怠け者の散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 自宅のラン:石斛「紅車」が開花

<<   作成日時 : 2015/05/01 15:37   >>

トラックバック 1 / コメント 4

紅車」が開花した。昨年がんばって栽培したら,随分と巨大化した。草姿は「薩摩紅」や「大隅紅」と似ている。全体として,何となく「雷山」の実生兄弟のようなものではないかというような気がする。

Dendrobium cv.


Dendrobium cv.


Dendrobium cv.
紅車


[追記:2015年5月5日]

満開となった。写真を追加する。

Dendrobium cv.


Dendrobium cv.
紅車

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
自宅のラン:石斛「紅車」が開花
石斛「紅車」が開花した。だんだん力がついてきたのではないかと思う。 ...続きを見る
怠け者の散歩道
2016/05/05 13:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
電脳中年Aさん

潔い咲きっぷりです。
去年より二週間早いのですね。
やはり今年は季節の訪れが早いのでしょうか?
ぱんだうさぎ
2015/05/02 01:13
ぱんだうさぎさん

太陽からの放射の変化はあると思いますが,気温は低いので,従来の普通の考え方による「季節」の概念を根本から変更する必要があるのではないかと思っています。極論すると,地球の地殻変動の活発化と太陽活動の変動により,地球上の生命体は全部絶滅の危機に直面している可能性があります。地球の地殻変動は,太陽の活動の変化と密接に関係しており,結局,太陽の気分次第ということになりそうです。

このようなマクロ的な問題とは全く別に,私は複数の異なる環境条件を再現した作場を構築していて,毎年,より適切な作場に鉢を移動させながら栽培実験を続けております。つまり,栽培条件が同一ではありません。

ですので,こういうミクロ的な要素を重視すると,栽培方法の変更により少し早く開花したということもできそうです。

私にもっと時間とお金があれば,より正確に比較できる栽培実験をすることができるのですが,ちょっと無理です(笑)
電脳中年A
2015/05/02 02:02
電脳中年Aさん

「大紫宝」と呼ばれる品種の兄弟だと思っています。
多分?同じ系統で「大紫殿」と言う物が有りますがそちらと似ています^^;
緑屋
2015/05/02 03:14
緑屋さん

もともとはごく少数の株から始まっていて,戻し交配や重ね交配している過程でいくつかの派生品種が生まれたのでしょう。

戻し交配の過程ではイセまたはイセ類似品(中国産桃色花品種を含む)を混ぜるというようなことが行われたと推定されるものもあり,そのために外形的な形質に差が出ております。しかし,元は同じですね。

これまであまり肥培しないで根の強化と増殖につとめてきましたが,今年からは超肥培実験に入ることができそうです。きっと,私見を裏付ける形質変化がみられるだろうと考えています。
電脳中年A
2015/05/02 07:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
自宅のラン:石斛「紅車」が開花 怠け者の散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる