怠け者の散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 自宅のラン:デンドロビウム・セニレ(Dendrobium senile)−その後

<<   作成日時 : 2012/02/16 13:52   >>

トラックバック 1 / コメント 2

ネット上でデンドロビウムの花の中心部が次第に黄色くなるとの記述を見つけていたので,本当にそうなるのかどうかずっと観察してきた。2つ咲いている花のうち,左側の花はまだ元気だが右側のものはそろそろおしまい。この段階になってやっと黄色くなった。というよりも緑色が脱色してしまったようだ。

Dendrobium senile
Dendrobium senile


右側の花を拡大すると,下の写真のとおりで,花の中心部の緑色の部分がほとんどなくなってしまっている。

Dendrobium senile
Dendrobium senile


これに対し,まだ元気な左側の花では,花の中心部がしっかりと緑色を維持している。

Dendrobium senile
Dendrobium senile


ネット上の記述が正しいということが証明されたようだ。

図鑑等ではどちらか一方の色の写真しか掲載されていないことが普通だ。花の色が変化する植物を図鑑に収録する場合には,何か工夫が必要なのじゃないかと思う。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
自宅のラン:デンドロビウム・セニレ(Dendrobium senile)が落葉しはじめ
夏の間,ベランダによしずで日陰をつくり,その陰にぶらさげておいたデンドロビウム・セニレ(Dendrobium senile)にはしっかりと葉が生え,バルブも増えた。数日前から葉が次第に枯れ始めた。開花時期には葉がなくバルブだけの状態になるのが普通のようだ。今年も開花してくれると嬉しい。 ...続きを見る
怠け者の散歩道
2012/12/11 09:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
毛むじゃらの茎からこの可愛い色です。確かに緑色が有った方が良い感じですね。サザンカでも咲き加減で別の花のような写り方になりますから。
kazuyoo60
2012/02/16 14:53
kazuyoo60さん

まだ緑色が残っているほうの花は,むしろ緑色が強くなっているような感じがします。不思議なものです。

このランに限らず,花の色が変化する植物が結構たくさんありますね。実際に育ててみないとわからないのですけど,これもまた栽培の楽しみの一つだと思っています。
電脳中年A
2012/02/16 17:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
自宅のラン:デンドロビウム・セニレ(Dendrobium senile)−その後 怠け者の散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる