怠け者の散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS シランのプランターから出てきたアリアケスミレ

<<   作成日時 : 2015/04/22 07:30   >>

トラックバック 0 / コメント 3

シランを植えてあるプランターからは飛び込みのリュウキュウコスミレとアリアケスミレの実生が出てきて開花している。プランターを占領されてしまいそうなので,これらの菫を除去して鉢植えにしようかと思うのだが,鉢が無限に増えてしまう危険性があるので思案中・・・とにかく無制限に増え続ける。

Viola betonicifolia


Viola betonicifolia
Viola betonicifolia

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
電脳中年Aさん

花も人間の庭を嗅ぎ分けているかもしれませんね。
鳥が庭の自然度を嗅ぎ分けているのでしょうか?
虫はむしろ健全過ぎる土地の植物を避けて
少しバランスの崩れたところへ行って
活躍しているように感じる事も有ります。
ももいろといき
2015/04/23 13:02
ももいろといきさん

スミレ科植物の大部分とラン科植物の多くは人間に寄生して生きているようです。なにしろ,鉢の中からはいくらでも実生が出てくるのに,その周辺の地面には1本もないというようなことが普通です。

栽培品ではなく野生とされているものを観察して回っても,やはり人家の近くにあるものが多いです。

とても面白いです。
電脳中年A
2015/04/23 16:34
電脳中年Aさん

季節の所為か、パソコンでスミレを見る機会が多いです。
ブログの中で紹介されている方が、他にもいらっしゃいます。

今日は標高1000mの高原に出かけた帰り道、
桜を見乍ら野原や草原を散策しました。
葉だけを見て、スミレだと分かるものが数種類ありました。
咲いて居る物、蕾の物も有りました。
高原ですが、仰る通り人の暮らしのある地域です。
フデリンドウの群生地では、蕾を沢山見つけました。
開花してない植物を発見できるようになったことに
我乍ら進歩を感じています(*^-^*)
ももいろといき
2015/04/23 23:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
シランのプランターから出てきたアリアケスミレ 怠け者の散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる