怠け者の散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 自宅のラン:石斛「三冠王」の新葉

<<   作成日時 : 2015/06/14 22:12   >>

トラックバック 0 / コメント 5

三冠王」の新葉が展開してきている。美しい白中斑だ。ところで,「三冠王」は石斛「白露」とキバナノセッコクとの間の交配種だとされている。「白露」も栽培している。元気に育っており,綺麗に白覆輪が出てきている。

Dendrobium cv.
三冠王


Dendrobium cv.
白露


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
電脳中年Aさん

花と葉を見乍ら考えるのですが、
命名者がイメージした三冠王と言うのは
あと一つは何だったのでしょう?

ぱんだうさぎ
2015/06/15 01:39
ぱんだうさぎさん

@矢(茎)は透矢,A葉は白中斑,A花は緑覆輪紅点花で三冠王です。

葉について白中斑ではなく中透緑覆輪とする解説もあります。実質は同じで,観点の相違に基づくものです。葉の白い部分は次第に暗んで緑色になります。

ところで,「白露」の写真をみていただけると,白覆輪になっています。したがって,「三冠王」を交配・作出するためには白中斑のキバナノセッコクと交配しなければなりません。ところが,そのようなものは,台湾産キバナノセッコクと別種との交配品しか存在しません。また,どの地域のキバナノセッコクを用いても,それだけでは緑覆輪花の品種を作出することができません。つまり,「白露」×キバナノセッコク(原種)では絶対に「三冠王」を作出することができないはずだ・・・というあたりが非常に興味深いわけです。その名のとおり三種の交配なのではないかと想像しています(この場合の「三」とは,個数の3ではなく「多数」という意味です。)。
電脳中年A
2015/06/15 06:56
素人ながら私自身の経験ですが無菌播種した事があり中斑、覆輪共に周縁キメラと思われる斑入りは実生で遺伝しませんでした…
それでも数十万?近い苗には数株ですが遺伝したかのような斑入りが発現します 自然界で発現する割合と同じでしょうか…(^^;;
なのでその様に偶発にできたものをメリクロンによる増殖を図ったのでは?とか思ってしまいます 効率悪い話です…(^^;;
あちらの国で作出された話のようなので情報が全て出てい無いとは思いますが…(^^;;
モンザ
2015/06/15 07:40
しかしながら緑覆輪花については上記交配で狙って作れそうにないですね…(^^;;
モンザ
2015/06/15 07:42
モンザさん

3種以上混合で交配すると,こういうものを作出することができそうです。

「三冠王」という名はあまり感心しませんけど,品種それ自体としてはなかなか良いものだと思います。特に,新葉の白がとても綺麗です。

由来については,とても明確なのようで少しも明確ではない部分がありますね。民芸品のようなものだと思って楽しみながら栽培しております^^
電脳中年A
2015/06/15 08:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
自宅のラン:石斛「三冠王」の新葉 怠け者の散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる