怠け者の散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS ハエトリグモ

<<   作成日時 : 2015/03/23 18:53   >>

トラックバック 0 / コメント 6

室内で栽培しているデンドロビウムの仲間に蕾が出てきたので観察していたら,目の前にハエトリグモが出現した。室内で越冬したらしい。たぶん,ネコハエトリグモ(Carrhotus xanthogramma)だろうと思う。我が家には何種類かのハエトリグモが同居している。どれも愛嬌のある面白い顔をしている。

Carrhotus xanthogramma


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
あんまり可愛いので
お見合い写真を探してみました(*^-^*)

http://ord.yahoo.co.jp/o/image/_ylt=A3JuNG98DRBVoWYA7UYdOfx7;_ylu=X3oDMTBiZGdzYWtnBHZ0aWQDanBjMDAz/SIG=12v4mkqh5/EXP=1427201788/**http%3a//livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/8/0/809c3a0e.jpg%3f2b601940
アルパカ
2015/03/23 22:08
これが多く繁殖すると コバエが確かに少なくなりますよね^^;

この様な生き物がいるからむやみに殺虫剤を散布しない方が良い事が多々有りますね。
緑屋
2015/03/24 02:49
アルパカさん

写真の紹介ありがとうございます。とてもかわいらしいハエトリグモですね^^

一般に,クモは嫌われ者なのですけど,意外と愛好家も多いです。私は,巣をはるタイプのクモは厄介なので敬遠します。ですが,ハエトリグモの仲間は,巣をはらないし,かなり活発に運動し,顔も面白いので好きです。ちっちゃいけど,ジャンプするときは特に恰好良いです。
電脳中年A
2015/03/24 05:46
緑屋さん

室内なので殺虫剤を使えないということもありますけど,こうやって小さな捕食動物が生きているおかげでかなり助かっていると思います。室内では,人工的な害虫駆除手段としては,黄色の粘着シートと竹酢水溶液しか使っていません。古い栽培書を読むと,灰汁やタバコ水溶液が良いと書いてあるものもありますが,若干疑問です。

そういうわけで,ダニやカイガラムシ等が発生した場合,小さなブラシで丁寧にこすり落としながらシャワー洗浄で対処するというこまめな作業が常に必要になってしまいます。汚染なしに室内栽培するにはそれなりの苦労が伴いますね。
電脳中年A
2015/03/24 05:51
電脳中年さん

家にもクモがいます。
何度か天井から降りてきたものを
命を救ってやりました。
小さくて、ちょうど半年に一度くらい
煤払いをしたら良い位に
繊細な細い糸で巣をつくってくれます。
長年生きている事を考えると
何か食べているのですね。
冬は寒く夏は暑い我が家に
小さな命が宿り続けている事が
何だか不思議で、愛おしくも感じます。
存在を忘れる程
小さく遠慮気味に巣をつくっています。
アルパカ
2015/03/26 00:51
アルパカさん

巣をつくるクモの仲間は若干厄介なので嫌われ者ですね。映画や小説等の影響で恐怖感をもっている人も少なくないと思います。また,猛毒のクモが存在することも事実なので,種類によっては非常に危険です。

しかし,一般に,クモは肉食性なので,面倒な虫などを食べてくれるし,本当は人間にとって有益な場合が多いし,特にハエトリグモの仲間は人間に害を与えることがないので,私は好きです。

家の中には様々なクモが住んでいます。ハエトリグモの仲間やイエグモ(アシダカグモ)は巣をつくりません。アルパカさんの御宅のクモは何というクモなのでしょうね?

世界中に非常に多くのクモの愛好家がいます。日本ではクモの検定試験もあるようです。そうしたクモ関連のサイトの写真をみていると,アルパカさんの御宅のクモが何というクモなのかわかるかもしれませんね。

電脳中年A
2015/03/26 07:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハエトリグモ 怠け者の散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる