怠け者の散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 自宅のラン:キバナノセッコク(青軸)として入手した蘭が開花

<<   作成日時 : 2015/07/04 08:44   >>

トラックバック 0 / コメント 0

キバナノセッコク(青軸)として入手した蘭が開花した。実生品なのだが,純粋なキバナノセッコク(Den. tosaense)ではなく,鉄皮石斛(Den. officinale)や南西諸島〜台湾産のキバナノセッコク(Den. stricklandianum)との交配・選抜品なのではないかと思う。ただし,Kewの分類では、それら全てがDen. catenatumとして扱われる。

Dendrobium catenatum


Dendrobium catenatum


Dendrobium catenatum
キバナノセッコク(青軸)として入手した蘭


この個体の背丈は非常に高くなった。直立させているので高くなったのだが,本来は下垂するものだろうと思う。何となくオキナワセッコク(Den. okinawense)を想起させるような矢(茎)だ。

硬質ポリポットにバーク植えで育てている。このタイプの蘭では,このやり方が最も良い結果を出している。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自宅のラン:キバナノセッコク(青軸)として入手した蘭が開花 怠け者の散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる