怠け者の散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS つくば植物園:キクタニギク(アワコガネギク)

<<   作成日時 : 2015/11/11 09:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

先日,つくば植物園でキクタニギクの花が咲いているのを見た。アワコガネギクともいう。在来種と帰化種とがあるとされている。私の考えでは,在来種とされているものは江戸時代ころに中国から輸入されたものの子孫と思われるので,1個体残らず全部帰化植物だと考えるのが正しい。

キクタニギク


キクタニギク
キクタニギク


つくば植物園の名札には「Chrysanthemum boreale」との学名が記載されている。

「Chrysanthemum boreale」との名は二重登録のような状態になっている。

劣後する「Chrysanthemum boreale Makino, not (Fischer ex Candolle) B. Fedtschenko (1915)」は「Dendranthema lavandulifolium var. seticuspe」の異名(Synonym)とされるが,現在は,「Dendranthema」との属名は使用されていない。

優先する「Chrysanthemum boreale (Fischer ex Candolle) B. Fedtschenko (1915), not Makino」の現時点における標準的な学名は「Tanacetum vulgare」であり、「Chrysanthemum boreale (Fischer ex Candolle) B. Fedtschenko (1915), not Makino」はその異名(Synonym)とされている。

他方,「Chrysanthemum seticuspe」との学名は,現在では廃止されている。

結局,つくば植物園で花を咲かせているキクタニギク(アワコガネギク)の学名は全く不明の状態だと言える。

環境省のレッドリスト等を含め,現時点の分類では「ちょっと・・・」という記載が多すぎる。そのような怪しい記載に基づいて行政権(特に罰則の適用)を発動してはならない。


  アワコガネギク
  http://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/80500.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
つくば植物園:キクタニギク(アワコガネギク) 怠け者の散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる