怠け者の散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 庭のマムシグサの芽出し

<<   作成日時 : 2015/04/23 12:03   >>

トラックバック 1 / コメント 2

庭のマムシグサ(Arisaema serratum)が芽を出していた。昨年よりも少し大きくなったような気がする。緑色の花を咲かせる綺麗なタイプで,私のお気に入りの一つ。

Arisaema serratum


Arisaema serratum
Arisaema serratum

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
庭のマムシグサ(Arisaema serratum)の蕾
庭のマムシグサ(Arisaema serratum)がどんどん成長し,既に葉を展開し始めている。蕾のような仏炎苞も出てきた。やはり緑花だ。よく見ると,クサグモのような小さなクモが来ている。仏炎苞から何か香りが出ており,それに誘われて寄ってくる他の昆虫などを待ち構えているのだろう。 ...続きを見る
怠け者の散歩道
2015/04/25 13:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
電脳中年Aさん

こんな形をしているのですね。
実は、去るお天気の良い日に
標高1000mの山中をドライブしていました。
ふと、昨年見つけたマムシ?ウラシマ?草を思い出して
様子を見に行こうと思いつきました。
一時間位で行かれると思ったのですが
寒波のあとで、暫く行くと道路の両脇に雪が
更に行くと樹木の上に雪が
更に行くと樹氷と霧氷の冬の世界
それでも好奇心に負けてドライブを続けると
ガードレールの無い斜面沿いの道が
濃霧の向こうに消えていました。

さすがに怖くなり、
山開きまで我慢しようと観念しました。

でも…。そろそろ、お写真のような
のっぺりした頭を草むらに付き出しているかもしれませんね。
ももいろといき
2015/04/23 15:05
ももいろといきさん

天南星の仲間は,山地にもありますけど,実は,その大多数が人里近くの低地に集中して生えています。本当の山林のようなところではむしろ稀なんですよ。おそらく,現在では野生と信じられている個体の圧倒的多数が江戸時代に救荒植物として植栽されたものの子孫だからだろうと推定しています。

私が住んでいるところは標高30メートルくらいなのですが,周辺地域にはこの種の植物が多数生えています。
電脳中年A
2015/04/23 16:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
庭のマムシグサの芽出し 怠け者の散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる