怠け者の散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS ツルムラサキ(Basella alba)の花と実

<<   作成日時 : 2015/07/31 11:22   >>

トラックバック 0 / コメント 4

自宅の庭に野菜として妻が植えておいたツルムラサキ(Basella alba)が成長し,ノブドウかヨウシュヤマゴボウの実のような黒紫色の果実をつけている。植物体は全体としてつる性のタデ科植物に似ており,花もタデ科のイヌタデの仲間の花の形と似ている。小さなアリが花にもぐりこんでいるので,たぶんポリネータなのだろう。

Basella alba


Basella alba


Basella alba
Basella alba



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
電脳中年Aさん

物好きな虫が沢山寄って来そうです。
物好きってアリの事だったのでしょうか?
確か働き者で、女王アリを大事にしていますね(^.^)
カッコー
2015/07/31 20:48
カッコーさん

写真ではわかりにくいのですが,とても小さな花です。普通のハチやアブでは入りこむことができません。コバエでも難しいくらいです。

自然界は面白いです。
電脳中年A
2015/07/31 22:47
電脳中年Aさん

自然界が面白いと言う事は
分解したり、切開して見たくなりますね。
ずんぐりむっくりの金平糖を分解するより
優しそうです。スパンと半分に成りそうですね。

小バエでも侵入が難しい花なんて、
生きてる事すら不可思議ですが
花としては有っても無くても困らない
花なのかもしれませんね〜。
だとしたら何のための花なのかしら?
何れ退化するのでしょうか?
まあ、私の人生にあまり関係ありませんでした。

もういくつか不思議な事があるのですが、
電脳中年さんが御年を取られたら
電脳老年さんに成られるのですか?
もう長いですもの。
そして、何故、BやZでなくて初めのAだったのかしらと
考えていると眠れなくなります(^.^)

カッコー
2015/08/02 02:08
カッコーさん

固定観念は全部捨てて,丹念に図鑑を全部よみ全部覚えてしまいましょう。

例えば,イネ科植物のような風媒花ではポリネータを必要としません。

綺麗な蝶や蜂などがいなければ授粉しない植物も多数ありますけど,それは植物全体の中ではごく一部です。植物の中でもシダ植物は全く別の方式で生殖活動をします。

代表的なものはわかりやすいのですが,人間にとってわかりやすいから代表として選ばれているだけのことであって,その種族の中で標準的または中心的な様式をもつグループではないということは非常にしばしばあります。

このことは,人間のライフスタイルでも全く同じなので,自分にとって理解しやすいかどうかという判断基準で世界をながめている限り,確実に世界に対する認識に失敗します。

ところで,過去記事で何度か書いたのですが,「電脳中年A」というハンドルネームは,中森明菜さんの「少女A」という曲のタイトルから思いついたもので,最初は「中年A」としようかと思いました。しかし,それでは何となく寂しいので飾りをつけて「電脳中年A」としました。それだけのことです。英訳すると「a man」くらいの意味しかありません(笑)。
電脳中年A
2015/08/02 07:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
ツルムラサキ(Basella alba)の花と実 怠け者の散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる