園:ムニンタツナミの花

<<   作成日時 : 2016/01/07 09:15   >>

トラックバック 0 / コメント 2

つくば植物園の多目的温室で,「オガサワラタツナミ」と書かれた札のついたシソ科植物の白い花を見た。たぶん,ムニンタツナミ(Scutellaria longituba)と同じものだろうと思う。普通のタツナミソウと比較するとかなり大型の植物だ。それにしても,小笠原の植物の花には白いものが多い。

Scutellaria longituba


Scutellaria longituba
Scutellaria longituba



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
電脳中年Aさん

大きいですね^^
個人的に思うのは「白い花」=暗い場所・高地 と思ってしまいます。

動物(昆虫など)の生物が極地的な場所で探しえるのが圧倒的に白が目立つのではと言うのが自論です。

この植物の植生環境はわかりませんが 森のうっそうと茂る樹林下での植物なのでしょうか?
緑屋
2016/01/10 21:50
緑屋さん

自生地をみたことがないので何とも言えないのですけど,森林の中でないと(小笠原の草地等では海風がかなりきつい場合があるので)このタイプの植物は生育できないかもしれませんね。
電脳中年A
2016/01/11 05:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
つくば植物園:ムニンタツナミの花 怠け者の散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる