怠け者の散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 様々な小さな蝶

<<   作成日時 : 2012/09/22 17:49   >>

トラックバック 0 / コメント 4

空き地などで野の花を観ていると,ときどき蝶などの昆虫と出会う。うまく撮影できるときには撮影するようにしているのだが,植物と異なり動き回るのでなかなか成功しない。今日は,3種類の蝶を撮影することができた。

Lampides boeticus
ウラナミシジミ
(Lampides boeticus)


Pseudozizeeria maha
ヤマトシジミ
(Pseudozizeeria maha)


Thoressa varia
コチャバネセセリ
(Thoressa varia)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ウラナミシジミにはしっぽがありますね。我が家では見たことがありません。ヤマトシジミは何回も見ます。
コチャバネセセリも来ないです。イチモンジセセリはこの頃複数です。
kazuyoo60
2012/09/22 18:20
kazuyoo60さん

ウラナミシジミの尻尾のような突起は,触覚そっくりで微妙に動きます。おそらく,斑紋を頭(目玉)にみせかけ,肉食性の昆虫などに狙われた場合にダミーの頭をかじらせておいて逃げるようになっているのだろうと想像しています。

コチャバネセセリは地域変異が非常に大きいそうです。どれもこれも似たような感じなのでセセリチョウの同定は難しいです。
電脳中年A
2012/09/22 20:23
小さくて可愛らしい蝶ですね。
ウラナミシジミのしっぽの様な突起は非常に面白いと思いました。
我が家は毎年ツマグロヒョウモンに菫の葉を食べ尽くされています。
ブルーデージー
2012/09/22 23:13
ブルーデージーさん

ウラナミシジミの実物を観ると,尻尾のような突起部分が微妙に動くので,本当に頭部が2つあるんじゃないかと思ってしまうくらいです。自然界にはびっくりすることがいくらでもあり,しかもかなり身近なところにもそういう例がいっぱいあります。

我が家の庭では,ハムシの被害が結構深刻です。それと,毎年,ホトトギスの仲間をルリタテハの幼虫(←イラガの幼虫みたいで気持ち悪いです。)に食われてしまいます。綺麗な蝶なんだけど・・・複雑な心境です。

電脳中年A
2012/09/23 09:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
様々な小さな蝶 怠け者の散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる