怠け者の散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 自宅のラン:石斛「楼鼓」が開花

<<   作成日時 : 2015/05/14 17:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「楼鼓」が開花した。同一個体が以前開花したときの花とは全く異なる。Dendrobium speciokingianum の遺伝子が混じっており,条件次第で交配親の片方の系統の形質が強く現れるという非常に興味深い品種だと言える。残念ながら葉は落ちてしまったが蕾がいっぱいついており,根も健全なので今年が楽しみ。

Dendrobium cv.


Dendrobium cv.


Dendrobium cv.
楼鼓


これまでの実験結果から明らかなとおり,秋花が咲く品種は,オーストラリア産のデンドロビウムの交配だと推定することができる。花物石斛では主としてDendrobium speciokingianumが用いられているように思う。葉芸品ではDendrobium kingianumの斑入り品を用いているものもあるようだ。

開花促進剤等を用いて強制的に秋花を開花させてみると,だいたいの見当をつけることができる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自宅のラン:石斛「楼鼓」が開花  怠け者の散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる