怠け者の散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS オックスフォード

<<   作成日時 : 2008/03/30 11:19   >>

トラックバック 0 / コメント 2

パディントン駅から列車に乗り,オックスフォードまで出かけてきた。大学都市として知られているところなのだが,最近では,中国や日本からの留学生が非常に多いとのこと。どの国のどの大学でも経営がとても大変なので,(できるだけ優秀な)留学生の受け入れに積極的にならざるを得ないのだろう。

オックスフォードは,中世からの街のたたずまいを残す静かな地方都市という印象を持つ人が多いだろうし,実際,この私もそう思ってきた。

ところがどっこい!この都市は,もはや静かな田舎の大学都市ではない。

Oxford
オックスフォード駅前の通り


世界各地から大変な数の観光客が押し寄せてくる観光都市に変貌しつつある。メインストリートには世界の有名ブランド店や飲食店などが並んでいる。かつて刑務所として使われていたオックスフォード城(廃城)も,今では大規模に改築され,教育センターとインターナショナルなレストラン・モールに変貌してしまっており,おそらくオックスフォード市でも最も有名な観光場所となっている。

Oxford
オックスフォード城


観光が盛んになると犯罪者もどんどんやってくる。犯罪者ではない普通の人が犯罪者に変身してしまうこともある。

メインストリートの歩道で古い建物群をながめていたら,ある女性に声をかけられた。25歳〜30歳前後のように見える。彼女は,こう語りかける。「お腹がすいた。助けてくれ。ホームレスです。」・・・しかし,その服装は少しもホームレスには見えないし,小さな子供を乗せた乳母車を押しており,そのハンドルのところにくくりつけられたビニール袋の中にはスーパーマーケットかコンビニエンスストアで買ったばかりと思われる商品が入っていた。私は,ちょっと困惑したけど,わざと「ひどく迷惑だ」という顔をしながら「貧乏なアジア人なので金など持ってない」と答えた。すると,その女性はプイと顔を背けて道路を横断し,反対側の歩道に行ってしまった。そこには同年齢くらいの女性が立っており,二人で何かを楽しく話し合いながら裏路地のほうに行ってしまった。要するに,要領を得ないアジア人観光客を狙った物乞い詐欺のようなものではないだろうか?

それにしても,私がよほど「お人よし」でひっかかりやすそうな人間に見えたのだろう。事実,そうかもしれない。(笑)

Oxford
市の中心部付近


オックスフォードの市内には綺麗な川(水路)が何本もあり,その存在だけでかなり美しいし,オックスフォードの街全体の雰囲気を良いものにしているように思う。

Oxford
水路とパント舟


日本の観光地だと,このような場所ではすぐにケバケバしい看板などが目に入りそうだし,そもそも非常に汚らしいところが多いのだが,ここではそうではない。「世界遺産」に登録しようという動きがあちこちにあるけれども,お金儲け狙いでそれをやる場合でさえ,相当厳格に条例を定め,商業宣伝広告を全面禁止にしたり,建物の景観維持のために現代風の建物を,都市のプランに従って強制的に古風なものに改築させたり,ゴミの投棄などには厳罰をもって臨むなど,市民生活を大規模に拘束し,一定の規律に従わなければ処罰または追放するといったやり方を導入した上でないと,きっとうまくいかないだろうと思った。

ちなみに,スターバックスのような世界的に有名なアメリカ式コーヒー店でさえ,都市の景観と調和するように伝統的な形式の建物の中で大人しく納まっていた。Tescoのようなコンビニエンスストアでさえそうだ。日本では,都市の中でその部分だけ浮いていようがどうしようが「アメリカ式!!!」と傲慢にふるまうフランチャイズ店がごく普通だし,日本人の多くはそれを歓迎しているかのようにも思えるけれど,まるで馬鹿そのものだと思う。日本人の精神レベルとプライドは,ほとんど地に落ちてしまっていると感じないわけにはいかない。

街路を歩く日本人留学生または観光客と思われる若い女性の集団がでかい声ではしゃぎながら闊歩しているのと何度かすれ違った。聴きたくなくてもその会話の内容が耳に入ってくる。その内容のあまりの低レベルさに,「この私もこのような世界でも最低レベルにある人々と同類だと思われたくない」という気持ちが起きてしまったことを正直に言いたい。

もしその若い女性達が留学生であり,もし私がその指導教授であるとすれば,きっと「内容のない人間はいくら語学を学んでも空虚な頭蓋骨内の空間を肥大化させるだけのことになるから,寸暇を惜しみ,なりふり構わないで必死に勉強する気がないのであれば,学位を与えることなど出来ない。さっさと荷物をまとめて帰国したほうが良い。」と冷静かつ沈着にアドバイスすることだろう。そのように言われれば,馬鹿な学生(またはその父兄)は,「アカデミック・ハラスメントだ!」と言って抗議するかもしれない。しかし,もしそこがまともな大学であるとすれば,無我夢中で勉強をする気のない学生にはその大学の中のどこにもその居場所などあるはずがない。別の人生を選択すべきなのだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
日本のこと、日本人のこと
ほんとに、危惧しています、
その事を、ズバっといっていただいて
気持ちが、すっとしました。
自分の子ども達にも
常に言っていますが、テレビなどとっても
低俗になっていて、不愉快そのもの。
メディアの影響は、恐ろしく子ども達に、
私達大人にも大きいと感じます。
種もん屋の四代目
2008/03/30 12:18
種もん屋の四代目さん こんにちは。
あまり堅苦しいことは言いたくないんですが,「ちょっと〜〜・・・」と首をかしげたくなるような人が増えてしまったことは事実だと思っています。自己本位で何でも他人のせいにするけれど,本当は自分自身というものが何もなく,動物である人間としての露骨な欲望だけで生き続けているような人々がいますね。若い人だけではなく,退職して年金暮らしをしているような人々の中にもいます。悲しいことだと思います。
ただ,ちょっと筆がすべってしまったかな・・・^^;
電脳中年A
2008/03/30 14:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
オックスフォード 怠け者の散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる