怠け者の散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 自宅のラン:長生蘭「金星」(1980年代交配) の花

<<   作成日時 : 2015/05/13 08:29   >>

トラックバック 0 / コメント 4

緑屋さんからありがたく頂戴して育てている「金星」(1980年代交配)なる品種が開花した。「富士丸」の花と似ている。面白い。

Dendrobium cv.


Dendrobium cv.


Dendrobium cv.
「金星」(1980年代交配)


[追記:2015年5月24日]

最後の花が咲いている。だいぶ傷んできたけれども満開の状態の写真として記録することにした。

Dendrobium cv.



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
電脳中年Aさん

次々に開花してますね。
今の時期に開花するものは
冬季は室内栽培の物がおおいのですか?
アルパカ
2015/05/13 22:19
アルパカさん

いま開花している石斛は、ほとんど全部、外の棚で栽培しているものです。
電脳中年A
2015/05/13 23:53
電脳中年Aさん

「金星」はここまで 花は大きくなりませんね・・・・面白いのが「金星」セルフや交配をすると花が大きくなってしまう傾向があるようです。
緑屋
2015/05/15 05:54
緑屋さん

もともとは比較的大きな花を咲かせる洋ラン・デンドロビウムだった品種だろうと推定しています。交配を重ね,選別により小くて個性的な個体が見いだされたのでしょう。しかし,本来は大きくなる遺伝子を含んでいる品種なので,セルフや交配をやると元気よく大きくなることがあるのだろうと思います。

栄養繁殖によってのみ本性の個体は維持可能なのでしょう。ですので,寿命がきたらそれでおしまいということになります。
電脳中年A
2015/05/15 08:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
自宅のラン:長生蘭「金星」(1980年代交配) の花 怠け者の散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる