怠け者の散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 自宅のラン:石斛「尾呂志」が開花

<<   作成日時 : 2015/05/20 10:04   >>

トラックバック 2 / コメント 2

「尾呂志」が開花した。同一個体なのに,以前咲いた花とは全く別物のような花となった。これで本咲きなのだろうと思うが,非常に面白い。この品種もまた,開花時の条件次第で,交配親のどちらかの系統の形質を顕著に表わす形質をもった花を咲かせるのだろうと思う。

Dendrobium cv.


Dendrobium cv.


Dendrobium cv.


Dendrobium cv.
尾呂志


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
自宅のラン:石斛「尾呂志」(その後)
「尾呂志」は,その後新木が何本か出てきて葉を展開し,それらしい形になってきた。まあまあというところではないかと思う。 ...続きを見る
怠け者の散歩道
2015/08/17 12:37
自宅のラン:石斛「尾呂志」の高芽に開花
石斛「尾呂志」に高芽ができ大きくなったので,矢(茎)から外して鉢の縁に挿しておいた。ところが,その高芽に蕾ができ,開花した。何ともかんとも・・・ ...続きを見る
怠け者の散歩道
2016/06/10 19:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
電脳中年Aさん

開花時の条件とは、環境により適したものが
現れるのでしょうか???
アルパカ
2015/05/21 12:12
アルパカさん

AとBの交配品を考えてみた場合,気象条件や開花時期等により,Aの遺伝子を反映する花を咲かせたり,Bの遺伝子を反映する花を咲かせたり,同一個体なのにまちまちな外形的形質を現すことがあるという仮説です。この場合,AまたはBのどちらか一方の遺伝子だけが残っている両方とも共存していて,通常はどちらか一方が出るというように考えます。
電脳中年A
2015/05/21 12:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
自宅のラン:石斛「尾呂志」が開花 怠け者の散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる