怠け者の散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 自宅のラン:長生蘭「金星」の蕾

<<   作成日時 : 2015/05/08 11:13   >>

トラックバック 0 / コメント 2

金星」の蕾は変化するのだけれど,今年の蕾は,「都鳥」や「翁」のような兜咲き品種の蕾とそっくりになっている。「蕾の外形的形質の時的な変化は異なる交配親の歴史を順に示すことがある」という仮説をたてて,更に慎重に観察継続。

Dendrobium cv.


Dendrobium cv.
金星


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
電脳中年Aさん

ある一部の品種 または花がシケルと同じようになります。

観察継続してみてください。
緑屋
2015/05/09 02:00
緑屋さん

環境条件等の相違で様々な変化が出ることは理解できます。

問題は,遺伝子的素因が全くなくてもそのような変化が起きるかどうかです。私は,遺伝子的素因が存在していると考えています。とりわけ交配品では様々な形質を発現させる遺伝子がもともと含まれており,どの素因を実際に発現させるかは環境要因によって支配されたスイッチとなるホルモンの分泌の有無によって決定されると考えるわけです。

メンデルの単純な豆の色だけの理論ではうまく説明できない部分があり,根本的なことを含め,研究中です。ただ,こういう研究は本来私がやるべき必要性のないことで,その道の専門家がちゃんと研究すればきっと私見と同じ結果になるはずのものですから,それなりに研究費をとって研究し,ちゃんとした研究論文を公表してノーベル賞をとってもらいたいものだと思っています。日本の誇りになります。
電脳中年A
2015/05/09 03:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
自宅のラン:長生蘭「金星」の蕾 怠け者の散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる