怠け者の散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 自宅のラン:Dendrobium hercoglossumとして購入したランが開花し始め

<<   作成日時 : 2015/05/01 07:37   >>

トラックバック 1 / コメント 2

Dendrobium hercoglossumとして購入したランが開花し始めた。蕾の先端が尖って鉤状に曲っており,特徴的。花柄には蜜が出ている。花の蕊柱の頂点付近の紅色の特徴から他の類似種と区別できる。更に観察継続。

Dendrobium hercoglossum


Dendrobium hercoglossum


Dendrobium hercoglossum


加温した室内で栽培してみた。一応,温室なしでも栽培できる蘭ということになりそうだ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
自宅のラン:Dendrobium hercoglossumとして入手したランの花
Dendrobium hercoglossumとして入手したランが満開に近くなってきた。Dendrobium hercoglossumで間違いないと思う。石斛品種の中で蕊柱の頂点部分が赤鼻のトナカイのように紅色になるタイプのものは,このランの交配種だと推定できると思う。紅色のぼかし覆輪品種の中にもありそうだ。 ...続きを見る
怠け者の散歩道
2015/05/03 15:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
電脳中年Aさん

バルブも花も生育盛んで
寒さにも強いのですか。
メモしておこうかしら(#^.^#)
アルパカ
2015/05/02 00:57
アルパカさん

バルブを充実させるためには,夏の間,十分に日光にあてて光合成を促進させるのがコツです。ただし,暑すぎると仮休眠になってしまいますので,そこらへんの工夫をどうするかが一番大事ということになりますね。ただし,栽培場所によって環境条件が異なるので,「こうやれば大丈夫!」といったような画一的な方法は存在しません。具体的な方法は栽培者各自がいろいろと試してみるしかないでしょう。

このデンドロビウムは,寒さにも比較的強いように思います。日本の石斛交配品種でも交配親として用いられているのですが,日本の環境を考えると,寒さに比較的強いということが交配親として採用された決め手ということになるのかもしれません。
電脳中年A
2015/05/02 01:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
自宅のラン:Dendrobium hercoglossumとして購入したランが開花し始め 怠け者の散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる