怠け者の散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 自宅のラン:長生蘭「金龍」(ヨネヤマ株)の蕾

<<   作成日時 : 2015/05/02 09:30   >>

トラックバック 2 / コメント 0

長生蘭として流通している品種の中には「どうも同じ遺伝子構成ではない」と疑われる複数の系統のものが存在しているように思う。そこで,ヨネヤマではどのように考えているのかを知りたくて,何種類かの品種の苗を購入し,育ててみた。その中の1品種「金龍」に蕾がついた。ヨネヤマでは,これを「金龍」としている。

Dendrobium cv.


Dendrobium cv.
金龍


これまで入手した個体限りのことではあるけれども,ヨネヤマ株には他の流通個体と全く同じもの(同株からの分け株)もあれば,全く異なるものもある。非常に面白い。

写真の「金龍」は,どのような角度から考え検討してみてもノビル系交配品種だ。100パーセント確実だと言える。そもそも「金龍」は,長生蘭番付などの古文献でも「唐石斛」として扱われてきたので,日本産のラン科植物ではない。

問題は,その交配がなされた時期に尽きる。江戸時代なのか,明治以降・戦前なのか,それとも,戦後のことなのか・・・



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
自宅のラン:長生蘭「銀龍」(ヨネヤマ株)の蕾
「金龍」と同様,「銀龍」にも複数の異なるタイプのものが流通しているように思えてきたので,ヨネヤマが「銀龍」だと考えている個体を知りたくて苗を購入してみた。「銀龍」から「銀雪」に変化する途中の個体のようだ。その「銀龍」に蕾がついた。じきに開花するのではないかと思う。 ...続きを見る
怠け者の散歩道
2015/05/03 16:00
自宅のラン:長生蘭「金龍」(ヨネヤマ株)の花
「金龍」(ヨネヤマ株)が開花した。今日は,台風の影響で強風が吹き荒れている。中国からの汚染微粒子が大量に舞っているようで白い花に黒く小さな塵がついていしまっている。ちょっと考えたのだけれども,こういう微粒子が飛来しているという事実を写真に残すことも重要だと考え,そのまま撮影することにした。 ...続きを見る
怠け者の散歩道
2015/05/12 11:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自宅のラン:長生蘭「金龍」(ヨネヤマ株)の蕾 怠け者の散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる